この募集は2020年09月05日に終了しました。

【6000円×1記事/2500文字以上 複数事業場で就労するケースの労災についてを解説】の仕事 [コンサルティング・シンクタンク]

見積もり募集の結果

募集期間

3日間

提案数

5件

閲覧数

98回

実際の発注内容

依頼の予算
5,000 円 ~ 10,000 [AI判定] 優良価格
実際の支払金額
6,000 円 ~ 7,000
製作期間
7
実際の受注者
継続
継続

認定ランサー 実績、報酬額、高評価などの条件を満たしたランサーです 社会保険労務士

  • 希望時間単価 2,500円~
  • 実績 20
  • 評価 4.9
  • プロジェクト完了率 100%
  • 機密保持
  • 本人確認
  • 電話

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。 社会保険労務士の継続と申します。 【経歴】 大学卒業後 約13年間労務相談、年金相談を行っております。又、日本で最大の社会保険労務士ネットワークで日々研鑽を積んでおります。 セミナーでは、テレビでも活躍中の「年金博士」先生から学びを得て、常に最新の情報を仕入れております。 【資格】 ・社会保険労務士 ・労働法... 続きを読む

認定されているカテゴリー スキル
記事作成・ブログ記事・体験談
Webサイトコンテンツ作成
ライティング
... もっと見る
発注者の声

見積もり募集の内容

依頼のジャンル
コンサルティング・シンクタンク
分野
経理、人事、総務、給与計算、年末調整
記事タイプ
紹介文・説明文
依頼詳細
■依頼概要

これまで,労災保険の給付基礎日額は、被災した事業場で受け取っていた賃金額をもとに算定されてきました。 しかし,副業や兼業などで,事業主の異なる複数の事業で雇用されて働く労働者(複数事業労働者)が労災に遭った場合, 給付基礎日額が低額となり,結果,労災保険 の給付自体も低額となってしまう問題があり、令和2年9月より改正規定が施行されます。こちらの資料などを利用して、制度概要を分かりやすく解説した記事をお願いします。
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T200826K0040.pdf

こちらの5号〜8号の様式について変更点もあわせて解説していただければ幸いです。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken06/03.html



【6000円/1記事/2000文字以上】


■記事タイトル例

複数事業場で就労するケースの労災を徹底解説。実務に影響のありそうなポイントはココ!!

■納品方法について こちら、ございましたらご教示いただけますと幸いです。
Googleドキュメント or Word

■今後の流れ
(1)弊社:発注
(2)ライターさん:1次納品
(3)弊社:内容チェック
(4)ライターさん:修正して納品


弊社メディアサイトに掲載します。他社サイトコピーはNGでお願いします。
文字数
1記事あたり2000 文字
記事単価
6000 円
記事数
1 本
作業範囲
  • 記事執筆
  • 画像選定
画像枚数
2 枚/記事
画像の入手方法
  • 分からないので相談して決める
作業・単価の補足
設定なし
参考URL
http://cells-sr.com/hatarakikata/
作業時の注意点
弊社メディアサイトに掲載します。他社サイトコピーはNGでお願いします。
補足説明
設定なし