【今だけ30分相談無料】デジタルマーケティングを使った売上向上施策を伴走支援します

一部上場企業のマーケターが売上向上を徹底的にサポートします。

Hikaru Wada@チームで徹底対応

業務内容

\読み進めて頂くだけで、デジタルマーケティングとは?が分かります/

※※※お断り※※※
売上向上を一緒に目指す事が最大の目的ですので、デジタルマーケティングとの相性が悪いサービスについてはご契約をお断りさせて頂いております。

期間限定で相性判断のヒアリングまでは無料で実施しています、詳しくは文末に記載しておりますのでまずは以下お目通しください。

■こんなお悩みはありませんか?

  • 売上が上がらず、どのようにマーケティングすべきなのか分からない…
  • ホームページ/プロモーション動画/バナー制作、色んなところに発注したら統率が取れなくなった…

デジタル系のことに挑戦するには、外注しようにも分からないことが多すぎてハードルがあったりしますよね。

私たちはそんな方のお悩みを全て解決すべく、

  1.  売上向上の施策検討
  2.  施策の実施代行・コンサル
  3.  制作物の制作

これら全ての支援体制を整えました。
簡単に言ってしまえば、基本的にマーケティングのことは全てお任せして頂ければと考えております。

■対応メンバーについて

  • 一部上場企業のマーケター
  • プロ動画編集者
  • プロのデザイナー
  • プロのプログラマー

これらのメンバーでチームを組み、売上コミットでマーケティングを多方面からサポートさせていただきます。(それぞれ外注するのって大変ですよね。)

■過去の実績

過去には以下のような支援を行なってきました。

  • BtoB向け高額サービスの販売
  • BtoC向け商品の販売
  • Saas系のサービス販売

デジタルマーケティング知識一つで売上を向上させることは可能です。

■なぜデジタルマーケティングの知識1つで売上が増えるのか

デジタルマーケティングは結論的に、以下の指標と向き合っていくことになります。
 PV:どのくらいの人に露出するのか
 CTR:どのくらいクリック(興味)を誘えるのか
 CVR:どのくらい成約させることができるのか

これらの指標を改善するだけで、売上は劇的に向上します。
例えば「売上2倍を達成する」と聞くと難しいように感じますが、実はそんなことはありません。

 PV:露出力を33%アップさせる
 CTR:クリック率を33%アップさせる
 CVR:成約率を33%アップさせる

これらの掛け合わせで、売上は論理的に向上していきます。
それぞれたったの33%の差です、ほんの少しの違いです。

■成約率アップの実例

例えばですが、とある商品の販売ページに誘導したい場合、どちらのクリック率が高いと思いますか?

 「購入したい方はこちら」
 「価格・レビューを見てみる(残数:5/100)」

当然、後者の方がクリック率は高い訳ですが、これは以下の「知識」を適用しただけの話です。

  • 「購入」などの課金を促す言葉を嫌うが価格やレビューは気になる
  • 残数が少ないと、確認を急ぐ
  • 他に購入している人がいると、安心する

■まずはお気軽にご相談ください

上記のような知識をどのように生かすべきか、まずはお話しをお伺いした上で判断する必要があります。

具体的な進め方は以下の通りです。

  1. 商材・商品のヒアリング
  2. 現行のマーケティング施策のヒアリング
  3. デジタルマーケティング必要性の判断⇦ここまで無償で対応させていただきます。
  4. ご契約
  5. より詳細な商材・商品に関するヒアリング
  6. マーケティング施策のレポーティング
  7. (コースによって)マーケティング施策の実施サポート
  8. (オプション)制作関係の請負い
  9. (要相談)継続的なコンサルティング

いずれにせよ、まずはご相談ください、ここまでは無償で対応させて頂いております。

最初の相談にかかる費用について

ちなみにですが、通常、最初の時点で相談feeを取るのがコンサルタントの収入源になるのですが、私たちはこちら無償で対応させて頂いております。

なぜなら、世の中にはデジタルマーケティングと相性の悪い商材も存在しているからです。
例えば、かなりニッチな顧客をターゲットにする商品に対して、広くあまねくアプローチをしていくデジタルマーケティングは効率の悪い施策になりうることがあります。

