マーケティングに欠かせないトリプルメディアとシェアードメディアとは?

マーケティングに欠かせないトリプルメディアとシェアードメディアとは?
自社のマーケティングを担当する人にとって、どの施策を取りいれていいのか悩んでいる人も少なくないでしょう。中でもデジタルマーケティングでは主要となっているトリプルメディアやシェアードメディアの内、どれが自社に向いているのか把握しないといけません。そこでトリプルメディアやシェアードメディアの特徴や事例をここで解説していきます。

▶よく一緒に読まれている記事はこちら
コンテンツマーケティングとは?効果やメリット・デメリット、実践方法
オウンドメディアのメリット5つ/立ち上げの注意点や制作ポイント

トリプルメディアとは


マーケティング担当者になる前にも、「トリプルメディア」の言葉を聞いたことがある人も少なくないでしょう。デジタルマーケティングにおいて、欠かせない要素となっているのがトリプルメディアですが、これらの3つのメディアが何かみていきましょう。

デジタルマーケティングに必要な3つのメディア

トリプルメディアは広告費用や狙うターゲットによって、自社が扱うメディアも変わってきます。

有料広告を活用しているのが「ペイドメディア」で、テレビや新聞、インターネットのリスティング広告やバナー広告など、多くの消費者へ商品やサービスを告知するのが狙いとなります。

自社の商品やサービスに興味を持っているユーザーに見つけてもらい、より理解を深めてもらうのが「オウンドメディア」です。自社で情報を保有しているので、ブランド力を発信しやすいメディアといえます。

消費者が自らSNSを通じて発信するのが「アーンドメディア」です。消費者がコミュニケーションを通じて評判を得るメディアです。

有料広告を活用する「ペイドメディア」


ターゲットを絞らず、商品やサービスを幅広く周知させるのがペイドメディアです。有料広告を活用するので、媒体によっては多額のコストがかかりますが、目に付くという点では優れたメディアといえます。

ペイドメディアの特徴をみていきましょう。

お金を払って不特定多数に展開させる

ペイドメディアにはテレビ・ラジオ・新聞・雑誌のように、大人から子供まで幅広い層をターゲットにすることが可能です。インターネットでもリスティング広告やバナー広告がペイドメディアとして存在しています。

これらは企業がお金を払って広告を出稿し、これまで自社の商品やサービスを知らなかった層にも周知させることができます。不特定多数に発信するテレビCMはその典型的な例といえるでしょう。

新聞や地域情報誌といった刷り込みの広告は、テレビよりも大幅に広告費を抑えられ、地域限定ながらも不特定多数への宣伝効果が見込めます。一方、スマホの爆発的普及を受けて、インターネットでのリスティング広告やバナー広告が身近に感じられるになり、消費者が広告に興味を持ってクリック(タップ)するのもペイドメディアの特徴といえます。

また、ペイドメディアのみでマーケティングを展開していくよりも、後述するオウンドメディアやアーンドメディアと連携して組み合わせていくことでより大きな効果を生み出せます。

すぐに効果は見込めるがデメリットはコストがかかりやすい

ペイドメディアの中でもテレビCMのインパクトが大きいというのは、幼少の頃よりだれでも経験していることでしょうが、当然ながら広告費も高額になります。テレビだけでなく、ラジオや雑誌、新聞でも広告効果はすぐに見込めますがコストがかかってしまいます。

また、ペイドメディアはオウンドメディアやアーンドメディアよりも消費者へのコミュニケーションが一方的になってしまいます。多くの消費者へ広告で周知させることが可能ですが、自社の商品やサービスに興味が湧かない(もともとターゲットではない)層にまでお金をかけてしまうのもデメリットといえるでしょう。

自社で展開する「オウンドメディア」


オウンドメディアは自社でコンテンツを保有し、ユーザーに有益な情報を発信することが可能です。オウンドメディアの特徴をみていきましょう。

自社ブランドの情報発信がしやすい

ペイドメディアのように不特定多数の消費者に発信するのでなく、もともと自社ブランドに興味を持ちそう・持っている見込み客をターゲットにしたマーケティング戦略です。たとえば自社のサイトだけでなく、商品・サービスのブランドで別サイトを保有し、そのサイトから直接ユーザーが商品を購入できるECサイトがあります。

新商品の告知や特徴、お得な割引クーポンなど、見込み客を惹きつける情報を発信しやすいのでマーケティング戦略がやりやすいのも特徴といえるでしょう。

このことからも、オウンドメディアは自社ブランドを発信しやすく、広告費用を抑えられるメリットがあります。

SEO対策で検索結果を上位表示させる

いくら見込み客とはいえ、いつまでも自社ブランドに興味を持ち続けてくれるかは分かりません。そこでコンテンツを常に更新し、情報を発信し続けていくことが大事です。多くのECサイトでは購入を勧めるのではなく、自社ブログでユーザーのためになるアイデアや知識・事例を取り上げて記事として発信しています。

また、コンテンツを更新することも大事ですが、SEO対策でユーザーに見つけてもらうようにしないといけません。これはスマホなどで商品やサービスを検索する場合、ライバル企業の商品・サービスが検索結果で上位表示されると、そちらに興味を持っていかれるからです。

