消費税法改定によりランサーズで消費税が10%になるタイミングについて教えてください(ランサー向け) | ヘルプ | クラウドソーシング「ランサーズ」

サイトマップ
For 発注者

消費税法改定によりランサーズで消費税が10%になるタイミングについて教えてください(ランサー向け)

2019年10月1日の消費税法改定の施行に伴う、サイト内における税率の適用基準をご案内いたします。

仕事の契約金額・報酬の消費税率


ランサーズでは、発注方式ごとに下記表の「適用判断タイミング」が9月30日以前か10月1日以降かどうかで、消費税率を計算させていただきます。

消費税適用タイミング

※支払確定が10月1日以降でも、9月30日以前に仕事依頼および提案が選定されている場合は、ユーザー様の増税分の追加負担は必要ありません。
※プロジェクト方式(公開・直接)で 計画変更 した場合、計画変更確定のタイミングが10月1日以降の場合には10%の消費税率が適用されます。

■プロジェクト方式/コンペ方式/タスク方式の詳細例
消費税適用タイミング

例(1) プロジェクトの全ての工程が10月1日より前に終わると消費税8%です。
例(2) プロジェクト(公開)の支払確定が10月1日以降であっても、クライアントの提案選定のタイミングが10月1日より前の場合は消費税率は8%です。※ユーザーからの税額増額分の追加徴収は行いません。
例(3) プロジェクト(公開)の依頼作成が10月1日より前であっても、クライアントの提案選定が10月1日を超えた場合は消費税率10%です。
例(4) プロジェクト(直接)の場合はクライアントの依頼作成が10月1日より前ですと消費税率8%です。
例(5) コンペ/タスクの場合、当選/納品/承諾/支払確定が10月1日以降であっても、クライアントの依頼作成が10月1日より前ですと消費税率8%です。
例(6) コンペ/タスクの場合、クライアントの依頼作成が10月1日以降で消費税率10%です。


■時間報酬/スキルパッケージでの詳細例
消費税適用タイミングスキルパッケージ

例(7) 時間報酬は、契約のタイミングが10月1日より前であっても、ランサーの打刻ごとに打刻申請タイミングで税率が計算されます。打刻申請が10月1日より前のタイミングは消費税率8%、打刻申請が10月1日以降は消費税率10%です。

例(8) スキルパッケージ納品形式は、支払確定が10月1日以降であっても、クライアントのサービス購入が10月1日より前ですと消費税率8%です。※ユーザーからの税額増額分の追加徴収は行いません
例(9) スキルパッケージ納品形式は、ランサーのサービス出品が10月1日より前であっても、クライアントのサービス購入が10月1日以降ですと消費税率10%です。

例(10) スキルパッケージビデオ相談形式は、支払確定が10月1日以降であっても、クライアントのサービス購入が10月1日より前ですと消費税率8%です。※ユーザーからの税額増額分の追加徴収は行いません
例(11) スキルパッケージビデオ相談形式は、ランサーの経歴登録/商品化が10月1日より前であっても、クライアントのサービス購入が10月1日以降ですと消費税率10%です。


報酬の振込手数料について


【10月15日締め10月31日の報酬出金】から報酬の振込手数料を以下の金額に変更させていただきます。

楽天銀行: 110 円
楽天銀行以外の銀行:550 円

※自動出金方式、キャリーオーバー方式どちらも上記の金額に変更になります。


消費税関連のよくある質問


Q. 9月30日までにスキルパッケージのサービスを出品していても、10月1日以降にサービスが購入されたら消費税は10%ですか?
A. はい。消費税率はスキルパッケージの購入時点が判断タイミングとなります。

Q. 消費税増税による費用負担のガイドラインはありますか?
A. 細かく基準があり個別判断が必要なためランサーズでは判断はできかねますので、一度専門家などにご確認ください。なお、ランサー・クライアント間で、メッセージ相談などによる金額負担交渉が可能です。金額負担交渉に双方合意がありましたら、追加依頼や、プロジェクト方式では計画変更手続きにより金額を変更することが可能です。
解決しましたか? 解決しない場合は サポート へお問い合わせください。