ナレーション原稿の注意点とは?書き方のコツ5つ!

ナレーション原稿の注意点とは?書き方のコツ5つ!
ナレーション原稿を書く際の注意点や、書き方のコツをご紹介します。ナレーション原稿は難しいという声は多く聞かれます。書き方はや重視するポイントは利用用途によって異なるため、難しく考えすぎてしまい原稿が全く進まなくなる人も多いでしょう。そこで今回は、ナレーション原稿の注意点を用途別にご紹介し、原稿が書きやすくなる書き方のコツをご紹介します。また、プロに依頼する際の依頼方法や注意点もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【用途別】ナレーション原稿の注意点

ナレーション 原稿 注意点
何に使うナレーションなのかによって、原稿を書く際の注意点は異なりますので、用途別にみていきましょう。

動画ナレーションの場合

動画に入れるナレーションの場合、「伝わりやすさ」を意識すると良いでしょう。
まずは、動画の尺の長さを考慮し、動画の尺に収まるようにボリュームを決め、原稿を書いていきます。

原稿の中身は、動画の内容を詳しく説明しようとすると、伝わりにくいナレーションになってしまいますので注意が必要です。
動画ナレーションは、あくまで動画の中身以上の情報を盛り込む役割を担っています。
そのため、動画の内容を2重で説明する必要はなく、動画内で伝えたい情報を補完するイメージを持ってください。

ナレーション原稿だけを読んでみて、それだけで内容が分かる原稿は良い原稿ではありません
逆に、ナレーション原稿だけではあなり内容が分からない原稿は、無駄な説明が省かれた補完の役割ができているナレーション原稿と言えます。

パワーポイント等の場合

展示会などで表示させるパワーポイント等のナレーションの場合は、「聞きやすさ」を意識すると良いでしょう。
紹介するものによってはちょっと難しい言葉を使った方が魅力的に感じる場合もあります。しかし、難しい言葉を並べてしまうと、聞きにくくなってしまうので注意が必要です。

また、尺が長い原稿は聞き手を飽きさせてしまう傾向にあります。
そのため、なるべく棒読みにならないよう、感情を込めた内容を入れたり、たまにインパクトのある言葉を入れたりして、変化をつけると良いでしょう。

それでも、なんとなく単調に聞こえてしまう場合は、文末をチェックしてみてください。文末で同じ終わり方が続くと、棒読みに聞こえがちです。
~です。~ます。~でしょう。など、なるべく同じ文末にならないように調整してみてください。

宣伝等の場合

宣伝カーや、店頭PRなどのナレーションの場合は、「インパクト」を意識しましょう。主に、生活の中で流れているナレーションは、人は聞く気がありません。
そのため、聞いていないことを前提に、まずは人を惹き付けるような印象的な言葉を入れてみましょう。

伝えたいことを、長く、難しく話してみても、聞いてもらえないのでは意味がありません。
重要なことが伝わるよう、できるだけ短く、簡単な言葉で作成してみてください。

ナレーション原稿の書き方のコツ

ナレーション原稿 書き方 コツ
いざナレーション原稿を書こうとしたら、「出だしですぐに手が止まってしまった。」なんて人も多いでしょう。

文章は考えれば考える程、何を書いていいか分からなくなるものです。
そこでこちらでは、ナレーション原稿を書く際に役立つコツを5つご紹介いたします。

簡単な言葉に置き換える

複数→いくつか
読む際→読む時
難解な→分かりにくい
など、簡単な言葉に置き換えた方が、聞きやすくなります

例文を読んでみましょう。

難「桃の中から健康な男児が出現し、老父と老婆は驚愕し唖然としました。」

簡「桃の中から元気な男の子が出てきました。おじいさんと、おばあさんはとても驚き言葉が出ませんでした。」

始めの難しい文章の方がコンパクトにまとまっていて、文章としてはキレイな感じがします。

しかし、2つ目の簡単な言葉を使った文章の方が、聞きやすいはずです。
このように、ナレーション原稿はできるだけ簡単な言葉を使った方が、聞き手に伝わりやすくなります

1文を短くする

1つの文があまりに長々としていると、頭に内容がスムーズに入ってきません
耳で聞いている文章は特に、長々とした文よりも、短く切りながら進む文の方が分かりやすいです。

