「日本中性子捕捉療法学会」のロゴの仕事

過去に募集された仕事の概要

報酬金額

91,800円

募集期間

13日間

提案数

153 件

応募の中で採用された制作物

実際の支払金額
91,800
実際の受注者
Roy&Latte
Roy&Latte
見やすくわかりやすく魅力的に、ユーザー目線のデザインが得意です。
はじめまして。デザイナーの roylatte と申します。 期日間際で恐縮ですが、ご依頼のロゴをご提案いたします。 視認性が高く幅広い用途でご利用いただけるよう「シンプル」に、配置はあまり崩さず厳粛な「信頼感」をコンセプトとしてデザインいたしました。 修正等ございましたらお気軽にお申し付け下さいませ。ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

応募された制作物

過去に募集された他の仕事をみる

ロゴ作成・デザインの発注方法

  • STEP1

    募集する

    募集する

    まずは募集を作成します。募集を作成すると受注者(ランサー)が案件を閲覧することができるようになります。プロジェクト形式で募集することで、仕様についてランサーと相談することができます。

  • STEP2

    当選を選ぶ

    当選を選ぶ

    成果物の提案が集まったら、内容を選定します。募集内容に沿ったデザイン・テイストに沿ったものを選びましょう。提案が1つもない場合は募集終了となり、仮払いした金額は全額返金されます。

  • STEP3

    確定・納品する

    確定・納品する

    納品や修正の対応が完了した段階で、当選者を確定します。当選者を確定すると、仮払いした金額がランサーに支払われます。

よくある質問

  • Q.仕事を受けてくれる人は信頼できますか?

    A.大手企業勤務のデザイナー元出版社の編集者など、多様なスキルを持ったフリーランスが登録しています。
    また、百万人超の登録フリーランスのうち、特に実績豊富で、過去の仕事の評価が高い「認定ランサー」もいます。

  • Q.依頼するのに費用はかかりますか?

    A.依頼は無料です(オプション利用を除く)。費用が発生するのは、仕事が完了した場合のみなので、安心してご利用ください。
    なお、サービス利用手数料は受注者からいただくモデルなので、発注者は無料です。

  • Q.請求書払いなどには対応して頂けますか?

    A.事前に審査をさせていただきますが、後払いや源泉徴収がご利用いただける「法人アカウントサービス」がございます。

  • Q.気になった個人のフリーランスを指名して依頼できますか?

    A.フリーランスを指名して直接仕事を依頼することができます。フリーランスを探すにはこちら

募集詳細

ロゴ表記名称
「日本中性子捕捉療法学会」及び「JSNCT」の両方を明記
概要・特徴
本学会の目的は熱中性子とホウ素10(をふくむ薬剤)の核反応から放出される高いエネルギーによってがんを殺傷する世界最先端の新しい放射線療法を推進することであり、その研究や治療症例など情報交換を行うことです。医学、物理学、薬学、化学といった分野の研究者が集まる集学的分野の学会です。
詳しくは、下記URLをご参照ください。
http://www.jsnct.jp/index.html
希望ロゴ種類

クライアントが希望するロゴデザインの種類です。いずれかの種類でご提案ください。

  • 抽象ロゴ

    企業・サービスの理念等を抽象的に表現したロゴ

  • エンブレムロゴ

    ロゴが図形によって囲まれたエンブレムロゴ

※ 上記の商標は各所有者の商標・資産であり、ランサーズとは一切関係がありません。

希望イメージ
  • +5 0 +5
  • シンプル
    複雑
  • 単色
    カラフル
  • 暗い
    明るい
  • 日常
    高級
  • 遊び心
    厳粛
  • 未来的
    伝統的
  • 女性的
    男性的
希望する色
白黒印刷でも使用できるようなイメージでカラーとデザインをお願いします。
商標登録予定
商標登録予定なし
利用用途
  • 印刷 (名刺、封筒、チラシ、ステッカー、パンフレット等)
  • ウェブ (ウェブサイト、バナー、フラッシュ等)
  • 看板 (看板、サイン等)
納品ファイル
  • 高解像度JPG (.jpg)
  • イラストレーター形式 (.ai)
  • フォトショップ形式 (.psd)
補足説明
設定なし
依頼公開後の追記内容
中性子捕捉療法国際学会および台湾中性子捕捉療法学会のロゴを参考までにお知らせ致します。いずれも、ホウ素と中性子の捕捉反応によりリチウムとヘリウム(α粒子)が生じるイメージが組み込まれています。デザインのご参考になれば幸いです。
中性子捕捉療法国際学会:http://www.isnct.net
台湾中性子捕捉療法学会:http://www.tsnct.org.tw
■ 選んだ理由

学会幹事会で最終的に最も票を集めたため。

■ 提案者全員のお礼・コメント

日本中性子捕捉療法学会のロゴを多数ご提案くださりありがとうございました。非常に僅差で最後まで議論致しましたが、最終的に1つに絞らなければならず、このような結果となりました。中性子捕捉療法は世界に先駆け日本が最先端を走っているがん治療法です。今日、がんは2人に1人が罹る病気です。近い将来、本治療法によって一人でも多くの患者さんが救えるよう、学会員一同精進して参る所存です。今後ともご鞭撻のほどよろしくお願いします。