オウンドメディアで失敗しないためには?! 成功させるためのコツを解説

オウンドメディアで失敗しないためには?! 成功させるためのコツを解説
マーケティング担当者にとってオウンドメディアを成功させたいものです。オウンドメディアが成功することで自社の商品やサービスをより詳しく知ってもらい、定期的なリピーターにつなげることが可能となります。しかし、オウンドメディアもただ立ち上げただけでは失敗を重ねてしまい、自社の商品やサービスが売れません。そこでオウンドメディアで失敗せずに成功するためのコツを解説していきます。

▶よく一緒に読まれている記事はこちら
コンテンツマーケティングとは?効果やメリット・デメリット、実践方法を解説
オウンドメディアのメリット5つ!立ち上げの注意点や制作のポイントも徹底解説します!
マーケティングに欠かせないトリプルメディアとシェアードメディアとは?

失敗しやすいオウンドメディアの例


見込み客をターゲットにするオウンドメディアを立ち上げたとはいえ、すべての人が成功できるとは限りません。失敗する例をみていきましょう。

目的とターゲットがあいまい

多くの失敗にありがちなのが、ただ漠然とオウンドメディアの名前に惹かれて始めている人が多いことです。形から入るのも大事ですが、何となく儲かりそう・上手くいきそうと考えてしまうと、何を目的としてどのようなターゲットに絞るか照準が定まりません。

また、ターゲットを選定しても、オウンドメディアでは最終目標となるゴールが明確でないと、目的とターゲットがあいまいになってしまいます。その結果、オウンドメディアのサイトを運用しても思うような成果が反映されなくなります。

本質を理解していない

オウンドメディアは自社商品やサービスの見込み客をターゲットにしています。つまり、まったく新規の顧客をターゲットにする場合にはオウンドメディアの戦略は適していません

たとえば運動・スポーツに関連する商品を売りたい場合、常日頃からトレーニングをしているスポーツマンやダイエットや健康的な面でジョギングを始めようとする人は見込み客といえます。

しかし、運動にまったく興味がない人にまで自社の商品を売りたいと思っても、検索サイトを利用して調べることはまず有り得ないでしょう。新規客にまで商品を売りたいのなら、ペイドメディアのようにテレビや雑誌の有料広告を活用して広く周知させることが必要になっていきます。

言いたいことが分からない記事が多い

オウンドメディアを運用するのに、ターゲットを広げ過ぎてしまうと、だれに向けての記事なのか分かりづらくなり、抽象的な内容になりやすいです。

さらに、言いたいことが絞りきれていない場合、最後まで記事を読んでも結局なにが言いたいのかユーザーにも判断できなくなってしまいます。オウンドメディアは見込み客をターゲットにしているのに、ユーザーがコンテンツを閲覧して何のメリットもないと判断すれば、自社の商品やサービスにまで興味が薄れてしまいます。

コンテンツの質が悪く、更新もしていない

オウンドメディアはPV数が大切です。どれだけ自社のコンテンツを閲覧しているのかという目安にもなりますし、それだけ自社商品・サービスのリピート率も高くなります。根本的にコンテンツの質が悪いものは論外ですが、定期的に更新していないのもオウンドメディアの失敗例です。

見込み客を取り込むオウンドメディアはSEO対策ができていて質のよい記事制作になっていると、リピート率が増えます。これは単純にユーザーがコンテンツを楽しみにしているからといえるでしょう。

逆にいえば、コンテンツの更新が遅い場合になると、ユーザーは自社のコンテンツに飽きてしまい、アクセス数が落ちて商品・サービスへの興味が薄れていく可能性があります。

オウンドメディアで成功するコツ

それではオウンドメディアで成功するためにはどうしたらいいのでしょうか。

長期的なスパンで目標数値を持っておく

オウンドメディアは有料広告を掲載するペイドメディアと違い、短期間で結果を出すことを目標としません。1度記事にしたからといって、そのサイトが爆発的にPV数を伸ばすほど拡散するのは奇跡に近いといえます。

「毎月どれほどのPV数を目標にするのか」、「商品やサービスをどの程度受注するのか」、「どれくらいの割合(1日1~5記事など)で記事を制作して更新するのか」など、半年や1年という長期的なスパンで計画していくようにしましょう。

SEO対策を講じておく

記事制作にはターゲットに沿ってキーワードを策定する必要があります。見込み客が検索サイトを利用した場合に、検索結果で自社のコンテンツが上位表示されるようにしましょう。

このためには自社の商品・サービスがどのようなキーワードに分類され、関連語には何が最適かを常にイメージしなくてはなりません。よく勘違いされるのが、単純にキーワードを散りばめた記事が良いということです。