文を目で読んでいる場合は、自分のペースで、分からないときは読み返しながら、読み進めることができます。
しかし、ナレーションを耳で聞いている場合は、ナレーターの読む速さでどんどん進んでいってしまうため、伝わりにくい傾という向にあります。

例文を読んでみましょう。

長「台風12号は本日の明け方頃に九州に上陸し非常にゆっくりとした速度で進んでいるため、被害が大きくなると予想され今後も警戒レベルが引き上げられる地域は増えてくるでしょう。」

短「台風12号は本日の明け方頃に九州に上陸しました。
非常にゆっくりとした速度で進んでいるため、被害が大きくなると予想されます。
今後も警戒レベルが引き上げられる地域は増えてくるでしょう。」

始めの文のように、1文が長い文章は耳で聞いたものを頭で整理する時間がありません。
一方で後の文のように、短い文で一拍置くと頭で整理する時間が生まれ、スムーズに内容が入ってきやすいのです。

指示語をできるだけ少なくする

「アレ」「コレ」「ソレ」などと指されると、
できるだけ指示語は使わないようにし、丁寧で親切な文章になるように心掛けましょう

声に出して読んでみる

目で読んでいるだけでは気付けないことも多いです。
文を声に出して読んでみることで、回しくどかったり、同じ文末が続いたりなど、直した方がいいところに気付くことができます。

また、自分だけではなく複数の人に読んでもらうことも重要です。
他人にしか気付けないことも多くあります。

映像では分からない情報を入れる

動画に入れるナレーションの場合は、動画で分かる情報ではなく違う視点の情報を入れることを意識しましょう。

動画を見ているだけでは分からない情報をナレーションで伝えることで、より多くの情報を伝えることができます。
動画にナレーションを入れて補完するイメージを持つと、良いナレーション原稿が書けます。

とはいえ難しい!ナレーション原稿はプロに依頼がおすすめ

ナレーション原稿 依頼 おすすめ

依頼方法1:まるっと全てお任せ!

タイトルやキーワード、盛り込みたい内容や尺など、大切なことのみを伝えたら後はまるっとお任せする依頼方法です。
ライターは伝えられた内容を元に、詳しくリサーチし、代行して用途に合ったナレーション原稿を書き上げます。

全て任せられるので楽ですが、代行してもらうライター選びには注意が必要です。
ライターによってはリサーチ不足で信用性のない内容であったり、経験不足で伝わりにくい原稿になってしまう/span>こともあります<ので、経験豊富なライターに依頼することをおすすめします。

依頼方法2:リライト(書き直し)をお任せ!

自分で書いた原稿を、ナレーション原稿用に読みやすく聞きやすいものにリライトしてもらう依頼方法です。
元は自分で書いた原稿ですので気持ちが伝わるナレーション原稿になりますが、こちらもライター選びには注意が必要です。

やはり経験不足なライターに依頼してしますと、リライトしてもらったら逆におかしな原稿になってしまったり、削り過ぎて大切なことが伝わらない原稿になってしまうことがあります。
リライト(書き直し)の際も、経験豊富なライターさんに依頼するのがおすすめです。

依頼方法3:チェックをお任せ!

自分で書いた原稿の誤字や脱字、正しい日本語などをチェックしてもらう、又はライターが書いたものをチェックしてもらう依頼方法です。

依頼内容によっては、細かなところまでリサーチし、内容の信用性までチェックしてくれますので、専門家が集まる場で利用するナレーション原稿などにもおすすめの依頼方法です。
せっかくチェックをお願いするのですから、完璧に仕上げてくれるプロのチェッカーにお願いしましょう。

関連:ナレーションの費用相場

ナレーション原稿のライター探しはランサーズがおすすめ!

ナレーション原稿 ライター おすすめ
一言でナレーション原稿と言っても、利用用途は様々で書き方も異なります。
それぞれの注意点やコツを知っておくことで、ナレーション原稿は今よりもずっと書きやすくなるでしょう。

とは言っても、ナレーション原稿を書くのはやはり難しいので、プロの手を借りるのもおすすめです。

ランサーズなら、経験豊富なライターやチェッカーが揃っています。
実際に依頼した人からの評価や、経験年数などをみることもできますので、ランサーズでパートナーを探してみてはいかがでしょうか。