コワーキングの記事一覧

働き方の選択を自由な意思で決める人を応援する『THE LANCER』のコワーキングスペース、シェアオフィスに関する記事一覧です。フリーランスやSOHO、在宅ワーク、副業などの働き方に役立つ情報満載です。気になる記事を探してみてください。

カフェと間違えるほどのオシャレな空間。木をふんだん使った内装からは、森林浴をしているかのような癒しを感じることができます。広島市内は本川沿いにあるコワーキングスペース『port.inc』は、癒し空間とともにフリーランス・個人事業主を中心とした利用者に仕事場所を提供しています。起業家支援をビジョンに生まれた『port.inc』。誕生までのストーリーと提供しているサービスについて、お話しを伺いました。

もっと見る

横浜市役所のお膝元にあたる関内地区。コワーキングスペース『さくらWORKS』は桜並木が続く「関内桜通り」に面しています。町の移り変わりを見守ってきた築45年の古ビルの中にたたずむ同所。店内にはどんな世界が広がっているのでしょうか?

もっと見る

今やフリーランスの仕事場として広く普及しつつあるコワーキングスペース。でも、宿泊機能も併せ持つコワーキングスペースは珍しいですよね!スカイツリーからほど近い東京都墨田区にある『押上 TOKYO HÜTTE』は、なんとゲストハウス付きのコワーキングスペース。下町ならではのアットホームな仕事場で、そのまま宿泊することができるんです。そんな『押上 TOKYO HÜTTE』の魅力について運営者の方々にお話をお伺いしました。

もっと見る

都内「住みたい街ランキング」で常に上位へランクインする『吉祥寺』。「衣」「食」「住」どこをとっても充実している吉祥寺の街のコワーキングスペースをご紹介します。暮らしやすく、過ごしやすい吉祥寺で、あなたにおすすめの仕事場が見つかるかも!

もっと見る

『Co-Working Space A+LIVE』は、名古屋のコワーキングスペースの先駆けとして、2012年に誕生。名古屋駅・伏見駅・丸の内駅・国際センター駅、どこからでもアクセス可能なロケーションの良さだけでなく、フリーランスはもちろん、学生や海外からの利用者も集う心地よい雰囲気を生み出す秘訣をお聞きしました。

もっと見る

全国初の国の”スタートアップ特区(創業特区)”であり、市が起業を支援するなど”スタートアップ都市”としても全国的に注目を集めている福岡。すでに起業している人やフリーランスとして働く人はもちろん、「挑戦したいけどどうすればいいかわからない」「そもそも何から始めればいいの?」そんな悩みを持っている人の強い味方になってくれるのがスタートアップカフェ『BASES(ベイシズ)』です。

もっと見る

碁盤の目のように縦横に規則正しく整備された京都の街路地。烏丸通のまんなかあたりに位置する『oinai karasuma』は京都の人々の仕事場としていつも賑わっています。「つながる・あそぶ・つくる」をコンセプトに全席フリーアドレス制。集中したいとき、ゆっくりしたいとき、打ち合わせをしたいとき……など、様々なニーズにこたえる『oinai karasuma』についてご紹介します。

もっと見る

地図で見ると、南東北・福島県のちょうど真ん中に位置する郡山市。福島県の「商都」として、商業・経済活動が盛んな地域は、東日本大震災後、被災した海岸地域の浜通りから、たくさんの人が避難生活を送る地域にもなりました。この郡山市でちょうど1年前に誕生したのが、コワーキングコミュニティ(会員制のシェアードワーク&イベントスペース)『co-ba koriyama』です。地域や人々を元気にするビジネスの起点となっている様子をご紹介します。

もっと見る

『面白法人カヤック』の本社は鎌倉。今や横浜に支社をもつカヤックの手狭になったオフィススペースを有効活用するべく生まれたシェアオフィスが『鎌倉・旅する仕事場』です。鎌倉駅から徒歩5分、鶴岡八幡宮の参拝道である段葛(だんかずら)に面した最高のロケーションで働くという贅沢。鎌倉に住み、鎌倉で働く職住近在のメリットは、仕事にライフスタイルに新たな恩恵をもたらしてくれるでしょう。

もっと見る

都会からではなく地方から”おもしろいこと”を生み出していくコワーキングスペース『松本 Knower(s)』。企業家やクリエイターのフィードバックを得ながら、学び、仕事ができる場所です。木をベースとする広い店内では、子供向けプログラミング講座やアーティスト作品の展示販売などイベントも多数開催。芸術・学問・伝統が息づく松本にある『Knowe(s)』の魅力をお聞きしました。

もっと見る

長野から新しい働き方に挑戦する人を応援するコワーキングスペース『CREEKS』をご紹介します。行政・企業・メディアなど様々な機関から支援され、今注目のスペースです。元々は建築家として古民家の建設やビルのリノベーションに携わってきたという代表の古後さんと役員の広瀬さん。そんなお二人に『CREEKS』の魅力と特徴についてお伺いしました。

もっと見る

多治見駅より徒歩15分、住宅地のなかにひっそりと存在する「Co-Labo多治見」(コラボたじみ)。建物に足を一歩踏み入れると、元・町工場とは思えないスタイリッシュな空間が広がります。岐阜県内でも数少ないコワーキングスペースのひとつ。本格的フォトスタジオなど充実した設備を併設し、東濃地区のフリーランサーを支えています。Co-Labo多治見の運営者である女性税理士、林千代子さんと、広報担当の伊藤さんが迎えてくださいました。

もっと見る