SHARE

記事作成代行サービスに依頼する前に!知っておきたい注意点と外注先の選び方

自社メディアやSNSのコンテンツを社内のリソースだけで更新・投稿していくには、相当な労力がかかります。メディア・SNS運営の労力を削減して質の高い記事をまとめて作成できる、記事作成の代行を依頼するのもひとつの手段です。

記事作成を代行すると自社の工数が削減できるとはいえ、代行するには相応の料金がかかります。記事作成の代行を依頼するデメリットや外注先を選ぶポイントを押さえておきましょう。

本記事では記事作成代行のメリットやデメリット、外注先の選び方について解説します。

記事作成代行の2つの種類

記事作成を代行する人

記事作成代行には以下の2種類の方法があります。

  1. 代行サービスやプラットフォームを使う
  2. 個人に直接依頼する

それぞれのメリットとデメリットを比較して、自社にあった方法を検討していきましょう。

1. 代行サービスやプラットフォームを使う

記事作成代行には、代行サービスや専門家が集まるプラットフォームを使用して外注化を図る方法があります。サービスごとの特徴を踏まえて、記事作成代行の外注先を選びましょう。

記事作成のみに特化しているサービスならば、より専門性の高い記事の作成や企画の立案を見込めます。ほかにも、記事作成以外のクリエイティブ全般の作成や運用を引き受けているサービスも選択肢のひとつです。例えば、記事作成と並行してSNS運用やWebサイトの修正などを依頼すれば、記事の投稿後にSNSで告知するなどの施策が行えます。

代行サービスやプラットフォームを使用するメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
・専門性の高いライターに依頼できる
・所属ライターを比較できる
・ほかの業務代行も期待できる
・内容によっては高額なコストがかかる
・サービスへの中間手数料が必要である

代行サービスでは、一定の基準をクリアしているライターが多数所属しています。また、実績数やクライアントのコメント、スキルスコアなどにより、ニーズにあったライターを見極められるようになっています。そのため、ディレクションや品質管理などを含めると運用コストが高まるデメリットはありますが、専門性の高いライターを選んで比較できるメリットがあります。

2. 個人に直接依頼する

記事作成代行をライターとして活動している個人に直接依頼をする方法もあります。

検索エンジンでライターのポートフォリオサイトから問い合わせたり、SNSで検索したりして見つけます。相性の良いライターが見つかれば、心強い味方になります。個人に直接依頼をするメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
・コストパフォーマンスが高い
・ディレクションのノウハウが蓄積する
・ライターを探す手間とコストがかかる
・クオリティの保証はできない

直接依頼の場合、サービスに対する中間手数料がありません。クオリティの高い記事作成に仕上がれば、コストパフォーマンスに優れている形態です。その反面、ライターを見つけて依頼を行い、ディレクションまで行う手間がかかる可能性があります。それぞれの種類のメリットとデメリットを踏まえて、外注先を決めていきましょう。

記事制作代行サービス別の料金相場を比較

記事制作代行サービスの種類別に、記事制作の料金相場をまとめました。

サービスの種類記事制作の料金相場(文字数、価格)
クラウドソーシングサイト・ブログなどのアフィリエイト記事代行0.8~5円(2000文字1600~10,000円)
・コラムなどのコンテンツ作成代行0.8~5円(2000文字1600~10,000円)
・インタビュー記事6.6~20円(15,000円~50,000円)
記事制作代行会社中間相場3~6円(2000文字6,000~12,000円)
・シンプルな記事代行0.7円~
・SEO記事作成代行7~10円
・インタビュー記事20,000〜50,000円
個人に直接依頼・一般的なテーマ0.5~2円(2000文字1,000~4,000円)
・特定のテーマ0.8~3円(2000文字1,600~6,000円)
・専門的なテーマ1.2~5円(2000文字2,400~10,000円)

