この募集は2021年04月21日に終了しました。

塾講師や保育士、介護士など「人生を共に歩んでくれる人」の総称ネーミングを募集の仕事 [塾・予備校]

依頼の募集内容

報酬金額

33,000円

募集期間

3日間

提案数

786 件

発注者が選定した提案

実際の支払い金額
33,000 [AI判定] 適正価格
実際の受注者
先にご提案いたしました「LifeSherpa (ライフシェルパ)」のバリエーションです。 ※表記をカタカナにいたしました。 life(ライフ)=生活。暮らし。人生。生命。一生。生涯。ライフ。 Sherpa(シェルパ)=ヒマラヤ登山隊をサポート・道案内する人。転じて、サミットの首脳の補佐をする各国の高官。 ――からのご提案です。 「人生を伴に歩んでサポートしてくれる人」を表します。 よろしくご検討のほどお願いいたします。

詳しい依頼の募集内容

依頼主の業種
塾・予備校
依頼概要
学習塾や保育園、介護施設、転職支援など、人生(の一時期)を共に歩むサービスを行っています。様々な業務形態があり、様々なスキルのサービス提供者がいるのですが、会社としての一体感を出すために全てのサービス提供者を一言でくくる言葉を作りたいと考えていますが、なかなかいい名称が思い浮かびません。イメージとしては東京ディズニーランドにおける「キャスト」、USJの「クルー」のような言葉です。

■ネーミングコンセプト
⇒一番近いイメージは「子供が自転車の乗り方を覚える時に子供の失敗に何度も何度も根気よく付き添い応援し支えてくれて、一緒に乗り方を教えてくれる人」(ずっと一緒に過ごす人ではなく、大切なことを教えてくれてその後、自立して一人で進めるようになるまでをサポートしてくれる人)。短い言葉でいうと、「伴走者(伴歩者)」「人生を伴に歩んでくれる人」のような人を従業員の総称向けの短く的確に言い表した言葉。

■使い方イメージ
「株式会社●●で働く人は、お客様の人生を共に歩く存在として✕✕と呼びます」

■ 重視する点/検討基準
以下のポイントを重視して選択させて頂きます。

・できるだけシンプルな名前
・日本語でも英語でもその他の言語でもOK
・簡単に発音できる
・意図することを言い表しておりイメージしやすいこと(ただし、新たな造語も可)

■ その他/注意点
他者の知的財産権を侵すような名称は利用しないでください。
依頼公開後の追記内容
・「ネーミングコンセプト」部分に追記です。伴走者などの追加ニュアンスとして、単に一緒に走ったり寄り添ったりしているだけでなく、常に「応援」しれくれたり「声がけ」してくれたり「エネルギー」や「勇気」をくれたり、何かを与えてくれる存在であることを意味合いとして感じられるとベストです。
当初こちらで考えていた案は「共に歩む人」という部分から「Co-walker(コ・ウォーカー)」です。(4月18日8時時点で同一のご提案はいただいておりません)。かぶってしまうとあとあと良くないかと思い、追記させていただきます。
この依頼は、クライアントにより提案の即決が選択されたため、予定より早く募集終了となりました。
■ 選んだ理由

たくさんのご提案ありがとうございました。検討させていただいた結果、「シェルパ(登山するときのパートナー)」という概念が一番しっくりきたので、その「シェルパ」をモチーフにしたものから最も人生のパートナーであるニュアンスを感じ取れた「ライフシェルパ」を採用したいと思います。

■ 提案者全員のお礼・コメント

たくさんのご提案、ありがとうございます。自分の中からは決して出てこないものがたくさんあり、選考はとても有意義で楽しい時間でした。ありがとうございました!