SEO対策は外注できる!費用相場や業者選定方法について

SEO対策は外注できる!費用相場や業者選定方法について
Webサイトからの問い合わせや集客が頭打ちになってきたとき、Web担当者としては何かしらの対応をしなければならないと考えるでしょう。 対策の一つとしてSEO対策がありますが、SEO対策という言葉はわかってても、実際に何をしたら良いのかわからない方も多いと思います。 ここでは、SEO対策について、どのようなことをするべきか、外注する場合にはいくらくらい掛かるのかなどをご紹介していきます。

SEO対策は何をするべきなのか


まず、基本的にSEO対策とはどのようなことをするべきなのかを知っておく必要がありますので、SEO対策について理解していきましょう

SEO対策には内部対策と外部対策がある

SEO対策には「内部対策」「外部対策」があり、内部対策のことを内部SEOと呼び、外部対策のことを外部SEOと呼びます。

内部SEOでは、文章構造をハッキリさせるためにh2h3をつかうこと、画像にalt属性をしっかりいれることなど、内部でできる対策がほとんどです。

一方、外部SEOでは、被リンクが中心となるSEOとなり、外部からの被リンクの数や質によってプラスの影響があると言われています。

内部対策で行なうことは?

具体的に内部対策で行なうことは以下のような対策となります。

・h2やh3などのタグを使う
・ページタイトルにキーワードを含める
・画像や図版を使う
・alt属性を設定する
・meta descriptionを設定する
・関連ページへのリンクを設定する
・リンク切れを起こさない
・パンくずリストを設定する
・ページスピードを向上する

上記以外にも、一般的に内部対策として行うべきと言われていることは沢山ありますが、Googleが公表して「これをやるべき」というもの以外も多く含まれています。

Googleが大々的に公表し、間違いなく行なうべき対策として挙げられるのは、「コンテンツの質を高めること」です。
先述した対策よりも重要なことであり、質を上げるだけでSEO対策になると考えて良いでしょう。

一昔前までのSEO対策では、被リンク対策やキーワードを埋め込むこと、文字数をたくさん書くことなど都市伝説のようなSEO対策を勧める業者が多く存在しました。

しかし、現在のSEOでは、そのようなことは意味がなく、「ユーザーにとって価値のあるコンテンツか」「ユーザーにとって見やすいか」などユーザーに焦点を当てて質の高いコンテンツが上位表示されるようになっています。

つまり、ユーザーに目を向け、コンテンツの質を上げることだけが唯一間違いのないSEO対策と言えるでしょう。

外部対策で行なうことは?

SEOの外部対策で行なうことは以下の様なことです。

・まずは外部リンクを確認する
・検索以外の流入を増やす
・ソーシャルからの流入を意識する

外部対策のSEOでは、できることが上記のように限られています。
そして、自分たちで修正や改善ができるものが少ないため、なかなか難しい対策ともいえるでしょう。

しかし、ソーシャルから流入を増やしたいと思った場合、例えば公式SNSアカウントを立ち上げることや、SNS広告を利用して定期的に動画を配信するなど、できることはアイデア次第で増えていきます。

ただし、絶対やってはいけないのは、無理やり被リンクをもらうために費用を払って被リンクを設定してもらったり、全く関係のないサイトからの被リンクをもらったりする行為です。

被リンクの数などはSEO対策に効果的と言われていますが、関係ないサイトからの被リンクは、意図的・人工的に被リンクを設置したとGoogleからのマイナス評価を受けるポイントになります。

このような人工的な被リンクを設定するのはやめましょう。

SEO対策はなぜ重要?


なんとなくSEO対策は重要ということを認識していても、しっかりした理由が分からない方もいると思います。
次に、SEO対策はなぜ重要なのかを見ていきましょう。

コンテンツが資産化するから

SEO対策をすることで、オーガニック(自然)検索で集客できるようになります

デジタル広告は、見込み客の獲得に良い手法ですが、常にコストが掛かるため、集客するたびにコストが掛かります。
一方、SEO対策をすることでコンテンツの資産はそのまま自社のものとなり、掲載するのにコストは掛かりません。

ユーザーに向けて作ったコンテンツは、社内で資産化していけることで、中長期的なデジタルマーケティング戦略が立てられます。

集客数が増えるから

SEO対策を行なうことで、オーガニック検索でサイトが上位表示されるようになり、その結果、CTR(クリック率)が向上します。

CTRが向上することでクリック数、つまりユーザーからのアクセス数が向上し、ユーザー数やページ数の母数が増えるため、CV(コンバージョン)や集客につながります

また、SEO対策をすることで、検索上位に上がるだけではなく、ユーザーの求めるものが理解でき、デジタル広告を出稿する時にも役立つでしょう。
その理由としては、Googleはユーザーに焦点を当てているため、Googleが上位表示するサイトは、ユーザーにとって良いコンテンツです。

