求人原稿をプロのライターに作成代行!相場と発注時のポイント

求人原稿をプロのライターに作成代行!相場と発注時のポイント
採用候補者との最初の接点である求人広告のコピーや内容は、質のいい応募者を数多く集めるために大切です。 求人広告の原稿を採用担当者が作成するケースは多いと思いますが、なかなか思った候補者が集まらない...そんなときはプロのライターに求人原稿の作成を依頼するのがおすすめ。 この記事では、求人原稿をプロのライターに依頼した場合の相場と、発注時のポイントについてくわしくご紹介します。

母集団を獲得するための求人原稿とは?

求人原稿 とは
求める人物に出会うためには、面接候補者となる母集団形成が大切です。まずは母集団を形成するための「求人原稿を作成するポイント」についてみていきましょう。

求人原稿を作成するポイント

採用活動を成功させるカギは、候補者の母集団形成にあります。求める人物像にあてはまる候補者が自社の求人原稿を目にして「応募・面接」をしないことには、求める人物の採用はできません。

そのため求人原稿は「求める人物像に当てはまる候補者の目線に立ったもの」に仕上げる必要があります。

求人広告原稿を作成するポイントは、次の3つです。

      1.募集背景を明確に記載する
      2.求める人材の「MUST」「WANT」条件を明確にする
      3.「採用課題」「ターゲット」を総合的に勘案する

他にもこちらの記事で求人原稿の書き方のコツを紹介しています。

【1】募集背景を明確に記載する

求人の背景を明確に記載することで、候補者は採用のハードルの高低や、求人と自分のマッチ度を認識することができます。募集背景には主に次の3つがあります。

      1.欠員のための補充
      2.業績拡大のための増員
      3.長期的な組織形成のための新ポジション

「欠員のための補充」であれば、短期間で人員が必要な状態です。候補者は採用のハードルがあまり高くないことや、離職率が高いのではと考える可能性があります。
また、増員や組織形成のためであれば、その企業は業績好調で、厳選された候補者のなかから優秀な人が選ばれるということが想像できます。

このように募集背景の書き方によって、候補者はさまざまな想像をします。そのため求人について「どのような目的で何のための採用なのか」ということを、具体的に記載をする必要があります。

【2】求める人材の「MUST」「WANT」条件を明確にする

求める人材の「MUST(絶対必要)」「WANT(あると良い)」要件に分け、自社が求める人物像、すなわちターゲットを設定します。求める人材の要件が増えすぎるとフィットする人材に出会う確率は下がってしまいますので、用件は優先順位をつけましょう。
キャリア採用の場合、募集するポジションと同じ仕事をしている社員がいれば、その人をロールモデルとしてターゲティングしてもいいでしょう。

【3】「採用課題」「ターゲット」を総合的に勘案する

今回の募集背景である「採用的な課題」「ターゲット」を総合的に勘案して求人広告を作成していきます。

募集背景のほかにも、「知名度がなくて応募が少ない」「製品のイメージが強すぎて実際の社風が伝わらない」「国内企業と思われおりグローバル人材が集まりにくい」など、企業によってさまざまな課題があるでしょう。
これらの採用課題とターゲットを勘案しながら課題を払拭し、ターゲットにびひく求人原稿を作成していきます。

求人広告原稿は応募者側に立った目線が必要

母集団を増やし、ターゲットに魅力的な求人広告原稿にするためには、応募者側の目線で作成することが大切です。そのため求人原稿は第三者に立ち「客観的」な内容に仕上げていくことが必要です。しかし自社や自社の仕事について、自分では客観的に書いているつもりでも、第三者から見た場合「主観的」にみえてしまうこともあるでしょう。

客観的に自社や自社の仕事などの魅力を掘り下げた求人原稿を作成するためには、第三者に依頼する方法が有効です。知人や他部門のメンバーなどに依頼するという方法もありますが、手間や費用の面などを考えると気軽に依頼をしにくいもの。

プロのライターに依頼をすれば、客観性が高まるだけでなくマーケティングやターゲティングに基づいた高いライティングスキルで、ターゲットにとって魅力的な求人原稿に仕上がるでしょう。

求人原稿の作成代行サービスを利用してみよう

求人原稿 作成代行 サービス
ターゲットに魅力的な訴求ができる、プロのライターによる求人原稿の作成代行。その具体的なメリットについてみていきましょう。

求人原稿の作成代行とは?

