東京・五反田のコワーキングスペースCONTENTZで6月24日、ライターや編集者の方を対象としたイベント『新しい仕事を作ろう! 変化し続けるライター、編集者の仕事』が開催された。ゲーム作家兼ライターの米光一成氏と編集プロダクション「ノオト」代表の宮脇淳氏が、これまでの足跡を振り返りつつ、ライター・編集者の未来図を描いたトークの一部始終を紹介する。

もっと見る

編集者になるために選んだのは、東京の大学を卒業して出版社へ入社すること。東大の文学部で美学芸術学を専攻し、後に株式会社KADOKAWAへ。現在はフリーの編集者として活躍する、早野龍輝氏の経歴と労働観に迫ります。シリーズ、『たとえば、こんなフリーランス』。

もっと見る

Webの仕事に携わり始めたばかりの人が苦労する、専門用語の理解。取引先とのミーティングや依頼で次から次に出てくる意味のわからない横文字……。会話の内容がろくに理解できないこともよくあります。今回はWeb初心者が覚えておきたい基礎用語50選をリストアップしました。

もっと見る

2016年10月から私たちの前に立ちはだかる、106万円の壁。103万円の壁や130万円の壁があるなかで、また新しい壁が出現しました。さらに今後は、配偶者控除の見直しが行なわれる可能性も。知らないと損する税金の話を、現役税理士さんに解説してもらいました。

もっと見る

月収50万円を稼ぐWebライターの吉見さん。ド未経験スタートから4年で、ライティングやセミナー講師の活動で生計を立てられるまでになりました。フジテレビ系列『バイキング』に生出演など、多数のメディアに登場。ランサーズの出世頭、吉見 夏実さんによる連載スタートです。

もっと見る

“住んだからこそわかった「その国らしさ」”を、世界各地に住むフリーランスが紹介するシリーズ。 今回は、アメリカ・カリフォルニアで大学生活から就職、出産を経験したフリーランスに移住体験談をお聞きしました。フリーランスやリモートワークという働き方が浸透している背景には、子育てのある事情も反映されているようです。

もっと見る

大学を卒業し、すぐに結婚。子宝に恵まれ女性としての幸せを手にしたものの”社会人経験がない”という引け目を感じていたmippippiさん。「社会人として仕事をしたい」という一心で始めたクラウドソーシングで新しい人生を切り開きました。専業主婦の働き方に風穴を開ける、mippippiさんが歩んだ数年間をご紹介します!

もっと見る

“住んだからこそわかった「その国らしさ」”を、世界各地に住むフリーランスが紹介するシリーズ。 今回は、オーストラリア在住6年のフリーランスに移住体験談をお聞きしました。広大な自然、穏やかな国民性を連想するオーストラリアは、まさに理想の移住先かもしれませんが、実際の生活はどのようなものなのでしょうか。

もっと見る

幼稚園に上がる年頃になった長男。これから増えていく養育費のため、一刻も早く働きたいけど、なかなか仕事が見つからない地方の現実。何より低いパートの時給……。「子どもの成長を傍で見守りたい」と在宅で働く道を探したかのぽむさんは、新しい働き方と出会い、人生が一変しました。”おばあちゃんになってもフリーライターでいること”を目標とする、彼女の働き方をご紹介します!

もっと見る