おすすめの記事制作外注先とは?依頼先別の費用相場も解説!

おすすめの記事制作外注先とは?依頼先別の費用相場も解説!
コンテンツマーケティングを進めていくうえで欠かせないのが、記事制作。ユーザーのために良質な記事を制作したいと思っても、自社で品質を安定させながら数を作っていくのは難しいものです。 そんな記事制作を外注しようと思っても、どこにお願いすればいいのか、費用はいくらくらいかかるのか。分からないことがたくさんあって、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 今回は記事制作の外注を検討している方のために、外注する上でのメリットやデメリット、おすすめの外注先、費用の相場、依頼する流れについて詳しくご紹介します。

記事制作を外注するメリットとデメリット

記事制作 外注 メリット・デメリット
記事制作の外注には、メリットとデメリットがあります。依頼する前に押さえておきたい記事制作の外注のメリットとデメリットを解説しますので、参考にしてみてください。

メリット

1.短時間で大量の記事が制作可能

社内で記事を大量に制作しようとしても、時間や手間がかかり、社員の負担は図り知れません。ですが記事制作を外注することで社員に負担をかけず、大量の記事を作れます。

Webサイトの評価は記事の品質だけでなく、コンテンツの網羅性も評価されるもの。記事制作を外注し数を増やして網羅性を高めると検索エンジンからの評価も上がるでしょう。

2.他の業務に集中できる

社員だけで記事制作をしようとすると、内容やボリュームによっては時間が掛かってしまい、他の業務に支障をきたしてしまいます。

記事制作を外注することで、社員は他の業務に集中することが可能に。メディア運営や戦略、CVRの改善、記事の企画など、流部分の業務にリソースを集中させられます。

3.記事の品質維持ができる

専門性の高い記事は社員が担当することで、内容を充実させられます。ですが一定期間、品質を保ったままコンスタントに記事を制作し続けるのは難しいものです。

記事制作のプロに外注することで、品質を一定以上保ちながら、継続して記事を作り続けられます。記事の品質を維持することで、集客効果の高いサイトを運営し続けられるでしょう。

4.社内にないノウハウや経験が活かせる

自社の社員に記事執筆の経験やSEOに関する知見がなくとも、外注することで社内にないノウハウや経験を記事に活かせます。

記事制作を外注すれば社員を記事執筆のために1から育てる必要がなく、読まれる記事をスピーディーに制作できるのもメリットです。

デメリット

1.コストが掛かる

記事制作の外注は内製と異なり、コストがかかります。執筆する内容や依頼する制作会社・ライターによっては、コストがさらに高くなることも

特にクオリティの高い記事を制作したり、数百本必要だったりする場合などは、それなりの予算が必要となります。

コストに関しては調整してもらえる外注先や、適切な価格でお願いできるクラウドソーシングを利用することで、ある程度のカバーが可能です。

2.マニュアル作成が大変

記事を制作する際は、品質を一定に保つためにマニュアルを作成する必要があります。外注先のためのマニュアル作りは時間や負担がかかり、大変なものです

ですがマニュアルは一度作れば手直しをしつつ、ずっと使えるもの。記事の品質も維持できるため、マニュアル作りは初動のみ手間がかかるものの、長い目で見れば得られるメリットの方が大きいといえるでしょう

記事制作の外注先のおすすめは?

記事制作 外注 おすすめ
記事制作を外注する際、どこに依頼すればいいのか悩むものです。そこで記事制作の外注を検討している方のために、おすすめの依頼先をご紹介します。

記事制作を会社(業者)に依頼する

記事制作の外注先の選択肢の一つが、会社(業者)に依頼する方法。担当ディレクターが進行管理や品質管理なども対応してくれるため、やり取りは最小限に抑えつつ記事を制作してもらえます。

会社の中にはキーワードの抽出や構成などをやってくれるところもあり、丸投げも可能です。

依頼先によってはSEOを理解しているところやライティング力が高いところもありますが、クオリティが高くなる分料金が割高になることも。また業者によってSEOのノウハウがまちまちであったり、記事の内容にズレが生じたりこともあるため、しっかり見極めないと出費がかさむばかりになってしまうので注意が必要です。