そのため、上位表示できたということは、ユーザーの気持ちや課題を理解して、その解決策となるコンテンツが届けられているということになります。

直接集客以外のメリット

SEO対策をすることで、直接アクセスしてCVにつながる顧客の獲得ができることは勿論ですが、直接集客できなくてもメリットはあります

  • 集客して訪問者にリターゲティング広告を出す
  • マーケティングファネルの上流の認知拡大など

アクセスしたユーザーが直接CVに繋がらなくても、そこからリターゲティング広告を出すことで何度もアプローチしてCVに繋げていくという戦略も可能です。

また、マーケティングファネルには「認知」「比較検討」「購買」などのファネルがありますが、「認知」の段階の顧客を増やすことができるのも、SEO対策をするメリットと言えるでしょう。

SEO対策は外注すべき?自前すべき?


SEO対策の重要性はわかりましたが、SEO対策は誰がやるべきなのでしょうか、ここでは、外注するべきか、自前でやるべきかをご紹介していきます。

SEO対策を外注するメリット

SEO対策を外注するメリットには以下のようなものがあります。

・売上/集客が向上する可能性がある
・スタッフが本業に集中できる
・第三者目線で対策できる

プロの方にSEO対策を外注することで、知識や経験値から、素人が行なうSEO対策よりも売上や集客が向上する可能性があります

また、兼務しているスタッフがいた場合、本業に集中できるのもメリットでしょう。

SEO対策を自分たちで行なうメリット

自分たちでSEO対策を行なう場合には、以下のメリットがあります。

・スタッフがスキルアップする
・コストが掛からない
・ユーザーの気持ちが理解できるようになる

SEO対策を続けていくことで、ユーザーの気持ちがわかるようになり、それは顧客の気持ちがわかることに繋がるため、SEO対策以外でも集客方法のアイデアが浮かぶことがあるでしょう。

また、SEOについてスタッフが詳しくなり売上や集客を向上させていける可能性があります。

外注できる業者の種類について


SEO対策を外注するにはどのような業者に依頼すれば良いのか見ていきましょう。

SEOコンサルタント

SEO対策の外注を受けているSEO専門のコンサルタントが存在します。
中小企業診断士などを持つコンサルタントが、デジタルマーケティングの視点からSEO対策をコンサルしている企業があります。

また、制作会社の社長や、フリーのSEOコンサルタントの方などさまざまです。

WEB制作会社

>WEB制作会社でもSEO対策をしています。

WEB制作には、ディレクターやデザイナー、プログラマー、コーダーなど、さまざまな役割が必要ですが、その中で社内にマーケティングに強い方がいれば、SEO対策のコンサルなども請け負っていることがあります。

ただ、一般的にはマーケティングよりも、基本は制作が中心の会社が多いです。

SEO業者の支払い形態や相場は?


SEOを外注する場合に、どのような支払い形態があるのか、相場はいくらくらいなのかを見ていきましょう。

支払い形態は3つ

支払い形態には、成果報酬型・月固定型・一括型があります。

成果報酬型

成果報酬型は、その名の通り成果がでたときに報酬を支払うというもので、このような体型で行っている企業は、信頼できる企業と言えるでしょう。

月固定型

月固定型は、月単位で報酬を支払うというもので、例えば3万円/月で依頼するといった形態です。
どこから手を付けて良いかわからない場合など、一年通して「なにをやっていくのか」から相談する場合など、月ごとに打ち合わせをして進めていくときにこのような報酬形態を選択することがあります。

一括型

一括型は、その名の通り一括で支払うという形態です。
やることや期間などを明確にしてその分の費用を前納するという形態です。

費用相場

相場は、どこまでの内容を実施してもらうかによって価格帯は異なります。

一括払い

・数千円~10万円
コンテンツSEOのためのコンサル費用やライティング費用の目安です。
1記事の依頼をする小規模から数十記事を依頼する場合の目安となります。

・10万円~20万円
内部SEO対策や、外部SEO対策など、単発で実施する場合には、10万円~20万円が相場となります。

・20万円~100万円
サイト設計やサイト分析、提案に至るまで、実施内容によって異なりますが、SEO対策のためのサイト設計や具体的な提案をもらい、実施してもらうには、数十万円の費用を要すると考えるべきでしょう。