売上の向上を一緒に狙わせて頂く以上は、まず最初の時点でデジタルマーケティングの必要性を判断する必要があると考えております。そのため、最初のご相談はまず無償でのご対応とさせて頂いております。

逆に言うと、デジタルマーケティングと売りたい商材の相性が悪いと判断した場合には、ご契約をお断りさせて頂くケースがございますのでご承知おきください。

業務
コンサルティング

基本料金

プラン
30,000

ベーシック

・ヒアリング ・現行施策の改善/新施策提案 (レポーティングのみ)
70,000

スタンダード

・ヒアリング ・現行施策の改善/新施策提案(レポーティング+ビデオ通話90分×2回) ・施策内容の実施サポート ・契約期間1ヶ月
180,000

プレミアム

・ヒアリング ・現行施策の改善/新施策提案(レポーティング+ビデオ通話90分×2回) ・施策内容の実施サポート ・契約期間3ヶ月
納期
14 日
30 日
90 日
合計
30,000円
70,000円
180,000円

オプション料金

ホームページの制作
300,000円 / 納期 +14日
ランディングページ(LP)の制作
200,000円 / 納期 +14日
動画の制作
100,000円 / 納期 +14日
印刷物(チラシやポスター)の制作
50,000円 / 納期 +14日
継続したコンサルティングの依頼
30,000円 / 納期 +14日

出品者

Hikaru Wada@チームで徹底対応
Hikaru Wada@チームで徹底対応 (hikarupets)

【安心のチーム対応】一部上場企業のデジタルマーケターが売上向上支援します

  • 17 満足
    0 残念
  • 認定ランサー
  • 個人

\読み進めて頂くと、デジタルマーケティングの魅力が分かります/

■こんなお悩みはありませんか?
・売上が上がらず、どのようにマーケティングすべきなのか分からない…
・ホームページ/プロモーション動画/バナー制作、色んなところに発注したら統率が取れなくなった…

デジタル系のことに挑戦するには、ハードルがあったりしますよね。

私たちはそんな方のお悩みを全て解決すべく、
 ①売上向上の施策検討
 ②施策の実施代行・コンサル
 ③制作物の制作
これら全ての支援体制を整えています。

■対応メンバーについて
・一部上場企業のマーケター
・プロのクリエイター

チームを組み、売上コミットでマーケティングを多方面からサポートさせていただきます。


■過去の実績
過去には以下のような支援を行なってきました。
・BtoB向け高額サービスの販売
・BtoC向け商品の販売
・Saas系のサービス販売

デジタルマーケティング知識一つで売上を向上させることは可能です。

■なぜデジタルマーケティングの知識1つで売上が増えるのか
デジタルマーケティングは結論的に、以下の指標と向き合っていくことになります。
 PV:どのくらいの人に露出するのか
 CTR:どのくらいクリック(興味)を誘えるのか
 CVR:どのくらい成約させることができるのか

これらの指標を改善するだけで、売上は劇的に向上します。
例えば「売上2倍を達成する」と聞くと難しいように感じますが、実はそんなことはありません。

 PV:露出力を33%アップさせる
 CTR:クリック率を33%アップさせる
 CVR:成約率を33%アップさせる

これらの掛け合わせで、売上は論理的に向上していきます。
それぞれたったの33%の差です、ほんの少しの違いです。


■成約率アップの実例
例えばですが、とある商品の販売ページに誘導したい場合、どちらのクリック率が高いと思いますか?

 「購入したい方はこちら」
 「価格・レビューを見てみる(残数:5/100)」

当然、後者の方がクリック率は高い訳ですが、これは以下の「知識」を適用しただけの話です。

 ・「購入」などの課金を促す言葉を嫌うが価格やレビューは気になる
 ・残数が少ないと、確認を急ぐ
 ・他に購入している人がいると、安心する

■まずはお気軽にご相談ください
上記のような知識をどのように生かすべきか、まずはお話しをお伺いした上で判断する必要があります。ぜひ、お気軽にご相談ください!

ポートフォリオ

  • 個人ブログの立ち上げ
  • 個人ブログの立ち上げ
  • ブログのアイキャッチ画像を作成
  • YouTubeサムネイル作成
  • YouTubeサムネイル作成
  • パーソナルジムのLP
  • 英語コーチングLP

注文時のお願い

・売りたい商材やサービスについての概要を教えてください
・現在実施しているマーケティング施策を教えてください