おすすめサービス1:記事制作代行屋

高品質・高継続率を誇るのが記事制作代行屋です。狭き門を通過した厳選ライターが記事を手掛けるため、クオリティにこだわりたい方におすすめのサービス。

キーワードの抽出や校正、編集者のディレクションなどまで丸投げできるため、負担をかけずに記事制作ができます。

作成した記事は専用ツールや人とのWチェック、社内スタッフの校正作業を経てから納品されるため、クオリティも担保。結果の出る記事制作が可能です。

おすすめサービス2:株式会社YOSCA

株式会社YOSCAでは、7,000名を超えるライターの中から要望に合わせた方を選んで、記事執筆を行っています。

制作する記事は、専門性と読み応えを兼ね備えたものから、価格や素早さを重視したものまであるのが特徴。豊富なオプションや幅広い対応ジャンルにより、記事制作を柔軟にお願いできます。

おすすめサービス3:ランサーズアウトソーシング

ランサーズアウトソーシングでは、ランサーズ専任のディレクターに一括委託することで、記事制作も可能です。

実績や信頼のあるフリーランスを優先的に活用し、SEOライティングや取材など幅広い記事制作に対応。短納期や記事の大量制作など、ニーズに合わせた体制構築も行ってくれます。

個人に依頼するよりも費用は上がるものの、記事代行の会社に依頼するよりも適切な価格でお願いできるのもメリットです。

記事制作を個人(フリーランス)に依頼する

会社に依頼する以外にも、個人(フリーランス)のライターに記事制作をお願いするのも選択肢の一つ。クラウドソーシングならばライターを確保しやすく、適切な価格で依頼できます。

ライターにお願いする際は、自分で依頼先を探したり、管理や校正チェックを行ったりする手間も必要なので注意しましょう。費用はかさむものの、記事制作の管理や記事のチェックなどもフリーランスの方にお任せすることで、社内の負担の軽減も可能です。

ライターに記事制作を依頼する場合のメリットは、直接フィードバックができる点にもあります。フィードバックによりライターを育てることで、自社の製品・サービスを十分理解した上でクオリティの高い記事を執筆してもらえるでしょう。

記事制作の費用相場

記事制作 費用相場
記事制作を外注する際、気になるのが費用です。会社や個人にお願いする際はいくらくらいかかるのでしょうか。

外注費用が気になる方のために、会社(業者)と個人(フリーランス)の方の費用相場をまとめてみました。

会社(業者)の費用相場

記事制作の費用は「1文字あたり〇円」「1記事〇〇円」という数え方をします。

相場に関しては会社によって費用が異なるため、一概にいくらというのは言えません。
今回ご紹介した2社の費用は、次の通り。

  • 記事制作代行屋:6.5円/1文字
  • 株式会社YOSCA:5円/1文字~

会社によっては1文字1円以下で受けてくれるところもあります。費用は記事の文字数が多くなったり、構成案を作ってもらったりなどオプションを付け加えたりする場合は増えていくということも覚えておきましょう。

記事に高い品質を求めたり、専門知識が必要だったりする場合は、ご紹介した2社のように1文字当たりの単価が高いところに依頼するのも選択肢の一つです。

個人(フリーランス)の費用相場

種類 費用
ブログ記事やコラム記事 1文字あたり0.8円から5円を超えるものまであり。
取材記事 1記事あたり15,000円から50,000円くらい

個人(フリーランス)に記事制作を依頼する費用相場は、上記の通りです。

内容が専門的なものであったり、取材や撮影など専門的なスキルが必要だったりする場合は費用が高くなる傾向にあります。

関連:【種類別】記事の費用相場

記事制作を依頼する際の流れ

記事制作 依頼 流れ
記事制作を依頼するなら、流れを把握しておくとスムーズに外注先とのやり取りが可能です。記事制作の流れをご紹介しますので、あらかじめチェックしておきましょう。

1.外注先と打ち合わせ

最初は外注先と打ち合わせを行います。

  • 紹介する商品やサービスの特徴・魅力
  • 入れて欲しい内容
  • 記事を制作することの目的や目標、期待する効果
  • 本数や記事の方向性
  • 現状の課題や今後の展望
  • ペルソナ(ユーザー像)やキーワード
  • 記事修正の対応回数の上限

上記の内容について、外注先と丁寧に打ち合わせをしましょう。

特にSEOを意識した記事を作成する場合は、ペルソナとキーワードも打ち合わせの段階で話し合っておくことが重要です。明確なペルソナやキーワードがないと、ニーズの合わない記事や方向性を見失った記事を作成してしまい、SEOの効果が期待できません。