求人原稿の作成代行とは、求人広告原稿を代行して作成するサービスのことです。求人原稿の作成代行サービスには、原稿作成から求人媒体へのアップロードまで総合的なサービスを担う会社もあれば、個人で原稿作成のみを請け負っているライターもいます。

求人内容や業務内容・待遇などを書いただけの求人原稿では、ターゲットとなる十分な候補者は集まりません。求めるターゲット層の候補者を増やすためには、マーケティング・ターゲティングの知見に基づき、その企業で働くことを魅力的に感じさせる求人原稿が必要です。求人原稿をプロに作成代行依頼することで、ターゲットに対して訴求力の高い内容に仕上げることができます。

求人原稿の作成代行依頼するメリット

求人原稿をプロに作成代行依頼をすることで、訴求力の高い求人原稿を作成することが可能ですが、それ以外にも4つのメリットがあります。

      1.PDCAによる改善・効果アップ
      2.求人原稿作成を学ぶことができる
      3.求人広告のトレンドなど、情報収集ができる
      4.他の業務に集中できる

1.PDCAによる改善・効果アップ

求人原稿作成の代行会社やライターはターゲットへの訴求について仮説を立てて原稿をまとめていきますが、一度納品したからと言ってそれで終わりではありません。求人原稿をある一定期間掲載する場合などには週ごとにキャッチや表現を変えるなど「どのような訴求が効果的なのか」ということについて検証をしています。

このようなPDCAサイクルを求人広告に組み込んでいくことで、ターゲットに対する訴求力を強めていくことができます

2.求人原稿作成を学ぶことができる

作成代行依頼をすることにより、プロの高いライティングスキルの文章や構成、またどのように企業や仕事内容の魅力を掘り下げていくのかなど、求人原稿作成のノウハウを学ぶことができます。魅力的な求人原稿作成方法をプロの原稿から学ぶことでできれば、ノウハウを活かして社内で作成することが可能になります。

3.求人広告のトレンドなど、情報収集ができる

求人原稿代行会社やライターは、企業の求人原稿を多数作成しています。そのため現状の応募者の様子や、同業界の採用活動・採用全体でのトレンド、応募者に人気の求人広告媒体など求人そのものや広告作成についての情報収集をすることができます。

4.他の業務に集中できる

求人原稿の作成代行を依頼することで物理的な時間ができ、その分ほかの業務に集中することができます

求人原稿の作成代行を依頼することで費用はかかりますが、訴求力の高い求人原稿を作成することができるだけでなく、採用マーケットの情報収集や物理的な時間が捻出できるなど、さまざまなメリットが得られます。

求人原稿の作成代行の費用相場

求人原稿 作成代行 費用相場
求人原稿の作成代行を利用するとさまざまなメリットが得られることがわかりましたが、費用感が気になる人も多いのではないでしょうか。求人原稿の作成代行を依頼するとどれくらいの費用感なのか、相場をチェックしてみましょう。

求人記事作成代行会社A社の場合

求人広告代行を手掛けるA社。無料媒体への求人広告出稿代行がセットになっています。また記事のアップや加筆・修正、審査の通過なども記事作成費用に含まれています。

  • 記事作成費用:300,000円
  • 応募ロイヤリティ(応募人数に応じて加算):3,300円/1人(10人の応募の場合:3,300円×10)
  • 拠点追加:4,000円/1拠点
  • 記事アップロード:代行会社が担当(記事作成費用に含む)
  • 記事の修正・加筆:代行会社が担当(記事作成費用に含む)

求人記事作成代行会社B社の場合

自社の求人媒体を運営するB社では、求人記事代行サービスのオプションを提供しています。このオプションはB社の採用媒体を利用する前提となり、専門の制作スタッフが企業を取材して求人記事を作成します。

  • 記事作成費用:50,000円
  • 記事アップロード:代行会社が担当(記事作成費用に含む)
  • 記事の修正・加筆:基本は依頼側が担当

クラウドソーシングを利用した求人記事作成代行の場合

2020年9月現在約9,000人のライターが登録している日本最大級のクラウドソーシングマッチングサイト、ランサーズ。ランサーズを通して実際に依頼があった求人原稿作成のプロジェクト費用をご紹介します。

