自動車関連のピクトサインの仕事

過去に募集された仕事の概要

募集期間

5日間

提案数

2件

閲覧数

2402回

実際の発注内容

実際の支払金額
10,000 円 ~ 20,000
実際の受注者
emotional_design
emotional_design 認定ランサー 実績、報酬額、高評価などの条件を満たしたランサーです
心の琴線に触れるようなデザインを心を込めてデザインしております。Emotional Design for Everyone!
実際のスケジュール
依頼作成
発注先決定
0日
入金(作業開始)
2日
納品完了
6日
(作業開始から4日)
過去に募集された他の仕事をみる

看板・のぼりデザインの発注方法

  • STEP1

    募集する

    募集する

    まずは募集を作成します。募集を作成すると受注者(ランサー)が案件を閲覧することができるようになります。プロジェクト形式で募集することで、仕様についてランサーと相談することができます。

  • STEP2

    選定・仕事スタートする

    選定・仕事スタートする

    提案が集まったら提案内容を精査、選定します。金額や納期だけでなく、提案内容・条件も参考にしましょう。正式に依頼したいランサーさんが見つかれば、提案を選択しましょう。その際に仮払い(エスクロー)を行い、正式な依頼が完了となります。

  • STEP3

    確認・完了する

    確認・完了する

    成果物をチェックして、問題がなければ完了となります。成果物のチェック・支払い確定を行うと、エスクローした金額がランサーさんに支払われます。

よくある質問

  • Q.仕事を受けてくれる人は信頼できますか?

    A.大手企業勤務のデザイナー元出版社の編集者など、多様なスキルを持ったフリーランスが登録しています。
    また、百万人超の登録フリーランスのうち、特に実績豊富で、過去の仕事の評価が高い「認定ランサー」もいます。

  • Q.依頼するのに費用はかかりますか?

    A.依頼は無料です(オプション利用を除く)。費用が発生するのは、仕事が完了した場合のみなので、安心してご利用ください。
    なお、サービス利用手数料は受注者からいただくモデルなので、発注者は無料です。

  • Q.請求書払いなどには対応して頂けますか?

    A.事前に審査をさせていただきますが、後払いや源泉徴収がご利用いただける「法人アカウントサービス」がございます。

  • Q.気になった個人のフリーランスを指名して依頼できますか?

    A.フリーランスを指名して直接仕事を依頼することができます。フリーランスを探すにはこちら

募集詳細

提示した予算
5,000 円 ~ 50,000 円
依頼概要
■ 依頼の目的/概要

自動車販売業を営んでいる弊社で、新しく立ち上げる会社の事業内容のピクトサインを依頼します。また、現在の事業内容に関するピクトサインもお願い致します。

■ ピクトサインにする内容(車の各種代行+現存の事業内容)

ピクトサイン1つに付き1,500円~2,000円でお願いします。

▼新事業内容
①車のオークション代行(出品・落札)
→車オークション会場にて個人様の車を出品、もしくは個人様に代わり希望のお車を落札致します。(ピクトサインを出品・落札の2つに分けても結構です。)
②車の書類登録代行
→車の複雑な書類等を個人様に代わってお手続き致します。
③車の委託販売
→個人様の車を当店に委託し、店頭・雑誌・HP・携帯サイトにて掲載してご希望の価格で販売致します。
⑤車の廃車引取無料
→動かなくなった車や車検切れなどで不要な車を無料で引き取りに行きます。
⑥車の買取
→個人様の車を出張査定し、買取致します。
⑦車の保険加入・手続き
→各種車の保険や手続きのピクトサイン
⑧車の整備(車検など)
→車の整備・車検などのピクトサイン

■ ロゴに希望すること(雰囲気・色・イメージなど)

視認性があり、単色でも十分効果の発揮するもの。
見て簡単に誰でも分かる様なもの。

■ 納品ファイルの希望

高解像度JPG形式/イラストレーター形式/フォトショップ形式のいづれか
できれば、ベクトル形式でお願いできればありがたいです。

■ 利用用途

名刺/ウェブサイト/パンフレット/看板/ステッカーなど

■ 進め方

当依頼はプロジェクト方式のため、まずは見積もりをお願い致します。1名を当選させ、エスクロー後に仕事を開始して頂きます。

■ その他/注意点

選択させて頂いたピクトサインの著作権(財産権)等の扱いはLancers利用規約に従い、弊社に譲渡をお願いします。フォントや画像素材などを利用する場合は上記利用用途に使用できることを確認し、第三者の知的財産権等に注意して下さい。