ライバル企業よりも上位表示されるには、自社商品・サービスでよく検索されるキーワードと関連検索語をリサーチし、タイトルや本文に自然なキーワードが入るようにコンテンツを作成していきます。

SEO対策で上位表示されるようになると、見込み客を集客できるだけでなく、既存客をリピートさせていくことが可能です。

関連:SEO対策の実施方法と費用相場

デメリットは、効果が出るまでの時間

オウンドメディアの特徴をみると多くのメリットがありますが、デメリットも存在しています。自社サイトでブログなどの記事を執筆してもそれを視聴する人(PV数)がすぐに増えるとは限りません。PV数を上げていくには記事のボリュームと質を底上げしないといけません。

しかし、SEO対策をして優良なコンテンツを制作していくにはスキルが必要ですので、その道のプロでもない限り、いきなり参入するのはハードルが高いともいえます。狙うターゲットに情報が行き届かないと、オウンドメディアの特徴を活かし切れず、集客効果が高まりません。

ただ、オウンドメディアの特徴を活かした専門のコンテンツ作成を外注できるクラウドソーシングもあります。ランサーズのようなクラウドソーシングで、フリーランスに記事制作を依頼するケースは増えていますので、一度フリーランスに相談してみるのもいいでしょう。
また、SEO対策やサイト運営を代行すれば、自社はマーケティングと商品・サービスの提供に集中して力を注ぐことが可能です。

関連:記事作成の費用相場

SNSで評判を獲得する「アーンドメディア」


アーンドメディアとは消費者がSNSを活用して情報の発信を行い、企業が信用や評判を得ることを指します。ペイドメディアやオウンドメディアと異なる特徴をみていきましょう。

口コミやレビューを消費者に発信してもらう

商品やサービスの購入において、だれかが利用したという口コミは他の消費者に安心感を与えます。多くのネットショッピングでは星マークで評価を一瞥できるようになっており、消費者はレビューを参考に商品の購入を決めています。

当然ながら高評価を得ている商品は他の消費者からの共感を呼び、集客効果を高めることにつながっていきます。これには購入者との信頼関係が大切です。アフターフォローをしっかりと行い、レビューにも返信をしていけば多くの消費者からの評価を集めることができます。

また、SNSで発信してもらうことは多くの消費者に情報が届くので、オウンドメディアでは届かないターゲット層にも広がっていきます。SNS上で多くのフォロワーに拡散されることで企業側が特に何もしなくても、爆発的に商品・サービスを宣伝してもらうことがあります。広告費を抑えながらこれらのメリットを活用できるのがアーンドメディアの特徴といえるでしょう。

自社でコントロールできないデメリット

一方でアーンドメディアは自社側で発信者をコントロールできないデメリットがあります。何か不手際が生じた場合には高評価よりも速く拡散する恐れが生じますし、匿名性があるSNS上では誤った評価が流されるケースも懸念されます。こうなると商品やサービスだけでなく、企業そのものの評判が一気に急降下することにつながるでしょう。

そのためにも常に消費者とのコミュニケーションを強化し、信頼関係を構築していくことが大切といえます。

関連:SNS運用代行の費用相場やメリット・デメリット

コンテンツを共有する「シェアードメディア」

アーンドメディアから派生したのがシェアードメディアです。企業がアカウントを活用して消費者とコンテンツを共有してコミュニケーションを図ることが可能です。

アカウントを作成してコミュニケーションが可能

シェアードメディアはアーンドメディアから派生したもので、スマホを活用してアカウントを作成し、消費者が容易に会員に登録して情報を共有できるサービスです。アカウントを作成することで商品やサービスのサポートも行えますし、問い合わせもSNS上でできますので、消費者とのコミュニケーションが可能となります。

また、アカウント登録時にお得なクーポンを配布することでライバル他社と差異化を図れますし、自社でコントロールしやすいメリットがあります。

話題性が高まると拡散されやすい

もちろん、アーンドメディアのようにSNSやブログで情報を発信してもらえますので、高評価につながればアカウントがある分短期間で拡散しやすくなります。これにはデメリットもあり、悪い評判が高まってしまうとアカウントが炎上してしまう恐れがあります。

シェアードメディアはコンテンツを共有できるので、常に消費者の動向や疑問を調査しつつ、悪い評判につながらないようアカウントでコミュニケーションを図るように心がけましょう。

自社に合ったメディア戦略で他社との差異化を図ろう

トリプルメディアはペイドメディア、オウンドメディア、アーンドメディアの3つからなります。不特定多数に発信力のある「ペイドメディア」、見込み客により詳しい情報を提供する「オウンドメディア」、口コミやレビューで評判を得る「アーンドメディア」と、自社のメディア戦略に沿って使い分けていく必要があります。

競合他社との差異化を図るには、どのメディアも知見を持っている人がいると有利になるので、クラウドソーシングを展開しているランサーズで一度相談してみるのもいいでしょう。

コンテンツマーケティングとは?効果やメリット・デメリット、実践方法を解説
オウンドメディアのメリット5つ!立ち上げの注意点や制作のポイントも徹底解説します!