・100万円以上
大規模サイトや、大規模なデジタルマーケティング戦略のコンサルを依頼する場合には、100万円以上、中には1,000万円になることもあるでしょう。

月額払い

・月数千円~10万円
定期的に記事の修正を依頼したり、記事の追加を依頼するようなコンテンツSEOとして依頼する場合や、月に何度かの打ち合わせや、レポートを出してもらうような費用感と考えると良いでしょう。

・10万円~50万円
小・中規模サイトの内部SEO対策や外部SEO対策を全て任せる場合には、数十万円程度のコンサル費用が毎月掛かると考えると良いでしょう。
サイトの規模や実施内容によっても異なりますが、相場としては10万円~50万円となります。

・50万円以上
大規模サイトや、デジタルマーケティングの実施内容が沢山ある場合には、50万会陰上掛かるケースもあります。

SEO業者が対策してくれる内容は?


SEO対策を外注する場合、SEO対策をしてくれる業者はどのような内容の対策をしてくれるのか、具体的な例を見ていきましょう。

市場分析と対策

SEO業者が対策してくれる内容として一番先に行われるのは、市場分析です。

現在の状況を確認し、どのような対策が取れるかをはじめに行なわなければ、的外れな対策をすることになるため、キーワードの検索ボリュームや現在のアクセス数、キーワード候補など市場分析をしてくれ、レポートにして出してくれることが多くなっています。

競合分析と対策

提供している商品やサービスの競合の分析も行ってくれます。

自社を知り、他社を知ることで戦い方や戦う場所が見えてきますので、一般的には競合分析を行い、その対策も提案してくれることでしょう。

コンテンツ作成

SEO対策に必要なコンテンツを作成してくれることもあります。

例えば、元々Webライターをやっていた方が、マーケティングの知識もあり、SEO対策も得意な場合に、コンテンツ作りまで手伝うというケースです。

関連:SEO対策を意識したライティングについて

SEOの基礎対策

SEO対策の業者ごとに異なりますが、SEOの基礎対策である「alt設定」など必要最低限のSEO設定をしてくれる企業も中にはいるでしょう。

サイトの構造化などを無視してキーワードだけ狙うというSEO業者も存在しますが、基本的な内部対策を行なってくれる企業もあります。

絶対に頼んではいけない!こんなSEO業者はNG


最後に、SEO対策を外注する上で、絶対に頼まない方が良い業者をご紹介します。

Googleの穴を突こうとする業者

Googleの穴を突き、裏技的なことをしようとする業者、具体的には「被リングの売買で順位を上げる」というような業者は、Googleから嫌われることをする可能性があるためNGです。

一昔前までは、このような業者が多く存在し、「SEO対策しますよ」と言いながら、Googleに嫌われるような対策をする業者に泣かされた企業も少なくないでしょう。

検索順位だけの提案業者

検索ボリュームやユーザーの課題を考えずに検索順位だけを目指そうとする業者はNGです。

例えば、「青森 りんごジュース」というキーワードであれば、ある程度の検索ボリュームが見込めますが、「青森 リンゴジュース 果肉 100% おみやげ」といったキーワードで1位が取れても、検索ボリュームが元々少ないため、認知を高めることはむずかしいでしょう。

このようなニッチなキーワードを設定する「ロングテールSEO」という手法もありますが、ビッグ・ミドルのキーワードも狙う必要があるため、上位表示をニッチなキーワードだけで目指す業者は良い業者とは言えないでしょう。

ユーザーに不利益な提案をしてくる業者

ユーザーを騙したり、意図的にアクセス数を増やそうとしたりする業者はNGです。

これまでご紹介してきたように、Googleはユーザーに焦点を当てているため、そのユーザーを意図的に騙したりごまかしたりするようなコンテンツはGoogleからも嫌われるでしょう。

SEOの相談をフリーランスに

ここまで、SEO対策を外注する際の費用や、業者についてご紹介してきました。

SEO対策には内部対策と外部対策があり、自分たちで行なう場合と外注する場合があり、それぞれにメリットがありました。

SEO対策を外注するには、裏技のような技術で対策をするという業者より、コンテンツの質や市場分析をしっかり行ってくれるような業者の方が信頼できるといえるでしょう。

現代では、SEO対策を外注する先として、フリーランスを選択する方も増えてきており、その理由としては、適正価格で依頼ができることSEOに特化したコンサルティングをしている人が多いことからということが挙げられます。

「企業と企業」、「企業と個人」の仕事マッチングを提供しているランサーズでは、SEO対策が外注できる業者が1,000人以上存在します。

ランサーズが認めた「認定ランサー」などの信頼できるフリーランスの方もいるので、是非検討されてみてはいかがでしょうか。