女性の記事一覧

働き方の選択を自由な意思で決める人を応援する『THE LANCER』の女性に関する記事一覧です。フリーランスやSOHO、在宅ワーク、副業などの働き方に役立つ情報満載です。気になる記事を探してみてください。

女性のアイデアから生まれる利便性を世の中に発信するプロジェクトが開催されます。日常生活の困ったを解決したい。そのソリューションを、具体的なプロダクトに落としこむイベントです。サービスの企画者、デザイナーを広く集めています。普段はひとりきりで働いているフリーランスも、新しい仲間を手に入れるチャンス。職種を問わず、アイデアを持つ「女性」ならば、誰でも参加可能です。

もっと見る

コードキャンプ株式会社のエンジニアを経て、現在、フリーエンジニアとして受託開発を中心に活動している川面 理絵さん。フリー活動の傍ら、将来の起業に向け準備を進めています。そんな彼女は数年前までプログラミングとは無縁の世界にいました。大学を中退。いくつかのバイトをかけ持つ生活。そんな生活が一変したのは、バーである男性に声を掛けられてからでした!

もっと見る

以前は海外でプロジェクト責任者として、バリバリ働くキャリアウーマン。しかし、突然のプロジェクト解散でやむなく、退職することになったROSAさん。これからどう働いていこうか……迷う彼女が選んだのがフリーランスという働き方でした。Global Relocater(地球規模の引越人)というニックネームのように、世界を気ままに旅する彼女の歩みをご紹介します。

もっと見る

2009年 ワールドミスユニバーシティーコンテスト・ファイナリスト。そして、元客室乗務員の経歴をもつ平林 玲美さん。現在、彼女はタレントの優木まおみさんらを抱える芸能事務所・生島企画室に所属しながら、フリーのアナウンサー&フードアナリストとして活躍しています。国内大手の航空会社に就職するも、わずか1年で退職した彼女。フリーランスとして2足のわらじを履く、彼女の仕事観に迫ります。

もっと見る

2014年大学卒業後、就職活動は行なわず、好きだったヨーロッパの地へ移住。現在、フリーランスとして翻訳家 / ライターとして活躍する藤沢 祐子さん。ご自身のブログが話題を呼び、『TED×Youth@Kobe』でスピーカーも務めました。「人生にはもっと働き方の選択肢があってもいいのではないか?」既成概念を打ち破る、彼女のドイツ生活をご紹介します。

もっと見る

プロポーズと同時にシンガポールへの移住が決定。はじめは胸躍らせた海外生活も、慣れない異国での生活……しだいにストレスを感じるようになりました。加えて、いきなり12歳の娘の母親に! 海外生活 × 子育て に苦悩し、ときには涙を流すこともあった甲斐田 礼華さん。もう一度、豊かな生活を取り戻したい。そう思った彼女が出会ったのが場所に問われない働き方でした。

もっと見る

結婚し、子供を育て、そして仕事をする。女性にとってこれらの両立はなかなか難しく、頭を悩ませる問題です。「家庭があるから」「子供がいるから」「未経験だから」……。フリーライターとして独立したばかりのYuka さんは、できない理由を取っ払い、勇気をもって新しい働き方にチャレンジしました。これからの成長を意気込む、彼女の言葉をお届けします!

もっと見る

日本での生活に息苦しさを感じた澤田 アキキーナさんは、33歳のとき思い切って海外移住を決断。向かった先は欧州の秘境・マルタ島でした。場所にとらわれない生活のため、出会ったクラウドソーシング。フリーランスとしてデビューした彼女の、自身を成長させてくれた仕事をご紹介します。【フリーランスが語る、思い出の仕事シリーズ】

もっと見る

バレンタインデーは、大切な人に想いを届ける年に1回のチャンス。でも、毎年どんなチョコを贈ればよいのか、悩ましい問題ですよね。数々のコンクール受賞歴をもつフリーランスのパティシエ・向井 聡美さんに、簡単なバレンタインチョコの作り方を伝授していただきました。お手軽だけど、見た目はキュート。今年のバレンタインチョコはこれで決まりです!

もっと見る

阪神淡路大震災を経験し、「人生は一度きり!」と痛感した鈴木 ココさん。それまで日本で仕事をする普通のOLでしたが、大好きな地で生きるために学生時代魅了されたヨーロッパ・イタリアへ移住。移住当初は自分の言葉でコミュニケーションをとる難しさを感じるも、今や言葉を綴るフリーライターとして活躍。イタリアでフリーランスとして活躍する鈴木 ココさんをご紹介します!

もっと見る

日本から約9,500km離れた美しい島・タヒチ。照り付ける太陽、豊かな自然、空が落ちたような真っ青な海。こんな環境で働くことは、多くの日本人の夢かもしれません。しかし、実際に現地で働いてみると、時差やインフラの未整備によって日本では考えられないトラブルが巻き起こるんです。今回は数年前よりタヒチでフリーランスとして活動する林 未知さんより、現地で実際に体験した失敗エピソードをご紹介いたします。

もっと見る

時給たったの200円……! 誰しも通る道なのかもしれませんが、フリーライターの松岡 美希さんは独立当初、下積み時代を送っていました。それでも地道に、しぶとく、丁寧に仕事を受け続けていった彼女。どんな仕事でもこだわりぬいて記事を作り続ける姿勢が、彼女の成長へと繋がっていきました。【フリーランスが語る、思い出の仕事シリーズ】

もっと見る