新規事業を初めて任された PdM が新規事業を進める上で陥りやすいパターンとその回避策をお話します

  • ソフトウェア・業務システム開発
--
販売実績 0

お話できること

新規事業を軌道に乗せるには、優れたビジネスモデルの立案と実現などの良いものを作るだけではなく、多岐に渡る社内のステークホルダーとの調整や経営層のコミットメントも重要になってきます。特に PMF(Product Market Fit)の達成というゴールに向けてプロダクトマネージャーが新規事業で担うべき役割と PMF の達成を阻む落とし穴がどこにあるのか、それを事前にどう回避できるのかについてお話させていただきます。
関連する経験

この商品に関連するビジネス経験は ログイン するとご覧いただけます

こんな人におすすめ

初めて新規事業を担当することになったプロダクトマネージャー、ディレクター

購入時のお願い

機密事項に関わらない範囲で以下の情報を事前にご提供ください。

・新規事業を担当するメンバー構成
・企業が新規事業を立ち上げた背景
・貴社の PdM の職務領域(企業によって異なるため事前に把握させてください)
・ロードマップ(あれば)
・新規事業の進捗状況(これから、キックオフした、ビジネスモデルの立案、など)

出品者

大藪 祐一
大藪 祐一

Webディレクター 個人 30代後半 1時間前にログイン

  • 実績 0
  • 評価 5.0
  • プロジェクト完了率 %
  • 機密保持
  • 本人確認
  • 電話

ITベンチャーで PdM (プロダクトマネージャー)やってます。

自己紹介
Webディレクション業務を始めとし、インフォメーションアーキテクトとして定性 / 定量調査と設計業務に従事。Google アナリティクス 360 (エンタープライズの SaaS プロダクト)の販売代理店を行う新規事業を立ち上げ、解析基盤の構築や組織でのデータ活用方法と施策実行の両面を推進するコンサルタント / アナリストとして活動。その後はITベンチャー企業のディレクターとしてマッチングプラットフォームのプロダクト改善を、現在はプロダクトマネージャーとして新規事業の立ち上げと既存事業のグロースを担当。
ビジネス経験

新規事業:フリーランスに会社機能を提供する新サービスの立ち上げ

2018年4月 〜 2018年6月

プロデューサー・ディレクター 正社員 IT・通信・テクノロジー

受託会社の新規事業として Google アナリティクス 360 の販売代理店を立ち上げ

2012年4月 〜 2015年12月

コンサルタント 正社員 IT・通信・テクノロジー