コーディング代行の外注・依頼する場合の費用相場は?

コーディング代行の外注・依頼する場合の費用相場は?
Webサイト制作の工程に欠かせないのがコーディングです。 今まではWebデザインの仕事の一部としてとらえられることも多かったコーディングですが、近年Webテクノロジーの進化に伴いコーディングがより専門化し、一つのカテゴリとして認識されてきています。 当記事では、コーディングの基礎知識から、コーディングを外注・代行依頼する場合の相場やポイントについて解説します。

コーディングとは

コーディング
まずはコーディングの基本から確認していきましょう。

Webサイト制作の中のコーディングの役割

Webサイト制作には様々な工程があります。
WebサイトのデザインはデザインデータそのままではChromeやSafari、Edgeなどブラウザでは表示できません。

ブラウザで表示させるために必要なのがデザインをプログラミング言語を使って記述する作業です。この作業がコーディングと呼ばれるものです。

コーディングに使われるのはHTML、CSSなどの言語で、プログラミング言語の仲間のようなものと考えればいいでしょう。
コーディングの段階で、画像とテキストを分けたり、他のページやサイトへのリンクをはったり、フォームなどを設置する流れになります。

Webサイト制作でのコーディングの作業範囲は?誰がやるのか?

ホームページ制作が一般的になりはじめた当初、コーディングはWebデザイナーやプログラマーが担当するのが一般的でした。
しかし、最近ではデザイナーやプログラマーとは別でコーダーと呼ばれる職種があります。

コーダーという職種が出てきた背景には、Webテクノロジーが急激に発展し、Webサイト制作を取り巻く環境が変化したことが大きく影響しています。
どんどん新しいブラウザが登場し、パソコンだけでなくスマートフォンもWebサイトのアクセスに使われるようになりました。

また、WordPressのようなCMSと言われる簡単にページを作るシステムも登場し、これらのシステムとの連携も考慮する必要もでてきました。
検索結果の上位に表示させるためのHTML内のSEO対策もどんどん洗練され、さらに専門的なスキルが求められるようになりました。

これらの多くをコーディングでカバーしなければならないため、デザイナーやプログラマーでは兼任が難しくなり、コーダーが生まれたという訳です。

コーディングの依頼先や費用の相場は?

費用相場
上記でも説明した通り、近年では特にコーディングに求められる知識が専門的になってきました。
社内の人材だけでは対応に限界を感じている場合は、外注を利用するのも一つの解決策です。この章ではコーディングの外注先とそれぞれの費用の相場をご紹介していきます。

Web制作会社

社内に一切制作チームを持っていない場合はWeb制作会社に依頼するのがおすすめ。

Webサイトの企画・デザインからコーディングまでワンストップで依頼できるのがメリットです。この場合、コーディングというよりはWebサイトの構築となるため、時間や費用はそれなりにかかります。

相場感としては小~中規模サイトであれば20万円~80万円程度が一般的ですが、盛り込みたい機能や内容によって幅がでてくるのも特徴です。
テンプレートを用いたデザインであれば費用を抑えて依頼できる場合もあります。

コーディング代行会社

最近ではコーディングに特化した代行業者も数多くあります。
デザイナーが社内にいる場合でコーディングだけ外注したい場合は、コーディング代行会社も外注先の候補として検討できます。

代行会社にはコーダーの上位のフロントエンジニアと呼ばれる職種の人がいる場合もあり、専門性が高く、ノウハウ面や品質面で安定している傾向にあります。

費用面では1ページあたり1万円~1.5万円程度が相場です。
別途基本料金が発生する場合もあり、基本料金が必要な場合はページ単価が安く設定されていることもあるので、サイトの規模により使い分けるのもいいでしょう。

フリーランス

同じように社内にデザイナーがいてコーディングだけ外注したい場合は、個人で活動するフリーランスのコーダーに依頼する方法もあります。
昨今ではクラウドソーシングサイトのように個人で活動するコーダーとマッチングできるサービスも数多くあります。

