【★】節税セカンドオピニオン~節税診断実務作業~利益アップを編集する

ITアカウンティング

業務内容

あなたの節税策、十分ですか?? 
 
 
すでに顧問税理士がいらっしゃる会社様向けに、わずか2万円で、
セカンドオピニオンとして節税対策診断をするサービスとなります。
 
 
税理士顧問がいらっしゃる会社様でも、
・本当に今の確定申告で満足のいく節税ができているのか
・もっと税金を支払わなくてもいい手段があるのではないか
・上から目線の先生で、あまり節税面の相談に乗ってくれない
・コミュニケーションが取りづらい顧問の先生である
 

などなど税金にまつわる不安や不満が根強くあることを長年、経験してまいりました。実際にそのような社長様や経理ご担当者様と決算書をにらめっこすると、税理士先生が担当したものなのに、いろいろ間違いがあったり、もっとこういう風に節税できたのに、と思う事例は無数に出てまいります。
 
 
そのような会社様向けに、
 
 
『節税診断セカンドオピニオン』サービス
 
 
を立ち上げ、いままで数々のクライアント様の節税に貢献させていただいてきました。そして、このたび、ランサーズストアでも自信をもって展開スタートすることにしました。 
 

私自身、外資系会計事務所10年勤務を皮切りに、スタートアップ〜ベンチャー企業〜最大手企業まで幅広い企業様の経理コンサルティング、会計税務コンサルティングを手がけてまいりました。 
 
 
クライアント例:(弊社の会計税務サービスのクライアントも含みます)
上場企業/ リクルート様、MTI様、セルシード様
非上場企業/ JHC様、RE様・・・etc.
 
 
上記クライアントの節税サービスにおいて年額数十万円から数百億円規模の節税実績を経理の人間として出してまいりましたので、様々な業種、業界、全国の会社様向けに有益なサービスを提供できると自負しておりますが、得意領域は中小の会社様向けにコンサルティングすることを得意としております。 
 
 
またもともと国際税務のコンサルティングを行っていたので、海外拠点のある会社様の節税なども得意領域です。
 
  
社長様、経理のご担当者様向けにコンサルティングを行い、
それをもとに、セカンドオピニオンとして『節税診断書』を納品させていただきます。 
  
 
不要な税金納付を減らしていく、これは利益に直結する重要な作業です。 
知識が不足しているなどの理由で過大に税金を納めるなどは、あってはいけません。 
 
  
不安を持たれている方は、ぜひ弊社の『節税診断セカンドオピニオン』サービスをご利用ください。

基本料金

プラン
37,500

ベーシック

はじめての方におすすめ
納期
7 日
合計
37,500円

注文時のお願い

購入後、ご面談を実施し、そこから約1週間で節税診断の結果を納品させていただきます。
 
 
サービスの流れ:
受注後ご面談(ビジネス概要・商流などの理解)・遠隔の場合はビデオ会議

申告書・決算書など各種資料のご提出(守秘義務のもと)

節税診断結果をご報告
 
 
ご報酬に関する注意:
原則一律3万円です。
  
 
すでに税理士顧問の節税策が万全で、節税の余地がない場合でも3万円はご返金されませんのでご注意ください。
 
 
このパッケージを通報する

出品者

ITアカウンティング
ITアカウンティング (taxaccount)

セカンドオピニオンサービス《節税ドクター》

  • --- 満足の評価件数
    --- 残念の評価件数
  • 法人
  • 神奈川県

15年にわたり、スタートアップ〜ベンチャー企業〜最大手企業まで幅広い企業様の経理コンサルティング、会計税務コンサルティングを手がけてまいりました。 
 
その中で培った会計税務知識や税務調査経験、会計コンサルティング経験を生かし、『節税セカンドオピニオン・節税ドクター」サービスを立ち上げ、いままで数々のクライアント様の節税に貢献させていただいております。 
 
顧問の税理士先生がいらっしゃる会社様でも、
・本当に今の確定申告で満足のいく節税ができているのか
・もっと税金を支払わなくてもいい手段があるのではないか
・偉そうな態度の先生であまり節税面の相談に乗ってくれない
・コミュニケーションが取りづらい顧問の先生である
 
など根源的に現在の税理士顧問に不満を持たれているケースを散見してきています。 実際にそのような社長様や経理ご担当者様と決算書をにらめっこすると、いろいろ間違いであったり、もっとこういう風にできたのに、と思う事例は無数に出てまいります。
 
このような社長様、経理のご担当者様向けにコンサルティングを行い、
それをもとに、セカンドオピニオンとして『節税診断書』
を納品させていただきます。 
 
不要な税金納付を減らしていく、これは利益に直結する重要な作業です。 
知識が不足しているなどの理由で過大に税金を納めるなどは、あってはいけません。 
 
不安を持たれている方は、ぜひ弊社の『節税セカンドオピニオン』をご利用ください。

このパッケージを通報する