依頼する記事の種類によっては以下の費用も発生します。料金は以下の費用も込みか、別途発生するかを確認してから依頼をするようにしましょう。

費用の種類概要
企画・構成費記事の企画や構成案作成費用。SEOキーワードの選定も含まれる場合がある
打ち合わせ費記事作成に必要な打ち合わせの費用。かんたんなミーティングの場合は無償の場合も多いが、長時間拘束される場合は別途発生することがある
写真撮影費記事に投稿する写真の撮影を依頼した場合の費用
図表作成費記事に挿入する図表、画像、イラストなどの作成費用
画像素材の選定・取得費記事に挿入する画像の選定を依頼した場合の費用。有料サイトからの取得の場合は、別途取得費用もかかる
監修費医療や法律など記事の監修を専門家へ依頼した場合の費用
校正費誤字脱字、文法の誤りの修正を依頼した場合の費用
修正費誤りの修正は基本的に無償、内容の変更や追加は有償
入稿費WordPressなどへの記事の入稿費用
謝礼取材記事の場合の取材相手への謝礼など
その他の雑費記事作成のための資料購入費、交通費など

おすすめの記事作成代行パッケージ

ランサーズでは記事作成代行のパッケージを提供しています。おすすめのパッケージをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

記事作成に関するノウハウや情報は、こちらでも詳しく解説しています。

記事作成代行の4つのメリット

記事作成を代行する人

記事作成代行の種類について理解を深めた上で、次に具体的に依頼するメリットを把握していきましょう。記事作成代行を依頼するメリットは以下の4つです。

  1. 社内のリソースをほかの業務に割ける
  2. 記事制作代行会社のプロによる専門性の高い記事に仕上がる
  3. 更新頻度が高まる
  4. 記事作成以外のサポートも期待できる

それぞれのメリットの詳細を解説します。

1. 社内のリソースをほかの業務に割ける

記事作成を外注先に代行してもらうことで、記事作成にかかっていた時間をほかの業務に割り当てられます。少数精鋭で社内リソースが限られている企業にとっては、社員をコア業務に充てることは重要です。

ほかにも「記事コンテンツの専任担当者がいないケース」や「記事作成以外の業務と兼任していて十分な記事の作成時間が確保できないケース」にとって、記事作成を依頼できるのは大きなメリットです。最終的な確認は自社で行うとはいえ、業務効率は良くなります。

また、記事作成のみを代行してもらうならば、社員・スタッフにはメディアの運営管理や企画立案などを任せておくことで、自社らしい理想のコンテンツを作り上げることができます。

2. 記事制作代行会社のプロによる専門性の高い記事に仕上がる

記事作成代行ならば、記事作成を本職としているライターや特定の分野で実績のあるライターに依頼可能です。専門的な知識や文章力以外にも、記事の想定読者のニーズを満たすことのできる記事を書けることがプロの特徴です。記事作成の目的にあったライターを選べば、専門性とクオリティの高い記事が自社の工数をとられすぎずに作成できます。

SEO対策を行う上でも、読者によって読みやすく、満足度の高い記事を用意することは重要です。検索エンジンからの評価が高まると、検索順位で上位表示させる記事が生まれるためにアクセスの増加が期待できます。

3. 更新頻度が高まる

自社で記事作成をするよりも、短期間でまとめて記事を作成できることが記事作成を代行してもらう強みです。自社だけで記事作成を行う場合は、どうしても更新頻度には限界があります。一方、記事作成代行を利用して記事作成を行うと、大量の記事作成を短期間で揃えたり、継続的に更新できる体制を整えたりできます。

立ち上げたばかりのメディアでも記事を大量に投入して、早期にコンテンツが充実したメディアを実現できます。

4. 記事作成以外のサポートも期待できる

プランによっては記事作成以外のクリエイティブやサポートを行ってくれるケースがあります。

例えば、記事作成に近しい業務であれば、過去記事のリライトやメディアのコンテンツのブラッシュアップなどが挙げられます。記事作成と同時にサポートを依頼することで、今まで対応できていなかった業務の改善も行えることがあります。

ほかにも、記事作成全般のスケジュール管理やレギュレーションの作成・管理を行うディレクション、作成済み記事の誤字脱字チェックやライターへの修正依頼、文章校正や編集者視点での記事チェックを始めとした品質管理など、進行上の業務を代行してもらえば、メディア運営の負担を大幅に削減できます。

