CMSとは?基本から人気あるCMSまで丁寧に解説!

CMSとは?基本から人気あるCMSまで丁寧に解説!
現在、多くのサイトで採用されるCMSは、サイト制作の専門知識を持たない人にとって救世主のような存在です。 CMSについて知識を深めたい。 企業としてCMSを活用する方法を知りたい。 そんなあなたのために、CMSとはどのようなものか基本から応用まで丁寧に解説していきます。 人気のあるCMSについても触れるため、導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

CMSとは?知っておきたい基礎知識!

CMSとは 基礎知識
CMSとはどのようなものなのか。
自分たちにも扱えるものなのか。
そんな疑問や不安を解消するため、CMSの基礎知識や機能、使用するメリットなど丁寧に解説します。
CMSについて知ることで、ウェブサイト制作の可能性が広がるでしょう。

CMSとは?

CMSとはHTMLやCSSなど専門の知識なしに、ウェブサイトを制作できるコンテンツ管理システムのことです。
コンテンツマネージメントシステム(Contents Management System)の頭文字を取って、CMSと呼ばれています。
CMSが普及するまでは、HTMLやCSSなどの専門知識が無ければウェブサイト制作は困難でした。
CMSが出てきたことにより、ウェブサイト制作のハードルは大きく下がったでしょう。

CMSにはどのような機能が備わっているのか

CMSはウェブサイトの制作をするうえで、専門知識が必要な領域を制御する機能が備わっています。
そのため、運営者はテキストや画像などの情報を入力するだけで、サイトを作りあげ、更新することができるのです。

CMSを使用するメリットを紹介!

CMSをウェブサイトの制作に使用するメリットは、専門知識が必要ないほかにも多くのメリットがあります。
CMSを使用するメリットを知ることで、ウェブサイト制作の方向性を決めやすくなるでしょう。
主なメリットを3つご紹介します。

1.サイト全体を統一させやすい

CMSのテンプレートなど決まった枠組みを活用することで、サイトに統一感を出せるのです。
きれいに整ったサイトは顧客が閲覧しやすく、必要な情報を探しやすくなります。
顧客のニーズに応えられるサイトは、顧客に良い印象を与えるでしょう。

2.テーマやデザインが豊富に揃っている

CMSに対応したテーマやデザインが豊富に用意されているため、プログラミング言語を一切知らなくても、簡単に理想のデザインのウェブサイトを作ることができます

3.複数人で分業して管理できる

CMSを使用することで、ノンプログラマーでもページを作ることが出来ます。
これにより、作業分担ができるので、エンジニアの工数を削減することができます。

以上3つのメリットを紹介してきました。しかし、CMSは世の中にいくつもあります。そのため選ぶ際に迷うこともあるでしょう。
そこで、CMSの選び方について紹介する記事もあるので一度確認してみましょう。

企業がCMSを活用するための基本から応用の知識

CMS 基礎 応用
ウェブサイト制作にCMSを導入している企業は多くあります。
CMSを活用し他の企業に引けを取らないウェブサイトを作り上げましょう。
企業がCMSを活用するための基本から応用の知識までやさしくご紹介します。

CMSの導入状況はどのくらいか

2018年11月時点では、世界で54.5%のウェブサイトがCMSを採用しています。
半数以上もの世界のウェブサイトがCMSを採用しているのは、CMSのメリットを考えると頷けるでしょう。

CMSを活用してどのようなことができるか

企業のCMSはオウンドディアやECサイト、企業ホームページなどに活用していけます。CMSなら大きな規模のサイトであっても統一感を持たせられるため、顧客に好まれやすいサイトに仕上げられるのです。

CMSを導入する前に、目的や用途を明確にしておきましょう。
目的や用途によりスマートフォン対応のCMSにするのか、SNS連携もさせるのかなど、方向性が変わってきます。

また、必要なプラグインやアドオンの選択にも影響するため、目的・用途は明確にしましょう。
明確になっていれば、狙ったユーザーへのアプローチに適したサイト制作が行えます。

大きな規模のサイトを運用する場合はサーバー選びに気をつけましょう。
大容量で安定したサーバーでなければ、サイトに閲覧制限がかかってしまうこともあります。
機会損失を起こさないためにも、サーバー選びはよく吟味することをおすすめします。

関連:CMS構築の費用相場

普及しているCMSはどれ?人気CMSを3つご紹介!

CMS 人気
世界や日本で普及しているCMSにはどのようなものがあるか気になりますよね?
どのCMSを選べば良いかわからないあなたのために、人気のCMSを3つご紹介します。
それぞれのCMSの特徴を知ることで、目的や用途に合うCMSを選択できるでしょう。

人気のあるCMS 1. WordPress

WordPress(ワードプレス)はWeb上のサイトのうち、30%以上が採用しており、CMSのなかで最も高いシェア率を誇っています。
また、wordpressはSEOにも強いと言われているCMSと言われています。
個人ブログから企業サイト、ホームページなど幅広い用途に活用可能なうえ、オープンソースで、45,000以上もの豊富なプラグインがあることも魅力です。

関連:WordPressが選ばれる理由

人気のあるCMS 2. Movable Type

Movable Type(ムーバブルタイプ)は日本企業が提供している商用CMSです。
階層構造が明確で、日本人向けの非常に扱いやすいCMSとなっています。
また、日本語によるサポートを受けられるため、安心して利用できます。

人気のあるCMS 3. NOREN

NORENは老舗ソフトウェア専門商社のアシストが提供するCMSです。
自社サイト運営に使用する企業が多数を占めており、使いやすさやコスト・パフォーマンスに優れています。
NORENは静的CMSと動的CMSの機能どちらも有していることが特徴です。
タイムラグのほとんどないオンタイム公開ができ、ユーザーに最適化されたページを表示することができます。

サイト設計からCMSの導入までお任せするのならクラウドソーシングでプロに外注!

CMSの扱いが容易であっても、サイト設計やCMS導入は専門知識が必要となります。
クラウドソーシングでプロに外注することで、専門分野の運用はカバーできるでしょう。

クラウドソーシングでサイト構築のプロに外注しよう!

クラウドソーシングには多くのプロのSEが集結しています。
専門知識の必要なサイト構築を外注することにより、企業の手間や負担が軽減されるでしょう。

おすすめのクラウドソーシングは?

ランサーズには経験豊富なSEが多数在籍しています。
企業の悩みや希望を親身になって聞いてくれるでしょう。
サイト構築やCMS導入の外注をしたいなら、ランサーズで外注してみてはいかがでしょうか。