出版社のロゴ制作の仕事

過去に募集された仕事の概要

報酬金額

20,000円

募集期間

10日間

提案数

41 件

応募の中で採用された制作物

実際の支払金額
20,000
実際の受注者
はじめまして。 DESIGN ART WORKS COCHMASENJUと申します。 ご依頼を拝見し、このたびコンペに参加させていただきました。宜しくお願いいたします。 ロゴマークは表参道の頭文字「O」と、表参道の通りの木々・自然をイメージしデザインしました。 ロゴタイプ部分はやや丸みのあるやさしい雰囲気のものを使用いたしました。 お気づきの部分・ご要望、修正などお気軽にお申し付けいただければ幸いです。 ご確認宜しくお願いいたします。

応募された制作物

過去募集された他の仕事

過去に募集された他の仕事をみる

ロゴ作成・デザインの発注方法

  • STEP1

    募集する

    募集する

    まずは募集を作成します。募集を作成すると受注者(ランサー)が案件を閲覧することができるようになります。プロジェクト形式で募集することで、仕様についてランサーと相談することができます。

  • STEP2

    当選を選ぶ

    当選を選ぶ

    成果物の提案が集まったら、内容を選定します。募集内容に沿ったデザイン・テイストに沿ったものを選びましょう。提案が1つもない場合は募集終了となり、エスクローした金額は全額返金されます。

  • STEP3

    確定・納品する

    確定・納品する

    納品や修正の対応が完了した段階で、当選者を確定します。当選者を確定すると、エスクローした金額がランサーに支払われます。

よくある質問

  • Q.仕事を受けてくれる人は信頼できますか?

    A.大手企業勤務のデザイナー元出版社の編集者など、多様なスキルを持ったフリーランスが登録しています。
    また、百万人超の登録フリーランスのうち、特に実績豊富で、過去の仕事の評価が高い「認定ランサー」もいます。

  • Q.依頼するのに費用はかかりますか?

    A.依頼は無料です(オプション利用を除く)。費用が発生するのは、仕事が完了した場合のみなので、安心してご利用ください。
    なお、サービス利用手数料は受注者からいただくモデルなので、発注者は無料です。

  • Q.請求書払いなどには対応して頂けますか?

    A.事前に審査をさせていただきますが、後払いや源泉徴収がご利用いただける「法人アカウントサービス」がございます。

  • Q.気になった個人のフリーランスを指名して依頼できますか?

    A.フリーランスを指名して直接仕事を依頼することができます。フリーランスを探すにはこちら

募集詳細

依頼概要
■ 依頼の目的/概要

語学(英語)、教育関連の出版社です。
英語ができるタレントさんや、有名予備校講師を著者に迎え、書籍を発行しています。
旧体質の出版社ではなく、出版物と楽天動画や、IPHONEアプリ、音声ダウンロードサイトなどを絡めて、新しい形態で読者に有益な情報を伝えていく新しい出版社です。

■ ロゴにしたい社名

「表参道出版」OMOTESANDO PRESS
企業コンセプトを表すマーク(※1)と上記の社名(文字の一部、または全部を使って)表記でのロゴタイプ(※2)とセットでご提案ください。ロゴマーク(※3)にまとめたデザインでも大丈夫です。
「表参道出版」は、必須、OMOTESANDO PRESSは、使用しても、一部使用でも、まったく使用しなくても大丈夫です。

※1 マーク ・・ 記号や図案をデザインしたもの
※2 ロゴタイプ ・・ 社名などの文字をデザインしたもの
※3 ロゴマーク ・・ マークとロゴタイプを合わせたデザイン文字。

■ ロゴに希望すること

東京都港区の「表参道」のイメージ(都会のハイセンスな洗練された感じ)、最先端のイメージを強く出していただければと思います。
教育関連や、語学関連のイメージは、強く考慮しなくて大丈夫です。


■ 利用用途

当社の出版物や、ホームページ、パンフレット、広告等、広く利用いたします。


■ 納品ファイルの希望

高解像度GIF形式
イラストレーター10(Windows)のいづれか

※背景は、白ではなく、透明にしてくださるようお願いします。

■ その他/注意点

選択させて頂いたロゴの著作権(財産権)等の扱いはLancers利用規約に従い、弊社に譲渡をお願いします。フォントや画像素材などを利用する場合は上記利用用途に使用できることを確認し、第三者の知的財産権等にご注意下さい。


依頼公開後の追記内容
■ 選んだ理由

マークは、シンプルでありながら、あまり見かけないデザインでした。
また、ロゴタイプですが、ロゴタイプでもずいぶんと印象が違うことに今回気づかされましたが、今回、採用させていただいたものは、特に英文のロゴタイプから、洗練されたイメージを感じさせられました。

■ 提案者全員へのお礼・コメント

ご協力くださりありがとうございました。
デザイン的には、よく考えられたもの、気に入ったものも少なくありませんでしたが、
実際、ロゴを使用する状況を考えると、
①白黒で使う状況もかなり多い
②書籍の背表紙など、かなり縮小して使用する場合も多い
という、現実的な状況も考慮いたしました。
ご提案ありがとうございました。