マンガ制作の費用相場は?おすすめ依頼先や制作メリットを紹介

マンガ制作の費用相場は?おすすめ依頼先や制作メリットを紹介
マンガ製作をして様々なシーンで活用する企業が増えてきており、テレビCMや広告など、生活の中でもマンガを目にすることが増えてきました。そこで今回は、マンガ制作の費用相場について依頼先ごとに調べました。また、利用シーンや、メリット、制作の流れなどについてもご紹介し、気をつけてほしい注意点とおすすめの依頼方法をご紹介致します。是非、参考にしてみてください。

広告マンガ制作のメリットとは?おすすめの利用シーン

万gな制作のメリット
広告マンガのおすすめの利用方法は、

  • LP(ランディングページ)
  • チラシ
  • パンフレットやカタログ
  • Youtube

以上の4つです。
一つずつメリットやどんな時に使うといいのか解説していきます。

マンガ制作1:LP

LP(ランティングページ)とは本来、検索やWeb広告などを経由して最初に訪問(着地する=Landing)するページを指します。
しかしWeb広告では主に、お問い合わせや、購入などの商品やサービスを紹介するページをLPと呼ぶことが多いです。

メリット

LPはホームページよりも特定の顧客に最適化しやすいので、顧客が必要としている情報をマンガ化することでより効果的なLPとなります。
ホームページは多くのユーザを集めやすいですが、そのユーザの訪問目的は様々で、売上に繋がる訪問者は限られています。

その点LPは、売上に繋がりやすいユーザを集め、そのユーザが必要とする情報のみを1ページに集約しています。
そこで、LPに訪問した顧客が知りたい情報をマンガ化して載せておくのです。
そうすることで、分かりやすく、且つ、飽きさせることなく情報を伝えることができ、売上へ繋がる効果があります

おすすめの利用シーン

WEB広告

マンガ制作2:チラシ

メリット

より多くの人の目に留まる効果があります。
チラシは多くのものに紛れてしまうことが多く、手に取ってもらうことも難しい中で、内容に目を向けてもらうには「パッ」っとする何かが必要です。

そこでチラシにマンガを入れることで、目を引く効果があり、目に留まれば何気なく読んでしまう人も多いでしょう。
また、商品やサービズに全く興味がないユーザーにも知ってもらう機会となり、マンガが入ることでチラシの宣伝効果がアップする傾向にあります。

おすすめの利用シーン

・折り込み
・配布
・設置

マンガ制作3:パンフレットやカタログ

メリット

長い文章が苦手な人にも見てもらいやすいでしょう。
パンフレットは数ページに及ぶものが多く、文章ばかりが並んでいると読む気になれないという人も多いでしょう。

そこでパンフレットにマンガを入れることで、パラパラとめくっただけでも目に留まりやすく、多くの人に見てもらいやすくなるでしょう。
また、文章だけで説明されるよりも、マンガをみることで印象に残りやすいという効果もあります。

おすすめの利用シーン

・ポスティング
・配布
・設置

マンガ制作4:YouTube

最近は自社のYouTubeチャンネルを持つ企業が増えてきました。
「どんな動画を投稿したらいいのか分からない」という企業にも、マンガ動画はおすすめです。

メリット

最適なユーザーに情報を届けやすく、多くの人に知ってもらうことができるでしょう。
最近は、新聞やテレビよりもYouTubeを見ているという人も多いので、YouTubeで宣伝することは効果的と言えます。

また、投稿するための費用は無料であることから、手軽に利用できることも魅力のひとつです。
更にYouTubeは、ユーザーにおすすめの動画を紹介する機能が付いていますので、自社の商品やサービズに興味がありそうなユーザーに情報を届けることができるのです。

更に、マンガ動画にすることで、イラストが持つやわらかい雰囲気や、自然と沸き出る愉快な気持ちから、商売感が緩和され自然な流れで購入を促すことができます。

おすすめの利用シーン

・YouTube
・ホームページ
・SNS

マンガ制作の費用と流れとは?種類別に依頼料金の相場をご紹介

マンガ制作の費用相場と流れ

依頼先 LP チラシ パンフレット/カタログ Youtube
プロの制作会社 4万~10万円程 5万円~数十万円程 15万円~数十万円程 30万~100万円程
個人 4,000~4万円程 2万~4万円程 16万~数十万円程 15,000~30,000円程
有名な漫画家 数十万円程 数十万円程 数十万~100万円程