個人に依頼するメリットはランディングページのような1枚だけのページ、既存ページのコードの作り直しや部分的な追加なども依頼しやすい点です。
他にも個人であれば、急ぎで納期があまりない案件にも対応してもらいやすいメリットもあります。

個人に依頼する場合の相場としては、シンプルなものであれば1ページ5千円程度から依頼できる場合が多いようです。

コーディングを依頼する前に知っておきたいスクリプト、Web開発言語の種類

コーディング 言語
上述の通りコーディングではカバーする範囲が多いので、実装したい機能によってコーダーに求める対応言語範囲も異なります。
外注する前に以下を参考にして、必要な言語にはどんなものがあるかを把握しておきましょう。

HTML

HTMLはコーディングの基本となる言語です。
画像やテキストなどページ上の大部分の構造の表現に使われます。

実はHTMLにもバージョンがあるのをご存知でしょうか。
現在はHTML5が標準仕様とされています。

HTML5の知識は内部SEO対策にも必須ですし、これからの標準となる記述方式です。
コーダーでHTMLが書けない人はいないと思いますが、HTMLのバージョンの違いの認識やHTML5に準拠したコードが書けるかはチェックすべきポイントになるでしょう。

CSS

CSSは「カスケーディング スタイル シート」の略で、HTMLと同様にコーディングの基本となる言語です。
文字の種類やサイズ、色、背景色などページ内の体裁の部分を表現するために使われます。

基本的な装飾だけでなくCSSを使えば画像を使わずボタンデザインを作ったり、簡単なアニメーションを作ったりできます。

またCSSはさまざまなデバイスに合わせて表示を変えるレスポンシブデザインには必須の言語です。
HTMLと同じくコーディングには最低限必要な言語と認識しておきましょう。

JavaScript、jQuery

JavaScriptとはWebサイト上でよく用いられるプログラミング言語です。

ページ内で動的な挙動をさせる場合によく使われます
ページ内にアニメーションを表示させたり、クリックのようにユーザーが取った特定の動作にあわせてコンテンツを表示させたりするのもJavaScriptで制御します。

jQueryはJavaScriptで頻繁に使われるプログラムコードをあらかじめ用意してあるライブラリのことです。
JavaScriptやjQueryは使い勝手の良いメニューやフォーム、画像表示には欠かせませんので、これらの機能が必要な場合は必ず対応可能か確認しましょう。

PHP

PHPはここまで紹介したものより、より本格的なプログラミング言語と位置付けられます。

PHPは通常のWebサイトのコーディングでは必要ありませんが、WordPressを使ったサイトを作る場合は必要なケースがでてきます。
WordPressは「テーマ」と呼ばれる既にデザインされたテンプレートを使ってWebサイトを構築していきます。

「テーマ」は便利ですが、自分のサイトにあわせて部分的に変更したり、改良したりする必要がある場合も出てきます。
CSSのみである程度の改良も可能ですが、よりダイナミックな改良が必要な場合はPHPでプログラムそのものを書き換える必要があります。

PHPはコーディングの領域というよりはプログラミング領域に入りますが、WordPressを採用する場合は、必要になる場合があると頭に留めておきましょう。

コーディングを依頼する時のチェックポイント

チェックポイント
コーディングを依頼するとき、対応できる言語を確認するだけでは実は少し不十分です。
なぜなら同じプログラミング言語の知識があってとしても、ノウハウや経験によって強みや対応可能な範囲が異なるからです。
実際にコーディングを外注する際にポイントとなる点を以下にまとめましたので、依頼する際の参考にしてみてください。

入稿できるデザインデータの種類

コーディングのみを依頼する時は、デザインした画像データを渡してコーディングしてもらう流れになります。
この時に渡す画像データがどのようなデータ形式に対応しているのかは必ず前もって確認しておきましょう。

AdobeのIllustratorで作られたAI形式やPhotoshop で作られたPSD形式、PNG形式であれば一般的には対応可能な場合が多いです。
他の形式でデザインデータを入稿したい場合は、前もって対応可能かどうかを必ず確認しましょう。

