ランディングページ制作外注の費用相場や依頼時のポイント・注意点について

ランディングページ制作外注の費用相場や依頼時のポイント・注意点について
デジタル広告を利用している方は、広告の効果を最適化するために、ランディングページの見直しや修正、制作に追われていることではないでしょうか。 提供している商品やサービスの種類が多ければ多いほど、ランディングページの数も多くなるため、制作に追われて広告出稿の運用管理が大変になっている方もいると思います。 ここでは、ランディングページは外注することもできること依頼時の費用注意点などをご紹介していきます。

関連:ランディングページ制作と運用時に重要な10項目

ランディングページ制作外注のメリット


ランディングページ制作を外注するメリットはたくさんありますが、代表的なメリットとしては「顧客分析・LPの最適化」「訴求力の向上」が挙げられます。

顧客分析・LPの最適化をしてくれる

ランディングページを外注することによるメリットとして、顧客分析や、LPの最適化というメリットがあります。

LPを訪問したユーザー数、読了率などから顧客分析を行い、LPの最適化を提案してくれる業者や、改修もしてくれるという業者も存在します。

専門的な知識を持ったプロの視点で最適化してくれるため、新規顧客増売上アップが見込めるでしょう。

プロのライティング・デザインで訴求力を高められる

素人が作る文章ではなく、計算されたプロの文章やデザインによって制作されるため、ユーザーへの訴求力を高めることができます。
Webライティング一つとっても、企業が伝えたいことを文章にするためには、ライティング初心者が書く文章と、プロのライターが書く文章では差が出ます

ランディングページは、直接コンバージョンを獲得するためのツールとなるため、訴求力を高めるために、プロのライターやデザイナーに依頼することがおすすめです。

▼関連記事
LP(ランディングページ)のライティングとは

ランディングページを外注する相場について


次に、ランディングページを外注した場合の相場についても確認していきましょう。

個人や小規模事業者への依頼

ランディングページのボリュームによっても異なりますが、フリーランスなどの個人へ依頼する場合には、10万円前後で実施できる可能性があります。

フリーランスへ依頼するメリットとしては、企業体という組織ではないため、組織に掛かる経費などが入っていない適正価格で依頼できることや、<>柔軟な対応をしてくれるというところがあります。

フリーランスへの依頼は中規模以上の業者に比べてコストは抑えられる傾向にあります。一方、見極めは自分たちで行うため、依頼側の希望やニュアンスをくみ取ってくれる質の高いパートナーを極める必要があります。

中小規模制作会社への依頼

中小企業の制作会社へ依頼すると、<>20万円~30万円というのが相場です。
制作会社への依頼となり、これまでの実績が多い場合には、ある程度のデザイン性も見込めます。

中小企業の制作会社へ依頼するメリットとしては、大手企業と比べて柔軟な対応をしてくれることや、スピーディに対応してくれるケースが多いということが言えます。
また、大企業のようにネームバリューで戦えない企業が多いため、リピートしてもらうために一社ごとに親身になって対応してくれるでしょう。

ただし、業界ごとに得意・不得意がありますので、実績をベースに企業選定するべきでしょう。

大手企業への依頼

大手企業デザイン性が高い企業への依頼は、50万~60万円ほど掛かるケースがあります。大手企業への依頼のメリットは、訴求力の高いデザインを依頼することができたり、ランディングページの企画提案、運用のサポートなどをしてくれるケースもあることです。

大手企業だからこその多くの実績を元にした効果的なランディングページを制作できることは、中小企業にはなかなかできないサービスと言えるでしょう。
企業の規模ごとに特徴がありますので、費用とサービスを比較検討してみると良いでしょう。

制作外注で失敗しないためのポイント


次に、ランディングページ制作を外注して失敗しないためのポイントを3つ見ていきましょう。

制作実績を確認する

これまでの実績を確認し、自分たちのイメージと合っている業者か確認しておくことが必要です。制作実績を見れば、イメージしているデザインと制作会社が作っているランディングページのデザイン性が合っているか確認できます。

また、制作実績が豊富にあるかどうかを確認することで、ランディングページに慣れているかどうかも確認できるでしょう。

得意分野や業界を確認する

同じような業界の実績があるか、どのような業界が得意分野か確認することも必要です。
デザイン性が優れていると思っていた制作会社でも、ある分野の業界には強いが、その他の業界の経験が無いというケースもありますので、実績の中でも同じような業界があるかを見ておくことは重要と言えるでしょう。

広告代行をしているか

ランディングページを利用するケースが多い広告について、しっかりと知識を持っている業者か確認することも必要です。

ただ、デザインが得意だという業者よりも、デジタル広告のことを熟知しているデザイナーの方が、効果的なファーストビューはどのようなものがあるか、どこに気を付けなければならないかなど、専門的な知識を持っていることがあります。

ランディングページを外注するなら、デジタル広告のことにも知見がある業者に依頼するべきでしょう。

ランディングページを外注すべき人


ランディングページを外注すべき人はどんな人なのでしょうか、見ていきましょう。

デザインやLPを作ったことが無い人

ラインディングページはデザインが重要なため、デザインをしたことが無い人は外注した方が良いです。
キレイに作れることや、カッコ良く作れることが良いデザインとは限りません。

ランディングページの目的である「コンバージョンに繋がる」デザインにすることが、ランディングページのデザインには求められるため、経験のない人や知見の無い人は外注するべきです。

ランディングページのフローが分からない人

ランディングページはクロージングフローがあるため、理解していない人はプロに依頼すると良いでしょう。

一見、何にも考えずに作られているランディングページでも、読んでいるユーザーの心理を考え、何度もABテストを繰り返して最適化されているのがランディングページです。

0からランディングページを作って効果を高めようというのは難しく、何度も改善を繰り返して最適化できることが多いため、ランディングページのフローが理解できていない人は、外注してしまった方が効果的なランディングページが作れるでしょう。

ランディングページ制作のフロー


最後に、ランディングページ制作のフローを確認していきましょう。

戦略設計

ランディングページを制作するために必要なこととして、キーワードターゲット商品訴求ポイントなどを明確にすることが挙げられます。
戦略設計がしっかりできていないランディングページは、デザインがカッコ良くても採取的なコンバージョンにはつながらないでしょう。
しっかりとペルソナ設定をすることや、商品の訴求ポイントを決めることが重要です。

構成・ライティング

ランディングページをクロージングツールにするためには、しっかりとページ構成ライティングを行う必要があります。
ライティングする前には、しっかりとランディングページの骨子を作ることが必要となり、このような構成ができるのは、ランディングページ作りに慣れている人です。

デザイン・コーディング

ランディングページを効果的なものにするためには、見やすく受け入れやすいデザインにすることが必要です。
そのようなページデザインやコーディングを行い公開していく流れとなります。

まとめ

ここまで、ランディングページの制作を外注する際の費用や、メリットなどをご紹介してきました。
ランディングページは一般的にクロージングツールとして利用されるため、素人が何も考えずに作るよりは、プロに依頼した方が集客効果を高めることができるできます。

ランディングページの外注先としては、制作会社やフリーランスなどが存在しますが、フリーランスの方は会社の経費などが掛からないため、適正価格で依頼をすることができるでしょう。

ランサーズにはLP(ランディングページ)制作の経験が豊富なフリーランスが多く登録していて、実際に相談をしながら依頼したい方を見極めることも可能です。
ランディングページは制作したらそれで終わりということではありませんので、長く付き合えるフリーランスの方を複数の人に相談しながら探すと良いでしょう。