外注BOOKとは

外部パートナーの発掘・共創による、新しい価値の創造

外部リソースの活用=アウトソーシングの歴史を紐解くと、1980年代のアメリカで起きた経営戦略の見直しー“量”から“質”への転換にあるといわれています。もともとはコストや人員の削減が目的ではなく、質や生産性の向上を目指した、効率的な経営手法の一手と捉えられていました。

近年ではイノベーション創出に向け、多様な立場の人たちと対話しながら価値を生み出す手法、“共創”(Co-Creation)が積極的に取り入れられています。効率的な経営を実現するために、社会的意義のある新しい価値を創造するために、外部委託先との共存が有効な選択肢となっているのです。

日本においては、コスト削減の手段として定着したきらいがある、いわゆる“外注”という選択肢。私たちはこの『外注BOOK』を通じて、質と生産性の向上/イノベーション創出に繋がる“外部パートナー”との共創を提案してまいります。最適な“外部パートナー”との出会いがあることを祈って。