レスポンシブWebデザインに対応可能か

レスポンシブWebデザインとは表示デバイスのサイズの違いによってレイアウトを切り替えるページ作りを表します。
スマートフォンの普及によりパソコンだけでなくモバイル端末でも、Webサイトを読みやすく表示させるコーディングが必要な時代になりました。

よっぽど限定したサイトでない限りはスマートフォンを含めたあらゆるデバイス対応が必須ですので、チェックポイントとして押さえておくようにしましょう。

さらに昨今ではスマートフォンやタブレットでもサイズがバラバラなので、デバイスに関わらず全ての画面サイズで表示を可変させるリキッドデザインと呼ばれる方法もあります。

レスポンシブ対応と併用するとより最適な表示が可能になるので、セットで確認するといいでしょう。

複数ブラウザ表示に対応可能か

上記のデバイスと同様に、ChromeやSafari、Edgeといったブラウザにも様々な種類が存在します。

実はブラウザごとにもサポートしているHTMLやその他の機能の範囲が異なります。
それを知らないままコーディングしてしまうと、一部のブラウザで正常にページが表示されないという事態を招いてしまいます。

バージョンの違いも含めるとブラウザの種類は多数あるので、全てに対応するのは難しいですが、主要なブラウザで問題の出ないコーディングができるかは聞いておきましょう。
ブラウザごとの表示チェック、コードチェックまでしてもらえるとより安心です。

SEO対策を意識したコーディングに対応可能か

SEO対策とはキーワード検索された際の結果画面に自社のWebサイトを上位に表示させる対策を指します。

一般的にSEO対策といえば、キーワード選定やライティング、外部からのリンク獲得のような施策を思い浮かべがちですが、それだけではありません。

内部SEO対策と言われるコーディング上で行う対策も同時に行う必要があります
特に最近では、検索エンジンがサイトの情報を認識しやすいような構造を意識したコーディングが不可欠と言われています。

SEO対策はノウハウが重要な分野でもあります。
もしSEO対策を意識している場合は、コーディングで内部SEO対策をどこまでやってもらえるのか、実績やノウハウがあるか確認するようにしましょう。

CMSのカスタマイズが可能か

CMSとは専門知識がなくてもWebページを簡単に作成したり更新したりするためのシステムです。

最近では利用者も非常に多くなったWordPressはこのCMSの代表例です。
もしサイトの制作・運営にCMSを使う場合は、カスタマイズしてもらえるかどうかもチェックポイントになります。

カスタマイズでも、文字の種類や大きさ、背景色のような簡単な変更から、機能を新たに追加するなど、その範囲は幅広くあります。

カスタマイズの種類によって必要な言語スキルや技術にも差がでてきます。
やりたいことをあらかじめ明確にしておいてから外注先を検討しましょう。

納期

依頼する時に押さえておきたいポイントは技術的なものばかりではありません。
費用や納期も外注先選びでは重要です。

コーディングの費用に関しては前述した通りですが、納期は外注先によってまちまちですので、必ず費用と同時に確認するようにしましょう。

急ぎの案件の場合、個人であれば短納期の仕事も受けてもらいやすい傾向にあります。
コーディング代行会社では、別途費用が必要な場合もありますので注意が必要です。

まとめ

Webサイト制作には欠かせないコーディングについてご紹介きましたが、求められる専門性やスキルの幅広さに驚かれたかもしれません。
これまでもそうであったように、これからもIT環境やWebテクノロジーは目まぐるしいスピードで進化していくことは想像に難くありません。

社内にコーディング専任担当を採用する方法もありますが、必要に応じてスキルのある外部の人材を柔軟に活用するのも選択肢の一つです。
昨今では大企業でも、クラウドソーシングサイトを使ってフリーランスの人材を活用する事例も多く見られます。

ランサーズなら全国各地からコーダーが多数登録しています。
ネットで募集、依頼、納品まで完結できるので、1ページだけの依頼や急なコーディングでも必要に応じて依頼できます。

まずはコーディングができるフリーランスを探すところからはじめてみましょう。