2.企画や骨子を作成

打ち合わせに内容を元に、企画や骨子を作成していきます。企画や骨子は外注先に作成してもらうのか、自分たちで作成するのかも前もって決めておきましょう。

記事作成に入る前に、記事のコンセプトやレギュレーションについても話し合う必要があります。

3.記事作成

企画や骨子に問題がなければ、外注先が記事制作を開始します。記事は内容やボリューム、本数によって時間を要する場合があるため、特に大量に記事制作を依頼する際は余裕をもって外注するのがおすすめです。

4.初稿の納品と記事の確認

記事の初稿が納品されたら、誤字脱字がないか、文章に違和感がないかなどをしっかりとチェックしましょう。間違いのまま掲載してしまうと、ユーザーの信用を失います。

外注先によっては確認まで行ってくれるところもありますが、万全を期して社内でのチェック体制も整えておきましょう。最終的に自分たちで確認することで記事の方向性があっているのか、間違いはないかチェックしておくとミスが減らせます。

5.記事の修正

もし修正箇所があった場合は、修正を依頼しましょう。記事の修正は外注先のミスなどであれば無料で行ってくれますが、依頼側で修正して欲しい箇所の対応は有料となる場合もあります
全体的な修正など、大幅な修正は別途費用がかかることも覚えておきましょう。

6.納品

記事に問題なかったり、修正箇所がOKだったりした場合は無事納品です。自分たちで記事を公開する場合は、納品された記事をアップロードしましょう。

記事制作を依頼する際の注意点

記事制作 依頼 注意点
記事制作を依頼する上で、さまざまな注意点があります。注意点も踏まえた上で記事制作を依頼すれば、ミスもなく高品質の記事を納品してもらえるでしょう。

依頼する前に押さえておきたい注意点について、詳しく解説します。

実績や得意ジャンルなどをチェックする

記事制作を依頼する際は、あらかじめ外注先の実績や得意ジャンルをチェックしておきましょう

過去の実績や得意ジャンルが自社の製品・サービスと同じであれば、記事制作をスムーズに行ってもらえる上、品質に関しても期待できるでしょう。特に得意分野であるか否かは大事なポイント。自社の製品やサービスに対して相応の知識があれば、読み応えや独自性のある記事の作成が可能です。

過去に制作した記事が読めるなら、そちらの確認も行いましょう。過去記事を確認しておけば成果物のイメージもしやすくなり、ミスマッチにより修正の負担が増えることも避けられます。

自社の製品やサービスについてしっかり共有する

執筆の前には、外注先にしっかり自社の製品・サービスに関しての情報を丁寧に伝え、理解してもらうことも大事です。

記事内で取り上げる製品やサービスに対しての知識や認識が曖昧のままでは、内容の薄い記事や誤った情報が記事に盛り込まれてしまうことも。外注先としても、あらかじめ製品やサービスに対して情報を共有してもらえれば執筆がしやすく、内容も充実させられます。

記事の品質を維持するためにも、自社の製品やサービスの情報共有は怠らないようにしましょう

SEOに関して知識があるかもチェック

記事制作の外注先は、Google検索で上位表示ができるようSEOに関しての知識がしっかりあるか、チェックしましょう

依頼先をある程度絞ったら、過去に制作した記事のURLと共に、どのキーワードによってGoogle検索何位に表示されたのかを確認します。

過去記事を確認する際、SEOの知識がしっかりあるかどうかチェックするために、記事構成にも着目しましょう。

確認すべき項目は次の通りです。

  • キーワードをタイトルや見出し、本文に違和感なく含めている
  • 記事の構成が「見出し→本文→見出し→本文」となっている

キーワードが入っていても、不自然だとかえって逆効果になるもの。また構成はしっかりできていないと読みにくくなるばかりか、検索順位が上がりにくいとされています。

記事制作を外注して良質な記事をたくさん作ろう!

社内で品質を保ちながら記事を作り続けるのは大変ですが、記事制作を外注すれば安定的にまとまった本数が作れます。

記事制作の外注先は業者やフリーランスの方が登録する、クラウドソーシングを利用すると便利です。ランサーズなら記事制作が行えるライターが多数在籍しており、外注先の選択肢の一つとなるでしょう。

記事制作を外注して社内に負担をかけず、読み応えのある良質な記事をたくさん作り、読者からの評価を得てみませんか。