Webサイト改善を頼みたい!依頼方法や依頼時の注意点について

Webサイト改善を頼みたい!依頼方法や依頼時の注意点について
Webサイトの改善をする方法はわかるけど、Webの運用を兼務していてなかなか時間が作れずに放置している…そんな状況になっている企業も少なくないでしょう。 しかし、Webサイトはデジタル時代の昨今においては販促媒体の中でも大きな役割を占めており、放置しておくことは望ましくありません。 そこで、今回はWebサイトの改善・運用を外注する方法をご紹介していきます。

Webサイト運用代行の比較と特徴

web site outsourcing
Webサイトの改善や運用を代行できる先や、それぞれの特徴について見ていきましょう。

運用代行できる先は?

Webサイトの運用は外注できます。外注先としては、制作会社SEOコンサルタントなどがあり、各業者によって運用方法実施内容が異なります。

今では、企業ではなくフリーランスに依頼する方も多くなっており、個人で仕事を請け負う人が多くなったことで、フリーランスに依頼することも一般的になってきました。

運用代行先の違い

運用代行先の違いとして、制作会社は組織体となるため、安心して任せられるという半面、費用が高かったりレスポンスが悪かったりすることがあります

制作会社の担当者によっても対応が異なるため、良い企業と出会うことも必要ですが、良い担当者と出会うことも必要です。

フリーランスは個人となるため、質の悪いフリーランスの方は連絡が取れなくなるケースもありますが、組織として運営している制作会社と比べてレスポンスが早かったり費用を抑えられるメリットがあります。

Webサイト改善を外注する際の費用は?

web site outsourcing
次に、Webサイト改善を外注する場合には、どれくらいの費用が掛かるのか目安を見ていきましょう。

安価なところは3万円~

Webサイトの改善項目が少ない場合、安いところでは3万円/月でできるところもあります。もちろん、改善内容やボリュームによって異なりますが、比較的フリーランスに頼むと適正価格で外注できるでしょう。

マーケティング支援・制作を含むなら10万円以上

部分的な改善ではなく、アクセス解析や、キーワード選定、コンテンツの修正なども含めると10万円/月以上になるでしょう。
Webサイトは部分的に改善することも必要ですが、マーケティングツールの一つにすぎないため、マーケティング全体を分析し、効果的な改善をするためには10万円/月以上の経費は必要になることがあります。

経営視点・売上アップを含むなら30万円以上

Webサイトだけではなく、企業のWeb戦略のコンサルタントを含める場合には30万円/月以上になることも。

例えば、Webサイトだけではなく、オウンドメディアの運営やSNS、デジタルマーケティングの企画・運営全般を任せたいという場合には、マーケティングに強い制作会社や広告代理店などに依頼をして経営視点でのWebコンサルタントを依頼するケースもあります。

Webコンサルタントって何をしてくれる?


次に、Webコンサルタントは何をしてくれる業者なのか、見ていきましょう。

Webサイトの問題の発見や解決策の提案

Webコンサルタントは、基本的には現在のWebサイトの問題発見や、課題に対しての解決策の提案をしてくれます。
中には、サイト修正や機能実装のコーディングなどを行ってくれる場合もあるでしょう。

Webを利用した戦略立案

Webコンサルタントの中には、Webサイトだけではなく、Webを利用したマーケティング戦略の立案まで行ってくれるコンサルタントも存在し、Webに弱い企業などは、さまざまなデジタルマーケティングをコンサルタントに任せているケースもあります。

関連:Webサイト改善の流れと5つのチェックポイント

Webコンサルタントへの依頼方法


次に、Webコンサルタントへの依頼方法について見ていきましょう。

コンサルタントの選択

まずは、自社の希望する運用・改善をしてくれるコンサルタントを選択するために、いくつかのWebコンサルタント企業や、フリーランスのコンサルタントなどを調べることが必要です。

比較サイトを利用したり、クラウドソーシングサービスを利用することで、多くのWebコンサルと企業やフリーランスを見つけることができます。

見積もり依頼

次に、いくつかの企業やフリーランスへ見積もり依頼を出すと良いでしょう。

初めて依頼をする場合には、どのようなことを依頼できるか、分からないこともあると思いますので、見積もりをもらうことで自分たちの知らないことや、気付かなかったポイントも見つけることができるため、複数業者から見積もりをもらうと良いです。

一つの業者に絞りこまずに、まずはいくつかの企業やフリーランスから見積もりをもらうことで、比較検討することができることと、悪徳業者に騙されるリスクも減るため、複数業者からの見積もり依頼がおすすめです。

Webコンサルタントへ依頼する際の注意点


Webコンサルタントへの依頼は、決して安いものではありません。
期待する効果を上回るようなコンサルタントを探すためには、「実績確認」「得意分野確認」「依頼内容の明確化」を意識すると良いでしょう。

実績を確認する

失敗しないWebコンサルタントへの依頼として注意すべき点の一つに、コンサルタントとしての実績を見ておくことが挙げられます。

口ではうまいことを言っていても、これまでの実績が0だったり、実績が見せられないコンサルタントは、経験が浅い可能性があるため、失敗してしまう可能性もあるでしょう。
これまでの実績や、これまで手掛けたWebサイト、コンサルティングをした業種などを確認しておくことが必要です。

得意分野を確認しておく

2つ目の注意点は、依頼する方の得意分野を確認しておくことです。

得意分野とは、Webコンサルタントとして、SEOが得意なのか、解析が得意なのか、WebだけではなくSNSが得意なのかなどのことで、依頼したい内容が得意かどうかを判断しておくことで、失敗せずに済むでしょう。

依頼する目的も社内で明確にしておく

コンサルタントの選択だけではなく、社内でWebサイトの改善や運用を外注する目的を明確にしておくことで、その目的を達成してくれるコンサルタントへの依頼ができます。

自分たちの依頼目的が明確になっていない場合、依頼を受ける側もどのようなことが求められているかがわからず、期待している内容と、実施してくれる内容にズレが生じたり、そもそも外注した効果はどうだったのかが測定できなくなります。

依頼する相手を探すことも重要ですが、何をしてもらうかも明確にしておくと良いでしょう。

ランサーズでWebサイト改善を依頼しよう

ここまで、Webサイトの改善や運用を外注する場合に、どのような依頼先があるのか、依頼先ごとにどのような特徴があるのかをご紹介してきました。

最近では、フリーランスへの外注を希望する企業も多くなっており、その背景にはフリーランスが働きやすくなった環境の変化や、フリーランスへの依頼がしやすくなったことが挙げられるでしょう。

フリーランスへの依頼は、クラウドソーシングサービスの代表格でもあるランサーズを利用することで、Webコンサルタントとして登録している数多くのフリーランスの中から希望に合った方と巡りあうことができるでしょう。

ランサーズの中には、「認定ランサー」と呼ばれるランサーズに認められた「実績」「コミュニケーション力」を持つフリーランスの方が在籍しています。
Webの知識だけではなく、ビジネスパートナーとして信頼できる方を探すなら、ランサーズなどを利用してみてはいかがでしょうか。