プロの制作会社に依頼する場合

依頼費用

制作会社にマンガ制作を依頼した際の費用相場は、

  • LP:4万~10万円程
  • チラシ:5万円~数十万円程
  • パンフレットやカタログ:15万円~数十万円程
  • YouTube:1ページ1万5千円~数万円程(1本30万円~百万円程)

上記のようになっています。

流れ

探す→担当者と打ち合わせ→依頼

高いクオリティと、安心感があり、担当者が付いてくれるので打ち合わせがスムーズに進みやすいこともメリットのひとつです。
注意して欲しい点は、自社のイメージに合うマンガが描けるか(描ける人がいるのか)ということです。
経験豊富な制作会社であっても、イメージに合うものを描けるとは限りませんので、しっかりと確認しておく必要があります。

個人に依頼する場合

依頼費用

個人・フリーランスにマンガ制作を依頼した際の費用相場は、

  • LP:4,000円~4万円程
  • チラシ:2万~4万円程
  • パンフレットやカタログ:16万~数十万円程
  • YouTube:1枚500円~3千円、カラー15~25枚1万5,000円~3万円程

上記のようになっています。制作会社に比べて進行管理費などがかからない分、コストは抑えられる場合が多いです。

流れ

探す→直接打ち合わせ→依頼

打ち合わせの手間はありますが、制作会社に依頼するより料金の負担は軽減されます。
また、個人に依頼する場合、注意しなければならないのが、SNS等で知り合った場合のトラブルです。

SNSを利用した詐欺は多く、引き渡しや支払いが直接のやりとりとなるので、被害に遭いやすいのです。
その点、クラウドソーシングは「マンガを描いてほしい人」と「マンガを描いてくれる人」をマッチングさせてくれ、料金の支払いはクラウドソーシングサイトを通して行われるので、トラブルを回避できます。

有名な漫画家に依頼する場合

費用

著名なマンガ家にマンガ制作を依頼した際の費用相場は、

  • LP:数十万円程
  • チラシ:数十万円程
  • パンフレットやカタログ:数十万~100万円程
  • YouTube:-(参考が少ないため都度ご相談必要)

上記のようになります。Youtube制作の実績はどこも少ないため、今回の記事では詳細に相場を知ることはできませんでした。

流れ

探す→マネージャーなどと交渉→依頼

ディレクターやマネージャーが付いていることがほとんどですので、打ち合わせで要望を伝えたら後はほぼ丸投げできます。
ただし、有名漫画家とは繋がることが難しく、忙しい場合が多いため費用も高額となります。

また、作成する時間が取れないことから、大きな企業でなければ引き受けてくれない</span>ということもあります。
特に、YouTubeマンガ作成はある程度の時間を要するので、依頼を断られることが多いでしょう。

マンガ制作費用は依頼先で大幅に異なる!クラウドソーシングでいい人材探し

マンガ制作 依頼 おすすめ
目を引き、伝えやすくする効果があるマンガは、作成を依頼するところによって費用は様々です。
依頼先は主に、制作会社や、個人、プロの漫画家になるでしょう。

個人に依頼する場合は、トラブル回避のためクラウドソーシングを利用するのがおすすめです。
ランサーズなら、経験豊富な人材が多く、安心してマンガ作成を依頼できます。
プロフィールからサンプルをみたり、仕事を依頼した企業からの評価を確認することも可能です。

ぜひ一度、覗いてみてはいかがでしょうか。

マンガ制作の依頼ならランサーズランサーズにはマンガ制作を得意とするデザイナーが多く登録しています。過去の実績も見ることができるので、経歴や作品を見て判断することも可能。
それでも悩むならフリーランスに相談しても大丈夫です。

ランサーズでは登録はもちろん、フリーランスへの相談も基本的には無料です。
まずは、無料でランサーズに登録して、相談してみましょう