福島県立医科大学附属病院 高度救命救急センターのロゴマークデザインの仕事

過去に募集された仕事の概要

報酬金額

54,000円

募集期間

13日間

提案数

149 件

応募の中で採用された制作物

実際の支払金額
54,000
実際の受注者
marukei
marukei 認定ランサー 実績、報酬額、高評価などの条件を満たしたランサーです
ロゴマークからイラスト、キャラクターまでグラフィックに関する事ならなんなりとご相談ください。
D案 「ドクターヘリ」をモチーフにしたデザインです。 背景に「十字マークを入れた福島県」のパターンを入れて よりわかりやすくしました。

応募された制作物

過去に募集された他の仕事をみる

ロゴ作成・デザインの発注方法

  • STEP1

    募集する

    募集する

    まずは募集を作成します。募集を作成すると受注者(ランサー)が案件を閲覧することができるようになります。プロジェクト形式で募集することで、仕様についてランサーと相談することができます。

  • STEP2

    当選を選ぶ

    当選を選ぶ

    成果物の提案が集まったら、内容を選定します。募集内容に沿ったデザイン・テイストに沿ったものを選びましょう。提案が1つもない場合は募集終了となり、エスクローした金額は全額返金されます。

  • STEP3

    確定・納品する

    確定・納品する

    納品や修正の対応が完了した段階で、当選者を確定します。当選者を確定すると、エスクローした金額がランサーに支払われます。

よくある質問

  • Q.仕事を受けてくれる人は信頼できますか?

    A.大手企業勤務のデザイナー元出版社の編集者など、多様なスキルを持ったフリーランスが登録しています。
    また、百万人超の登録フリーランスのうち、特に実績豊富で、過去の仕事の評価が高い「認定ランサー」もいます。

  • Q.依頼するのに費用はかかりますか?

    A.依頼は無料です(オプション利用を除く)。費用が発生するのは、仕事が完了した場合のみなので、安心してご利用ください。
    なお、サービス利用手数料は受注者からいただくモデルなので、発注者は無料です。

  • Q.請求書払いなどには対応して頂けますか?

    A.事前に審査をさせていただきますが、後払いや源泉徴収がご利用いただける「法人アカウントサービス」がございます。

  • Q.気になった個人のフリーランスを指名して依頼できますか?

    A.フリーランスを指名して直接仕事を依頼することができます。フリーランスを探すにはこちら

募集詳細

ロゴ表記名称
Fukushima Medical University Hospital, Emergency and Critical Care Medicine
概要・特徴
福島県立医科大学附属病院高度救命救急センターです。県北エリアの最重症患者を扱う救命センターでありドクターヘリの運航も行っています。4月から新体制になり、おそろいのスクラブを作るにあたり、背中に大きく入れるロゴマークを作りたいと思います。パソコンのフォントをいじるだけのロゴマークはありきたりと思い、プロの方に製作依頼をした次第です。表記のFukushima~の部分は「FMUH」と略も可ですし、上記の日本語の表記で作っていただいてもOKです。ドクターヘリや心電図波形など医療にかかわるイラストも入れてもらっても構いません。
希望ロゴ種類

クライアントが希望するロゴデザインの種類です。いずれかの種類でご提案ください。

  • ワードロゴ

    文字を中心にデザインしたロゴ。絵や図を含む

  • ピクチャーロゴ

    企業・サービスを絵や図で直接表現したロゴ

  • WEB2.0系ロゴ

    ウェブ系のロゴに多く見られる先進的なロゴ

※ 上記の商標は各所有者の商標・資産であり、ランサーズとは一切関係がありません。

希望イメージ
  • +5 0 +5
  • シンプル
    複雑
  • 単色
    カラフル
  • 暗い
    明るい
  • 日常
    高級
  • 遊び心
    厳粛
  • 未来的
    伝統的
  • 女性的
    男性的
希望する色
水色系、緑系、黄・オレンジ系
商標登録予定
商標登録予定なし
利用用途
  • 印刷 (名刺、封筒、チラシ、ステッカー、パンフレット等)
  • ウェブ (ウェブサイト、バナー、フラッシュ等)
  • 商品 (製品、キーホルダー、パッケージ、Tシャツ等)
納品ファイル
  • 高解像度JPG (.jpg)
補足説明
希望にマッチするデザインとなれば、医局公認のロゴマークとして採用し、Webページや病院内の備品やおそろいのユニホームなどにも今後使用していきたいと考えています。印刷の都合上、極力カラフルな色は避けたいと思いますが、2-3色までなら可能かと思います。(白黒印刷でも識別できるように)
依頼公開後の追記内容
大学病院のロゴではなく、救命救急センターのロゴマークになるので、必ず「Emergency and Critical Care Medicine」もしくは「高度救命救急センター」の表記は入れてほしいです。よろしくお願いします。
たくさんの提案ありがとうございます。
どれも素晴らしいのです。文字の形(フォント)にこだわった提案も見てみたいと思います。また、最終的には当科に所属する医師らの多数決で決定したいと思っております。
■ 選んだ理由

福島県の形と、ECCMとFMUHが双方わかるデザインであったことが投票数を集めた理由です。また、マークのみ、文字のみ、合わせたものと汎用性が高いこともポイントでした。

■ 提案者全員のお礼・コメント

絞るのはとても大変でした。第1回投票では票がかなりばらけたため、何度も医局内で投票を繰り返さなければいけないほどでした。今回様々なデザイナーさん方に提案をいただけて医局員がみな感動しておりました。本当にありがとうございます。満足いく選定ができたと思います。