メディア企画の立案や次期コンテンツ用のキーワードリサーチ、レギュレーションの作成などの業務にも対応できるケースもあります。

記事作成代行の4つのデメリット

記事作成を代行する人

記事作成代行はもちろんメリットばかりではありません。冷静にデメリットも把握しておくことで、代行と内製の記事作成の有用性を比較できます。記事作成代行を依頼するデメリットは以下の4つです。

  1. コストがかかる
  2. 指示や管理の手間がある
  3. ライターとの相性がある
  4. 外注先を選ぶ難易度が高い

それぞれのデメリットの詳細を解説します。

1. コストがかかる

記事作成を外注すると、当然自社で作成するよりもコストがかかります。コストは記事数や専門性、入稿までの工程、修正回数、外注先によって変わってきます。自社で行う業務を外注先に任せるほど、プランの変更やオプションの追加が必要となり、コストが積み上がります。

記事作成代行はコストがかかりますが、売り上げに効果的な記事が納品されるならば、自社メディアのための投資ととらえることもできます。決められた予算と記事作成代行にかけられるコストを見比べて、依頼内容を精査する必要があります。

2. 指示や管理の手間がある

記事作成だけを代行するケースのみならず、自社メディアの運営全般の代行を依頼する際でも、代行者への指示や管理を行う手間が発生します。特に初回依頼時は、依頼内容の整理や打ち合わせが必要です。

依頼する内容やルール、業務範囲を考える手間を惜しんで大まかな内容で依頼すると、自社の認識や要望とライターとの間で意見の相違が生まれて、求める成果を挙げられるような品質の記事が納品されない結果となってしまいます。

3. ライターとの相性がある

記事のクオリティに関わらず、ライターや窓口担当者とは相性の良し悪しがあります。文章力や専門性の高いライターでも、自社メディアの方向性に合わない文調やテイストが得意だというケースがあるからです。依頼する記事内容とライターの相性が合わなければ、自社メディアにとって必要な記事を納品してもらうことは難しくなります。

相性が合わない事態を避けるには、依頼前にライターの実績や得意分野をよく確認することです。依頼する際にライターについて知らないままだと、ライターが本領発揮できるテーマがわかりません。記事の目的やペルソナによって「クオリティの高さ」の基準は異なります。継続した依頼の中で、相性を見極めましょう。

4. 外注先を選ぶ難易度が高い

しっかりと判断基準を用意していないと、記事代行サービスを選ぶことは簡単ではありません。記事代行のサービスを提供する会社は多く、何かしらの判断基準を作らなければ、依頼先を選定するだけでかなりの時間が必要です。

また、実際に記事代行を依頼してみないと、納品記事の品質や所属ライターのレベルを確認することはできません。

記事作成代行の外注先を選ぶ4つのポイント

記事作成代行を計画する人々

記事作成代行を利用して求める成果を上げるためには、目的にあった外注先を選ぶ必要があります。外注先を選ぶポイントは、以下の2つです。

  1. 料金設定の明確さ
  2. ディレクションの範囲
  3. 所属ライターのレベル
  4. 記事作成代行はSEOに強い外注先に絞る

具体的にそれぞれのポイントの詳細を解説します。むやみに外注先を選んだ結果、相性が合わなかったということがないようにしておきましょう。

1. 料金設定の明確さ

まずは記事作成代行の料金設定を確認することが大切です。なぜなら「代行の料金が高ければ、必ず目的にあった記事に仕上がって、納品される記事本数も多くなる」というわけではないからです。

料金設定の明確さは大切な基準です。しかし、個人に直接依頼するケースを除き、料金にはライターへの報酬と記事代行会社への手数料の2種類が含まれています。そのため、たとえ記事代行の料金が高くても、企業の取り分が多くて実際に作業するライターへの報酬が低ければ、期待しているライティングレベルのライターが記事を作成していなかったり、十分な時間をかけてライターが記事を執筆できなかったりすることがあります。