【例1:求人原稿作成作成】

  • 記事作成費用:350円(1記事500文字)
  • 記事アップロード:基本は依頼側が担当
  • 記事の修正・加筆:個別相談により決定

【例2:介護業界求人原稿作成】

  • 記事作成費用:1,000円
  • 記事作成内容:キャッチ(50文字程度)、PR(250文字以上)、仕事内容:(100文字程度)、その他給与・待遇(150文字程度)、交通アクセス(50文字程度)
  • 記事アップロード:基本は依頼側が担当
  • 記事の修正・加筆:個別相談により決定

【例3:大手採用媒体用求人原稿作成】

  • 記事作成費用:2,000円
  • 記事作成内容:キャッチ(45文字以内)、リード(120文字以内)、仕事情報(見出しを除く全てで最大389文字以内)、仕事情報見出し(12文字)、合計(最大)566文字
  • 記事アップロード:基本は依頼側が担当
  • 記事の修正・加筆:個別相談により決定

フリーライターを利用した求人記事作成代行会社の場合

フリーのライターに求人原稿の作成代行を依頼する場合、相場感はおおよそ次の通りです。

種類 Web公開記事 雑誌記事
相場 500文字/1記事あたり:
1,000〜100,000円
1,000文字/1ページあたり:
10,000〜30,000円程度

フリーライターの場合定価はないことが多く、費用感は交渉次第。また業務が立て込んでいる場合には高額、またそうでないときには費用が安くなるなど、そのときの事情によって異なる場合もあります。

求人原稿の作成代行サービス選定のポイント

求人原稿 作成代行 選び方
このように求人原稿の作成代行サービスには、企業から個人までさまざま形態がありますが、どのようなポイントで選べばいいのでしょうか。

発注先を企業にするか個人にするか

まずは発注先を企業にするか、個人にするかを検討しましょう。一般的に企業へ依頼すると費用は高額ですが、求人媒体へのアップロードや求人媒体のマーケティングツールなどを利用したサービスなど、さまざまな付帯サービスまで含まれているというメリットがあります。

個人ライターの場合費用は比較的安価ですが、記事の方向性の説明など、記事作成のためのディレクションに手間がかかる可能性があります。またスキルに個人差があるため、いいライターに出会うまでに時間がかかってしまうこともあるでしょう。そのほか発注時の状況により、希望のスケジュールで受けてもらえない可能性もあります。

クラウドソーシングで個人に発注する場合、発注側から「予算」「仕事内容」「希望スケジュール」を提示することで、必要な依頼を予算内で発注しやすいというメリットがあります。なかには求人広告を得意としているランサーも在籍しており、求める原稿のレベル感や難易度によって、その都度条件に合うランサーを探すことができるのでおすすめです。

実績を確認する

求人原稿代行を検討する際には、実績を確認しましょう。
過去に作成した求人原稿を確認することで、発注予定先の力量がわかります。また可能であれば求人原稿を代行した結果、応募者数や採用数がどのように変わったのか、代行したことで得られた結果もヒアリングしましょう。

数社比較する

求人原稿代行に限ったことではありませんが、発注先検討の際には数社比較をしましょう。費用感だけに目が行きがちですが、「費用に含まれる作業範囲」「対応スピード」「質」など、さまざまなポイントで検討します。自社で必要な求人広告の代行範囲が「ライティングのみ」なのか「採用媒体のアップや年間を通したPCDAまで」など総合的な内容なのかを見極め、ニーズに合った代行サービスを選びましょう

窓口担当の相性

求人原稿の代行サービスでは、窓口担当者との相性も大切です。企業への代行依頼であれば基本的に依頼先の窓口担当者が採用・求人・求める人材などのヒアリングをおこない、ライティングなどの制作スタッフへ引継いで広告全体をディレクションします。個人ライターやランサーへ依頼する場合は、ヒアリング・ライティングを一人でこなす場合が多いでしょう。

効果的な求人原稿に仕上げるためには、ライティングのスキル同様ヒアリングスキルも重要です。実際の発注前に発注候補先の担当者と話をし、相性や対応の良さ、メールやチャットの返信スピードなどを確認しましょう。

