財務分析とは?今さら聞けない財務分析の基本をご紹介!

財務分析とは?今さら聞けない財務分析の基本をご紹介!
財務分析とは、企業の財務諸表から得られるデ―タを元にその企業の経営状態を分析することです。 健全な企業経営をしていくうえで財務分析は欠かせませんが、取り扱う分析対象や分析をする立場によっても、財務分析の持つ役割や評価ポイントは微妙に異なります。 そのため、自社の財務分析や競合他社の分析の理解について不安がある方は多いのではないでしょうか。 財務分析についての理解を深め、自社の財務分析を強化する方法についてご案内します。

財務分析とは、企業の未来に関わる重要なリスク対策

財務分析とは、健全な企業経営ができているかどうかを判断するための分析手法です。
自社の分析だけでなく、競合する他社の経営状況を調べたり、投資対象として他社を調べたりする際に使える分析手法なので、理解すればするほど経営センスを高めることができます

各種データから企業の将来を計るのが財務分析

財務分析で用いるデータを財務諸表と呼び、日本の会計基準では貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書(C/F)、株主資本等変動計算書(S/S)の4つを指します。
財務諸表は複式簿記で記載されているため、「経理や会計の知識がないからわからない」と苦手意識を持って敬遠している方、「自分は営業だから関係ない」と思っている方は多いでしょう。
しかし財務諸表は何度も繰り返し見ていけば慣れるものです。
財務諸表には企業の将来を示す数値が載っています。
企業に勤める者なら立場や役職と問わず誰でも財務諸表を理解できるのが理想の企業といえるのではないでしょうか。
自社の財務諸表を繰り返し見て、次に他社の財務諸表と何度も見比べていき、財務諸表について慣れるようにしていくことが大切です。

財務分析で何がわかる?分析手法ごとの目的とは

財務分析は分析する手法(指標)ごとに目的が異なり、代表的な手法は以下の4つです。
それぞれの手法ごとに複数の指標がありますが、ここではまず4つの分析ごとの目的についてご説明します。

<財務分析の手法>
◇収益性分析……企業活動における利益を示す
◇安全性分析……企業の支払い能力や倒産リスクを示す
◇生産性分析……企業の資源を元にどれだけの付加価値を生んだかを示す
◇成長性分析……売上高などから企業の将来性を示す

ここで大切なのは、4つの分析手法は単独で見るものではないということです。
収益性分析で利益率がある企業が、すなわち将来性や安全性のある企業となるわけではありません。
収益性分析は良くても、債務の程度によって安全性分析の評価が悪くなる場合もあります。
ひとつひとつの分析手法には目的がありますが、それらを総合的に見たうえで、多角的な分析をすることが重要なのです。

財務分析の肝は経営を分析すること!これからの時代に必要な財務分析とは

財務分析の目的は企業経営の分析ですが、財務諸表という数値化されたデータだけでは、定量的評価しか見ることができません。
定量的評価は、AIの進化によってある程度自動化される可能性があります。
これからの時代の財務分析は、数値化できない定性的評価も加味し、より広い視点で企業経営を見ることが求められるようになるでしょう。
「AIの登場により、将来的に財務会計部門はなくなる」という意見もありますが、上述した視点でプラスアルファの分析をできる社員がいれば、その企業の財務会計部門も、企業自体も生き残っていけるのではないでしょうか。

  

財務分析は計測するだけじゃない!どう分析するかが大切

財務分析は財務諸表からわかる数値を元に、あらゆる分析手法で企業を評価していく経営分析です。
このとき、ただ数値を計測するだけではいけません。
ひとつひとつの数値をつぶさに見て分析していくことで、意外な発見があるものです。
自社の財務分析をする際には、競合他社や業界首位の企業などと数値を比較していきましょう。
複数の企業との比較をしていくことで、改めて自社の強みが何なのか気づけるかもしれませんよ。

  

財務分析の理解は競合他社の分析にも役立つ

財務分析を理解していれば、自社の経営状態だけでなく、他社の経営状態の分析にも役立ちます。
経営を知るということは、企業自体を知るということです。
自社と他社の違いを客観的に理解していれば、クライアントへの営業資料も説得力が増すでしょう。
規模は小さくても成長性が高い企業をいち早く把握しておけば、次のマーケティング戦略を考えるうえでの大きな一助になります。
財務会計部門だけでなく、ほかの部門も含めて全社員で財務分析の理解を深めていくことが大切なのです。

財務分析の質を上げるために企業がすべきこと

これまで、企業全体で財務分析の理解を深め、質を上げていくことが重要というお話をしてきました。
具体的には、内部教育と外部分析を強化することが必要になります。

  

自社の財務分析をどう考える?経営的視点を養う財務分析の内部教育

あなたの会社の財務会計部門や、ほかの部門の財務知識はどのようなものでしょうか。
財務諸表を読めるのは財務会計部門だけ、経理だけといった場合は少し危険です。
これからの時代は、AIにも負けない柔軟な視点で物事を見れる人材が求められます。
経営的視点を持つのは役員や財務会計部門だけ、なんてことにならないように、内部教育を強化しましょう。

 

財務分析は外部分析も必要!外部からの分析でリスクを回避

財務分析は、分析をする立場によっても役割が異なります。
企業内部の人間が行うのが内部分析だとすれば、企業外部の人間が行うのが外部分析です。
自社の財務分析に励み、経営状態の改善を目指したり、経営成績の向上を目指したりする内部分析も重要ですが、外部からの分析で客観的な評価を得ることも大切ではないでしょうか。
内部と外部の分析は、リスク回避にもつながります。

  

財務分析を外部に依頼するなら、クラウドソーシングも利用しよう

財務分析を外部に依頼する場合、税理士や会計士、経営コンサルタントなどの専門家に外注することになります。
顧問税理士や会計士がいる大企業であれば容易なことかもしれませんが、経営コンサルタントなどの専門家の外注は高額になることがほとんどです。
また、コネクションがなくどの専門家に依頼すべきかわからないという場合もあるでしょう。
そんなときにおすすめなのが、インターネット上でさまざまな人材が集まるクラウドソーシングです。
クラウドソーシングがおすすめの理由は、働き方の多様化に伴い、より自由な働き方を求めてクラウドソーシング市場に流れていく人材が増えているという点にあります。
クラウドソーソングであれば、フリーランスや副業で活動している専門家と、じかに交渉のうえ費用やサービスを決めることができるのです。
外部分析を依頼するだけでなく、自社向けに財務分析のセミナーをしてもらうなど、多様な依頼ができるのが、クラウドソーシングの大きな魅力となっています。

会計のプロが集まるランサーズで自社の財務分析を強化しよう!

クラウドソーシングを活用して財務分析の強化を目指す場合、おすすめはクラウドソーシングサイト最大手といわれるランサーズです。
ランサーズには財務会計のプロが多数集まっているうえ、多数の依頼実績があるという安心感もあります。
適切な価格で柔軟な依頼ができるランサーズで、自社の財務分析を強化していきましょう。