インターネット家庭教師サイトのロゴ制作の仕事

過去に募集された仕事の概要

報酬金額

30,000円

募集期間

10日間

提案数

15 件

応募の中で採用された制作物

実際の支払金額
30,000
実際の受注者
はじめまして、tokyocrayonsと申します。 提案させていただきます。 インターネットをあらわす「モニター」が、家庭教師をあらわす「笑顔と差し棒」を組み合わしてみました。配色として学びの情熱をあらわす「赤」を使用しました。 ご要望等ございましたら、お知らせください。対応させて頂きます。

応募された制作物

過去募集された他の仕事

過去に募集された他の仕事をみる

ロゴ作成・デザインの発注方法

  • STEP1

    募集する

    募集する

    まずは募集を作成します。募集を作成すると受注者(ランサー)が案件を閲覧することができるようになります。プロジェクト形式で募集することで、仕様についてランサーと相談することができます。

  • STEP2

    当選を選ぶ

    当選を選ぶ

    成果物の提案が集まったら、内容を選定します。募集内容に沿ったデザイン・テイストに沿ったものを選びましょう。提案が1つもない場合は募集終了となり、エスクローした金額は全額返金されます。

  • STEP3

    確定・納品する

    確定・納品する

    納品や修正の対応が完了した段階で、当選者を確定します。当選者を確定すると、エスクローした金額がランサーに支払われます。

よくある質問

  • Q.仕事を受けてくれる人は信頼できますか?

    A.大手企業勤務のデザイナー元出版社の編集者など、多様なスキルを持ったフリーランスが登録しています。
    また、百万人超の登録フリーランスのうち、特に実績豊富で、過去の仕事の評価が高い「認定ランサー」もいます。

  • Q.依頼するのに費用はかかりますか?

    A.依頼は無料です(オプション利用を除く)。費用が発生するのは、仕事が完了した場合のみなので、安心してご利用ください。
    なお、サービス利用手数料は受注者からいただくモデルなので、発注者は無料です。

  • Q.請求書払いなどには対応して頂けますか?

    A.事前に審査をさせていただきますが、後払いや源泉徴収がご利用いただける「法人アカウントサービス」がございます。

  • Q.気になった個人のフリーランスを指名して依頼できますか?

    A.フリーランスを指名して直接仕事を依頼することができます。フリーランスを探すにはこちら

募集詳細

依頼概要
■ 依頼の目的/概要
当社は関東地方にて27年間の実績を誇る家庭教師派遣センターです。
この度、インターネットを利用した家庭教師システムを提供することとなり、
そのサービスのロゴを募集させていただきます。

名称は、インターネット家庭教師Netty となります。

教育産業らしい、知的かつ親しみやすいデザインを希望いたします。
配色にかんしては特に希望はありません。

■ インターネット家庭教師について
該当サービスは、インターネットを利用した家庭教師システムです。
WEBカメラやタブレットを使い、その場にいなくてもリアルタイムで授業を行うことができるものです。
メリットとしては、地方在住の生徒が、東京の有名大学の先生の授業を受けることができる等があります。


■ 重視する点/検討基準
ロゴのデザイン性
ロゴから受ける印象
(できればパッと見た時に、インターネットを使った教育というような印象を受けられるもの)

■ 制作上の注意点
ホームページ上でも利用するロゴとなりますので、
72dpiで描画した際に画像の細部が潰れないことをご考慮ください。


■ 利用用途
該当サービスのホームページ、紙媒体への広告やパンフレット等に利用いたします。

■ 納品ファイルの希望
イラストレーター(ver.8)
高解像度JPG形式
フォトショップ

■ 進め方

募集期間終了後に、弊社の希望するイメージに近い提案を1つ(場合によって複数)当選させて頂きます。希望に近づけるために、場合によって当選候補者様に修正要望をさせ

て頂くことがありますが、何卒ご了承ください。

■ その他/注意点

選択させて頂いたロゴの著作権(財産権)等の扱いはLancers利用規約に従い、弊社に譲渡をお願いします。フォントや画像素材などを利用する場合は上記利用用途に使用でき

ることを確認し、第三者の知的財産権等に注意して下さい。
依頼公開後の追記内容
■ 選んだ理由

一番イメージと近かったため。

■ 提案者全員へのお礼・コメント

たくさんのご提案、まことにありがとうございました。

皆様の作品すべて、出来栄え自体は
甲乙つかがたい完成度でした。