SHARE

広告運用を効率化。佑コンサルタンツアイが年間200万円以上のコストを削減した方法

株式会社佑コンサルタンツアイのランサーズ活用事例
中小企業の経営戦略からWebマーケティング、広告クリエイティブまでワンストップで提供している株式会社佑コンサルタンツアイ様。メールでのマーケティング診断&アドバイスを無料から実施するなど、集客や売上減少に悩む小規模企業が気軽に相談できるパートナーとしてサービスを展開しています。

同社では現在、Web広告業務を中心にランサーズをご利用いただいています。専門知識を有するランサーとの継続的な取り組みにより、確かな成果を得ているといいます。今回は代表取締役 野元 泰秀さんにランサーズ導入の経緯から活用方法、どんな効果を得られているのか詳しくお話を伺いました。

Lancers活用前に抱えていた課題

Web広告の運用に際してプロフェッショナルの知見を社内に蓄積したい

頻繁にアップデートされるWeb広告の世界において専門知識を効率期に獲得し、かつ社内に蓄積できる体制を整えたかった。

Web広告運用の対応スピードを上げたい

業務委託先への依頼では3~5営業日かかるため、Web広告施策をスピーディに展開できる方法を探していた。

採用コスト・外注コストを抑えたい

人件費にかけられるコストには限界があり、また業務委託先への外注コストも膨らみがちだったため、極力コストを抑えられる方法を模索していた。

Lancersでこう解決!

高度な専門知識を持つランサーに継続的に依頼してノウハウを獲得

Web広告に関する高い専門知識を有するランサーに継続的に業務を依頼。さらに会話内容を録画して社内に共有し、効率的にノウハウを獲得している。

月60時間以上の効率化ができ、施策の短サイクル化を実現

発注してから作業完了までスピード感を持って対応してくれるため、施策の短サイクル化を実現。以前の業務委託先と比べて月60時間以上の効率化ができた。

業務委託先と比較して年間200万円以上のコスト削減

業務委託先に外注した場合と比べて年間200万円以上のコストを削減。浮いた予算は新ツールの導入や社員の待遇に還元し、さらなるサービス向上ができた。

ランサーの身元確認や契約関連など、安心して利用できる仕組みがある

株式会社佑コンサルタンツアイのランサーズ活用事例

――まずは事業内容を教えてください。

経営戦略の立案からビジネスモデルの再構築、Web戦略など、売上アップにつながるコンサルティングを行っています。Webマーケティングをはじめ、HPやLP(ランディングページ)の制作、広告や動画の制作・運用から分析・検証といった集客のサポートをワンストップで提供しています。クライアント様のジャンルは様々ですが、多いのは小売業・サービス業などのBtoC で10~30名くらいの規模感の小規模企業です。

弊社は熊本市に本社があり、東京に支店を置いています。都心ではデジタル化が進んでいますが、地方では最近になってようやくデジタル化の必要性を実感しつつあるというのが実際のところです。ITリテラシーが追いついていない小規模企業が多い中で、「Web戦略を強化したいけれど、どこに相談したらいいのかわからない」という経営者が少なくありません。

そのため、弊社ではコンサルティングの敷居をできるだけ低くして間口を広げられるよう、手軽にスタートできる低料金のサポートプランから用意しています。小規模企業の経営者が、Webマーケティングをはじめとした集客や業績に関する悩みを気軽に相談できるコンサルタントというのが弊社の特徴です。

――ランサーズを活用することにした目的や経緯を教えていただけますか?

Web広告に関する業務を行っていたスタッフが退職し、急いで人材を集める必要がありました。まずは採用活動を行ってみましたが、なかなか思うような人材に巡り会えませんでした。

弊社の仕事はクライアント様のマーケティング戦略を担うため、一定以上のスキルが必要になります。また、人材育成にかけられる時間やリソースもないので即戦力人材がほしいわけですが、弊社のように小さな規模の会社では人件費としてかけられる費用にも限界がありますし、採用は難しいと判断しました。

そこで業務委託先に外注したのですが、社内にノウハウが溜まらないという課題が生じました。また、依頼してから作業が完了するまでに数営業日かかるので、クライアント様に対してスピード感ある対応ができないという問題にぶつかりました。

社内へのノウハウの蓄積と対応のスピード感、コスト面の3つを考えたときに、ランサーズに頼ってみようと考えました。

以前からロゴやHPのデザイン制作でランサーズを利用していて、いろいろなスキルを持ったフリーランスが登録しているという認識がありました。発注者の意図を察したうえで提案してくれるなど優秀なフリーランスが多いという印象があり、今回もランサーズで人材を探してみることにしたという経緯です。

――ランサーズを選んだ決め手となったのは、どんな点でしょうか?

フリーランスの身元確認や契約関連において、ランサーズは安心して利用できる仕組みになっていることが決め手でした。仕事を発注するにあたっては取引先の重要情報も提供する必要があるので、フリーランスの方の身元確認や契約関連をランサーズ側がしっかり担保しているというのは大きな安心感です。

また、レビューが多い点も決め手の一つです。どんな仕事をお願いして、どんな対応をしてもらったのかといった具体的なレビューがあるので、ランサーさんを選ぶ際に大変役立ちます。

レビューを書く・書かないは任意ですから、時間を割いてレビューを書くというのはランサーさんの仕事に満足しているからこそです。そうした情報が開示されているのはランサーさんを知る手がかりとして非常に助かりますし、使い勝手の良さにつながっていると思います。

Web広告の正しい運用とノウハウ吸収にプロフェッショナルの知見をフル活用

――ランサーズにはどのような業務を依頼されていますか?

