ドメインとは?意味から役割までわかりやすく丁寧に解説!

ドメインとは?意味から役割までわかりやすく丁寧に解説!
Webサイトを制作する際に、最初に当たる壁は『サーバー』と『ドメイン』です。 そこで今回は、ドメインについて基礎知識から役割まで、わかりやすくご紹介します。

ドメインの基礎知識について

ドメイン 基礎知識
まず、ドメインとはどういうものなのか、基礎知識から解説していきましょう。

ドメインとは?わかりやすく意味をご紹介!

ドメインとは、分かりやすく言い換えれば「インターネット上における住所」のようなものです。
同じ住所がないように、このドメインも同一のものは存在しません。世界でたった一つのものです。
「http://www.○○○○○.com」の下線の部分が、ドメインです。

独自ドメインとは?

独自ドメインとは、ユーザーが独自で好きなドメイン名を決めて、利用できるドメインのことです。
独自ドメインを取得する際は、お金がかかりますが、プロバイダやレンタルサーバーに依存しないため、サーバー移行の時に同じドメインで使い続けることができます。

ドメインの種類について

ドメイン 種類
ドメインについて、ある程度知っていただいたところで、次は、ドメインの種類についてご紹介いたします。
ドメインは、大きく分けて3種類あり、「分野別トップレベルドメイン(gTLD)」、「国コードトップレベルドメイン(ccTLD)」、「属性型JPドメイン名」です。
それぞれ、どのようなドメインなのか、具体的に説明していきましょう。

分野別トップレベルドメイン(gTLD)

分野別トップレベルドメイン(gTLD)は、世界の誰もが自由に取得できるドメインのことです。
例えば、
・.comは商業組織用
・.netはネットワーク用
・.infoは制限なし
・.orgは非営利組織用
といったような意味がそれぞれにあります。
自身がどのようなサイトを作るのかで使用するべきドメインが変わってきますので、しっかりと目的を今一度見直して独自ドメインの取得を行いましょう!

国コードトップレベルドメイン(ccTLD)

国コードトップレベルドメイン(ccTLD)は、各国・地域ごとに割り当てられたドメインのことです。そのため、基本的にその国や地域に住んでいないと取得できません。
日本であれば、「.jp」が取得できます。

属性型JPドメイン名

属性型JPドメイン名は、「.jp」ドメインの前に、文字列(セカンドレベルドメイン)という指定文字が入り、取得可能なドメインが限定されるドメインのことです。
例を挙げると、
・.co.jpは会社向け
・.ne.jpはネットワークサービス向け
・.or.jpは会社以外の団体向け
といった意味を持ちます。

ドメインを取得する3つのメリットをご紹介!

ドメイン メリット
サイトを公開する際は、ドメインは欠かせないものです。ですが、ドメインを取得するメリットは本当にあるのでしょうか。
そこでこの項目では、ドメインを取得するメリットをいくつか解説していきます。

URLを任意の文字列にすることができる

1つ目のメリットは、URLを好きな文字列にすることができること

です。好きな文字列を決めて、ドメインを取得することができれば、唯一無二のため、完全にオリジナルなドメインを持つことができます。
また、世界で1つしかないドメインを使ってサイトを運営すると、サイトの信頼性がアップする可能性が高くなります。

サーバー移行でドメインを変更することがない

自分で設定したドメインの場合、レンラルサーバー業者から提供されているドメインではないので、サーバー移行のときに、ドメインを変更せずに、サーバー移行することができます。
同じドメインを使って、サーバー移行が可能となるのです。

メールアドレスの@以降を任意の文字列にできる

URLと同様に、メールアドレスの@以降の文字列もドメインにすることが可能です。
フリーメールではなく、独自ドメインによるメールアドレスで格段に見栄えが良くなるため、ビジネスとしてWebサイト運営などを行う際は独自ドメインの取得は必須とも言えます。

ドメイン取得やサイト制作が難しい!外注するのならどこ?

ドメイン取得 外注
ドメイン取得をする際は、住所を管理するサーバー(土地)も契約しなければなりません。
ですが、この契約は少しややこしいです。そのため、ドメイン取得が難しいと感じる方も多いかと思います。

そんな時は、Web制作会社への依頼やプロの方へ外注するのがおすすめです。

Web制作会社に1から10まで依頼!

Web制作会社は、サイト制作・デザイン制作・記事作成・SEO対策・ドメイン取得など、サイトを作る1から10までのことを仕事としています。
なので、ドメイン取得が難しくてもWeb制作会社に依頼すれば、すぐに対応してくれるでしょう。

ですが、個人的にドメインを取得するよりも、お金がかかってしまうのが難点かと思います。個人で取得できれば、ドメイン1つで、年間数百円~5000円のところが、Web制作会社に依頼すると月額2000~3000円ほどかかるでしょう。

金銭的に余裕があり、素早い対応が必要な方は、Web制作会社への依頼がおすすめです。

クラウドソーシングで実績が可視化されているプロに依頼!

クラウドソーシングには、Web制作を仕事にしているプロが多数在籍

しています。しかも、実績が可視化されているため、信頼度も高いです。

また、個人との契約となるので、個人でドメインを取得する料金とほぼ同じくらいの値段で外注することができます。
さらに、仕事としての質が高いため、クライアント様の要望にもしっかり対応してくれます。

ランサーズでドメイン取得からWebサイト設計までプロに依頼しよう!

今回は、ドメインについて、解説してきました。

ドメインの意味や役割について、知っていただけたかと思いますが、実際に取得するのが難しいという方は少なからずいるでしょう。

その際は、ランサーズでドメイン取得からWebサイト設計まで依頼してみるといいかと思います。ランサーズには、Web制作を得意とする方やフロントエンジニア、サーバーエンジニアなど、多数の優れたプロが揃っているのでおすすめです。

以上で、ドメインについてお伝えしました。