求人原稿の作成代行依頼時のポイント

求人原稿 作成代行 ポイント
求人原稿の作成代行を実際に発注する場合のポイントについてみていきましょう。

メディア媒体の特徴・ターゲットを伝える

どんなメディア媒体へ出稿し、媒体・自社採用のメインのターゲットはぞれぞれどのような人物なのかを伝えます

求人メディア媒体には新卒用、第二新卒用、キャリア採用用、アルバイト・パート用などさまざま種類があり、それぞれ媒体を見にくる「媒体ターゲット」は異なります。求人メディア媒体のターゲットと自社の採用ターゲットを鑑みて、求人原稿のは最適な表現を検討する必要があります。

自社採用のターゲットについては具体的にはっきり伝えましょう。求人原稿の代行サービスは、プロとして広告上の「雇用機会均等法など表現的にNGな文言」を理解しています。そのため「20代後半の営業経験のある男性」などの希望を伝えたとしても、そのまま掲載されることはありません。

記事の目的を伝える

求人原稿の目的をしっかり伝えましょう
一概に「求人」と言えども、「何十人も幅広く募集する」「技術職などの特定人材を募集する」「欠員補充」「経営的なメンバー増員」など、求人記事を出稿する目的は異なります。

求人記事の目的とともに、「コアなメンバーにささればよいのでインパクトを」「幅広くエントリーしてもう目的なのでニュートラルに」など、求人記事に求められる役割も伝えておくといいでしょう。

文字数や文体の目安を伝える

項目ごとの文字数、「ですます」「である」調などの文体を伝えましょう。
PRしたい内容がいろいろあっても、ポイントや文章量が多いとターゲットに読んでもらえなくなってしまう可能性があります。

文字数は求人原稿を掲載するメディア媒体の規定を伝えれば、あとは代行側で適宜判断し、文量を調整してくれます。

納期を伝える

いつまでに必要なのか、納期をしっかり伝えましょう。納品前のチェック・修正過程も必要です。

中間チェック・修正期間を含めて納期に間に合うようにスケジューリングをします。新卒採用シーズンなど、求人原稿代行サービスが繁忙期に入る時期もあり、希望の納期では納品が困難なこともあります。納期には余裕を持ち、必要に応じて複数の求人代行サービスへ打診できる体制を整えておくといいでしょう。

追加費用範囲の確認

どこまでが初期費用の作業なのかを確認し、追加費用範囲を確認します
希望通りの原稿の仕上がらないといって、何度も修正を依頼すると追加費用対象となる可能性もあります。

思ったように原稿が仕上がらない場合、求人原稿代行サービスだけでなく、発注側にも問題があるケースもあります。きちんと仕上がりイメージが伝わっているか、必要な情報は支給しているかなどを確認しましょう。依頼時の情報・素材共有次第ではいい原稿に仕上がりにくくなってしまいます。

発注先によって何度も修正してくれるところもあれば、「2回まで」と回数制限がある場合もあります。また追加費用対象と思われる内容の作業でも、相談すれば快く無料で受けてもらえるケースもあります。

求人原稿を代行で作成することは、発注側と依頼先の二人三脚の作業です。いい原稿に仕上げるためにも、発注時のポイントを踏まえて依頼先へ相談しながら仕上げていきましょう。

求人原稿の作成代行費用の相場を知って、目的に合ったサービスを

求人原稿 作成代行 相場
求人広告を魅力的な内容に仕上げる求人原稿の代行作成は、求人原稿の効果アップだけでなく、求人広告についての学びや時間的な余裕が生まれることなどさまざまなメリットがあります。そんな求人原稿の作成代行サービス費用は、作業業範囲やサービス内容によって異なるため、自社に合ったサービスを選ぶことがポイントです。

費用やニーズなどを総合的に考えると、大規模案件から個人請負までさまざまなタイプのランサーが在籍しているクラウドソーシングがおすすめです。ランサーズには求人原稿の作成代行を扱うプロジェクトもこれまでに多数存在しており、求人広告に慣れたランサーが数多く登録しています。一度、気軽に相談してみるところから初めてはいかがでしょうか。