2. ディレクションの範囲

記事作成を代行する会社のディレクション範囲も、記事代行サービスを選ぶ際の重要な要素です。

自社の担当者が全ての指示を行わなくても、代行サービス側の担当者との打ち合わせや簡単な資料作成だけで、目的に合わせたリサーチから構成、入稿作業まで、幅広く対応してもらえる会社もあります。

一方で、最低限のディレクションしか行ってもらえずに、執筆マニュアルや作業指示書の作成など、想定以上に自社担当者の負担が大きくなってしまう会社もあります。

3. 所属ライターのレベル

記事作成代行会社はレベル制でライターを管理している所も多くあります。専門性の高い記事を依頼する場合には、作成する記事のレベルに合ったライターが所属する会社に依頼するようにしましょう。

またクラウドソーシングなら公開されている受注件数や受注案件、報酬からライターのおおよそのレベルが判断できます。クラウドソーシングで自社の記事代行を行う専属ライターを探すのもおすすめです。

4. 記事作成代行はSEOに強い外注先に絞る

Webで公開する記事を多くの人に閲覧してもらうためには、集客のための施策が必要です。

検索結果で上位表示される記事を作成するために、SEO対策に強い記事代行会社やクラウドソーシングのライターへ依頼しましょう。SEO対策の実績や強みをチェックするのも重要です。

記事作成代行の依頼前には自社内で目的やゴールを明確にしておく

記事作成代行を計画する人々

記事作成の代行を依頼する前には、以下の項目を明確に決めておきましょう。

  • 予算
  • 自社負担の作業と代行サービスに依頼する作業の分担範囲
  • 記事作成代行に至った背景
  • 記事作成の目的
  • 読み手/書き手のペルソナ
  • 自社が目指すゴール(記事を読んだ方に促したい行動)
  • 各記事のテーマやKW
  • 各記事のボリューム(最低文字数)
  • 記事で必ず伝えたいポイント
  • 記事の文調や文体

記事作成に関わる校正・編集・入稿などの業務を一括で依頼する際にも、依頼内容を洗い出した内容を伝えた上で打ち合わせを行いましょう。代行サービス側との齟齬が少なくなるので、効率的・建設的な打ち合わせを行えます。

記事作成代行を頼むならランサーズ

成果につながる記事作成代行を依頼する際には、記事作成に特化したフリーランスが多数在籍しているランサーズで相談することをおすすめします。

ランサーズでは個人で活動するフリーランス以外にも、チームで活動するフリーランスや法人なども在籍しており、規模や目的に応じた依頼ができる環境が整っています。

記事作成だけではなく、企画の立案や品質管理、記事作成のディレクションまでをランサーズが一括で受注する「Lancers Outsourcing」、毎月定額で記事作成業務をランサーズに依頼できる「Lancers Assistant」などの契約も可能です。ランサーズに登録しているフリーランスの中から、要望に沿った執筆が可能なフリーランスをアサインしてくれるために、自社でフリーランスを探す必要がなくなります。

もちろん、ランサーズにクライアント(発注側)としてアカウント登録して、自社担当者が直接フリーランサーに記事代行を依頼することも可能です。

ランサーズに登録してライターを探す

記事作成の代行サービスを活用してコア業務に注力しよう

本記事では記事作成代行のメリットとデメリット、外注先の選び方などをご紹介しました。記事作成代行におけるポイントは以下の通りです。

  1. 代行サービスやプラットフォーム、個人に依頼する2種類の方法はある
  2. 最高サービスを利用することで社内リソースをコア業務に向けられる
  3. 記事作成以外の業務もあわせてサポートしてもらえることがある
  4. 代行サービス選びの際には料金とディレクション範囲の確認は必須
  5. 記事作成の目的を自社で明確にしてから、代行サービスに記事作成を依頼する

記事作成代行の依頼を検討する際は、前述のポイントを押さえておき、ランサーズのフリーランスや専任アドバイザーに相談することをおすすめします。

社内のリソースが不足しているなら、Webコンテンツ(記事)の作成は外注して、自社のコア業務に注力できる体制を構築してください。