確かにキーワードの数が少ないのは検索結果で不利ですが、あまりに多くのキーワードを入れると文章として不自然になります。キーワードと関連語を自然な流れで文章にし、記事自体がユーザーにとって有益な情報となるように執筆しないといけません。

これには文章力やSEO関連のスキルや経験が必要となります。

関連:SEO対策の実施方法と費用相場

継続した更新を実施してリピーター獲得

インターネットの世界は常に新しい情報が配信されています。スマホの普及率が高いことを受けて、日常生活でインターネットはかなり身近な存在といえるでしょう。記事数を増やして情報発信を提供し続けることは、見込み客に興味をもってもらう上でも必須といえます。

また、コンテンツを随時更新することで飽きさせない工夫をしていくのは、自社の商品・サービスを購入してくれるリピーターを多く作ることにもつながっていきます。これらリピーターはSNSを通じて気に入った商品やサービスを紹介してくれるので、フォロワーなどの新たな新規客を呼び込んでくれる可能性も高まります。

記事制作の内製と外注でのメリットとデメリット

先述したように、優良なオウンドメディアの記事制作はSEOの知識が必要です。また、頻繁にコンテンツを更新しなくてはなりません。

これをすべて自社で製作すると運営費用は安くなるメリットはありますが、コンテンツ制作と更新のために、スキルのある人材が求められます。

そのため、社内にSEO対策のスキルを持った人材がいないと、良質のコンテンツを制作できず、記事の更新も進まないデメリットが生まれてしまいます。

では外注はどうでしょうか。

優良なコンテンツ制作を専門にする外注先に依頼できれば、自社の社員を商品・サービスの企画や開発、営業などの主力部隊に集中して力を注げます。
デメリットは情報漏えいの可能性や社内にノウハウが蓄積されないことでしょう。

内製と外注を組み合わせて運用

コンテンツの制作には、すべて内製するか外注に委託するかで分けるのではなく、両者を組み合わせて運用することも可能です。

コストと良質のコンテンツのバランスが大事

自社でコンテンツを運営するにはコストがかからないものの、全体的なノウハウやスキル、経験のある人材が必須となります。一から育てようとなると時間もかかり、その間にライバル会社に商品やサービスで後れを取ってしまう可能性が高まります。

また、すべて自社運営になると品質面の維持徹底が難しく、常に更新する状態をキープさせていくことが困難となるでしょう。
外注はオウンドメディアのコストがかかりますが、高品質を保てるメリットがあります。記事制作は外注しながらチェックは自社で運用するなど、コストと良質のコンテンツをバランスよく維持していくように心がけましょう。

▶記事制作に関する記事はこちらから
【種類別】記事作成の費用相場は?見積もりからチェックポイントを紹介

屋骨となるサイト制作は外注を視野に

オウンドメディアの生命線ともいえるサイト構築は重要です。サイトも見やすく編集も容易でありながら、集客に効果を見込める戦略が必要になるので、サイト構築は専門的な知識を有します。

IT関連の知識を有した社員が在籍している場合、自社で担当するのもいいですが、屋骨となるサイト制作は外注したほうが良質のコンテンツを維持していくのに最適です。何より、既存の仕事を抱えながらオウンドメディアを構築していくのはかなり大変な作業といえます。

また、既存の自社ホーム―ページをすべてワードプレスで管理する場合や一からホームページを作りなおす場合などで制作にかかる費用も大幅に変わってきます。外注コストを気に掛ける必要はありますが、オウンドメディアは長期的なスパンで成果を出していくものなので、しっかりと中身の濃いサイト構築に臨むようにしましょう。

オウンドメディアを成功するには
目標と良質のコンテンツが大事

オウンドメディアは自社の商品・サービスに興味をもってもらうよう見込み客を誘導しなくてはなりません。そのためには短期間で結果を残すのではなく、半年から1年以上かけた長期的なスパンで目標数値を設定し、良質のコンテンツを制作していくことが大事といえます。

SEO対策を実施した記事や継続したコンテンツ更新をしていくことでリピーターを獲得し、見込み客に飽きさせないことがオウンドメディアの成功するポイントになります。

コストはかかりますが、オウンドメディアのサイト構築や記事制作は高品質であることも重要ですし、制作した記事は削除さえしなければ残り続ける資産です。中長期で見たときに、投資対効果は良くなっていくのではないでしょうか、
クラウドソーシングのランサーズでは優良なオウンドメディアの制作に関するフリーランスが多数在籍していますので、コンテンツ制作は専門知識を有する外注をライターに記事制作を依頼するなど、検討してみてはいかがでしょうか。

▶よく一緒に読まれている記事はこちら
コンテンツマーケティングとは?効果やメリット・デメリット、実践方法を解説
オウンドメディアのメリット5つ!立ち上げの注意点や制作のポイントも徹底解説します!