現在、定期的にお願いしているのはWeb広告関連の業務です。高い専門知識を有する優秀なランサーさんに出会い、継続的に依頼しています。具体的にはタグの設定やアカウントリンクのチェック、リスティング広告を運用する上でのアドバイスなどをお願いしています。

SNSやGoogleのWeb広告は配信設定などが頻繁にアップデートされるため、常に最新情報を収集して知見を蓄えていく必要があります。弊社でもある程度の知識は持っているのですが、クライアント様の大切なご予算を預かっている以上、広告の設定段階でミスや知見不足があってはいけません。プロフェッショナルの方にチェックしていただければ確実な運用ができますし、正しく設定されていない場合は修正もお願いできます。

また、ランサーさんの承諾をいただいた上で、私がセッティングなどを教えてもらうときの会話を録画させてもらい、それをそのままスタッフに共有してスキルを習得できるようにしています。

資料にまとめるなど、あらためて手間がかかることもないですし、録画では必要な部分だけを見るといったこともできるので、とても効率的にノウハウを吸収することができています。

広告運用のプロフェッショナル 藤﨑勝雄さんのプロフィールはこちら

削減したコストを新ツール導入や社員に還元し、さらなるサービス強化を実現

――ランサーズを活用して、どのような効果・メリットを得られていますか?

大きく3つあります。

1つ目は、社内に知見・ノウハウがしっかり蓄積されるようになったこと。業務委託先に外注していたときは、なぜその設定にしなければならないのかをあらためて質問しないと理解が進まなかったのですが、弊社がお願いしているランサーさんは非常に優秀な方で、理由もわかりやすく説明してくれます。そのため、弊社がクライアント様に説明する場面でも、一段高いレベルの話ができるようになりました。

Webの世界は日進月歩で、Web広告に関しても頻繁にアップデートされます。弊社のビジネスは新しいことは先んじてやらなければならない業種ですが、少ない人数でマーケティングからクリエイティブ制作まで提供している中で知見を磨いていくのは、時間的・パワー的に厳しい側面があるのが実情です。プロフェッショナルから直接学べるようになったことで、とても効率的にノウハウを獲得できています。

2つ目は、クライアント様への対応スピードが格段に上がったことです。業務委託先の場合は対応に3~5営業日かかるといわれるケースが多かったのですが、ランサーさんに依頼したら1時間で終わったりするなどスピード感がまるで違います。感覚値ではありますが、待ち時間を含めると月に60時間以上は削減できており、施策の短サイクル化を実現できています。

弊社のようにクライアント様をサポートする事業において手が遅いというのは、非常に大きなマイナスです。ランサーさんのおかげで、クライアント様から「もうできたの?」といわれるようになり、提供価値を向上させることができました。

3つ目はコスト面です。業務委託先に依頼していたときと比較して月に20万円以上、年間にすると200万円以上のコストを削減できています。浮いたコストで、これまで費用的に躊躇していたツールを導入することができました。また、社員の待遇面を向上させることもでき、サービス内容の幅を広げられる準備が整いました。

――野元様ご自身にとっても、嬉しい変化やメリットはありましたか?

ランサーズのおかげでクライアント様に提案できることが増え、事業価値を高められています。弊社はこれまで小規模の企業様がメインとなっていましたが、提供できるサービスの幅が広がったことで、最近は大口のクライアント様との契約も決まりました。

また、雇用の心配をしなくて済むというのは、経営者として大変助かることです。やりたいこと、提供しなければならないことはたくさんありますが、「ランサーズがあるから大丈夫」という大きな安心感を得られました。ランサーズやランサーさんに対しては本当に感謝していますし、大切なパートナーだと思っています。

提供できるサービスを広げていく上で、今後もずっと活用していきたい

株式会社佑コンサルタンツアイのランサーズ活用事例

――今後、ランサーズをどのように活用していきたいですか?

今検討しているのはアプリ開発やアバターの制作で、こちらもランサーズにお願いしたいと思っています。時代に合わせたツールを開発するなどして、クライアント様への提供価値を上げていきたいと考えています。

弊社のビジネスは、新しいことにどんどん取り組みながら提供できることの幅を広げていかないといけない業種です。知見を獲得する上でも、挑戦を続けるためのリソースを確保するためにも、今後もずっとランサーズを活用していくつもりです。

――最後に、ランサーズの導入を検討されている企業様に向けて、一押しポイントをお願いします!

簡単な作業で時間がかかっていることや急ぎの作業、一定以上のレベルを求める業務まで、ランサーズは幅広く対応しています。自分たちで勉強してノウハウを獲得するのが難しいような業務でも、ランサーズを利用すれば効率的に運用できます。

社外に依頼するのは躊躇するというケースもあるかもしれませんが、ランサーズでは守秘義務などについても担保できる仕組みになっているので安心感を持って利用できます。まずは一度使ってみることをおすすめします。

取材・文:solaneko(ランサーズネーム)
https://www.lancers.jp/profile/solaneko
出版社に18年勤務。編集長、メディア設計・企画マネージャーを経験後、フリーランスに。記事、広告ともに20年のキャリアで数百社の取材・インタビューを経験しています。