動画マーケティングとは?目的や動画制作の方法、メリット・デメリットをご紹介

動画マーケティングとは?目的や動画制作の方法、メリット・デメリットをご紹介
近年注目されている動画マーケティングに関して 「自社でもやってみたいが、やり方がわからない」 「そもそも動画を作れる人が身近にいない」という悩みを抱えていませんか? 動画広告市場は2023年に5,065億円にのぼると試算されており、 やり方がわからないままにするのは、大きな機会損失となる恐れがあるのです。 そのため、この記事では動画マーケティングのメリット・デメリットや具体的な手法について解説していきます。 全て読めば、動画マーケティングが理解でき、自社で活用するために今何をするべきかわかるでしょう。

▼費用相場の確認なら、こちら
【動画制作の費用相場は?】完成度の高い動画は外注しよう!

動画マーケティングとは


まず初めに動画マーケティングについて解説していきます。

概要

動画マーケティングとは、動画コンテンツを活用したマーケティング手法のことです。
文章や画像と比べると動画は情報量が多いため、顧客へのアプローチの幅が広がります。

目的

動画マーケティングの目的は大きく分けて下記3点です。

  • 認知度のアップ
  • 商品やサービスの魅力発信
  • 購入率や売上のアップ

情報量の多い動画マーケティングでは、上記の目的に対して高いマーケティング効果を発揮できるといえます。

動画マーケティングが注目される背景

注目される背景にはインターネットとスマホの普及・動画配信プラットフォームの誕生の2点があります。

      インターネットとスマホの普及

通信インフラの拡充とスマートフォンの普及により、どこでも動画コンテンツを見られるようになったことが動画マーケティング普及の背景にあります。
これにより通信容量の大きさを気にせずに通勤・通学時やオフィスでの休憩時間、自宅など、あらゆる場所と時間に動画を閲覧できるようになりました。

      動画配信プラットフォームの誕生

YouTubeやinstagramといった動画配信プラットフォームが誕生したことも背景にあります。
動画配信プラットフォームの誕生による動画の拡散スピードの向上や閲覧者数の増加が動画マーケティングを加速させたといえるでしょう。

動画マーケティングの市場規模

動画広告市場は、2023年には5,065億円に達すると見込まれています。
比較として、2019年の国内家庭用ゲーム機(Nintendo Switch・ポケットモンスター等)の市場規模が4,368億円となっていることから、動画広告市場が非常に大きいことがわかるでしょう。
さらに5G技術の普及に伴い、今後さらに動画広告市場が拡大すると予想されます。
参考:動画広告市場推計・予測 | 株式会社サイバーエージェント

動画マーケティングのメリット


次に動画マーケティングのメリットを4点紹介します。

1. 低予算でも始められる

動画マーケティングは、高額という印象を持っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、実際のところ低予算でも始めることができます。
というのも、YouTubeといった無料の配信プラットフォームを活用すれば、運用コストを抑えられるからです。

さらに、動画制作会社やフリーランスに依頼する場合、ディレクション費用や間接コストをおさえることができれば、10万~20万円で発注することも可能です。

2. 文字よりも情報量が多く、商材の訴求力が高い

動画の情報量は文字や静止画の5,000倍といわれます。
つまり、1分間の動画で180万語、Webページに換算すると3,600ページ分の情報量を伝えられることになるのです。
そのため、文字や写真と比べてサービス・商品の訴求力が極めて高くなります。

3. 配信先が豊富で高い広告効果を見込める

ツイッター上で動画コンテンツがバズり、凄まじいスピードで拡散されるのを見たことがある人も多いでしょう。
このように自社のWebサイトだけでなく、YouTubeやInstagram、Twitterといった配信先が豊富で高い広告効果を見込めることが動画マーケティングのメリットといえます。

4. 動画コンテンツはSEOの評価が上がりやすい

動画コンテンツを自社のWebサイトに設置することでSEOの評価が上がりやすくなります。
これはGoogleの検索エンジンが動画コンテンツに価値があると認めているためです。

実際に動画があるページはないページと比較して約53倍の確率で上位表示が期待できるという調査結果もあります。
ただし現段階では動画の内容自体を検索エンジンが評価することはできないため「タイトル」「説明文」「タグ」などのテキスト情報を整えておくことがポイントです。

動画マーケティングのデメリット


次に動画マーケティングのデメリットを3点紹介します。

1. 動画制作をできる人材がいない

動画制作の基礎知識をもった人材が自社にいない企業が多い点はデメリットといえるでしょう。
「外注すれば問題ないのでは? 」と考える人もいますが、動画制作の知識やノウハウを持つ人がいないと的確な指示が出せず、いざ納品してもらっても「自分たちの考えていた動画と違う!」といったことになりかねません。

2. 制作に時間がかかってしまう

動画の制作に時間がかかりることはデメリットでしょう。
動画制作には下記の工程があります。

  • 打ち合わせ
  • 見積もり・提案書の確認と比較
  • 企画構成
  • 動画の撮影
  • 編集

動画の内容や尺によって変わりますが、基本的に納品までに1ヶ月程度はかかると考えておくと良いでしょう。

3. 外注が増えると高コストとなる

低予算でも始められると述べましたが、条件によっては高コストとなってしまうのが動画マーケティングのデメリットといえます。
動画制作には下記の費用がかかります。

  • 人件費
  • 企画構成費
  • 撮影費
  • 編集費
  • ディレクション費
  • シナリオ作成費
  • 音響費

この他にも、撮影用のスタジオを利用する場合は施設費、タレントやインフルエンサーなど出演者に著名人を入れる場合はキャスティング費など細々した費用がかかります。外注する場合、これらをとりまとめるディレクション費用と、全体の構成を考える企画料が高くなる傾向があります。

撮影に必要な人数や場所、動画タイプ等によって上記の費用は変動しますが、安くても数十万円はかかると考えておくといいでしょう。

動画マーケティングの事例


次に動画マーケティングの事例を2点紹介します。

事例1. ファミリーマート

ファミリーマートの事例を紹介します。
この動画はコンビニオーナー加盟者を募集するための15秒間のテレビCMです。
コンビニオーナーになることで街の人々と繋がりができ、楽しく経営ができるということをコンセプトにしています。
コンビニオーナー加盟者募集TVCM | PROOX

事例2. 富士通

富士通の事例を紹介します。
この動画は「自分の家に、もしAI機能が備わったら。」というコンセプトの10分間を超えるサービスプロモーション動画です。
富士通が考える、AIが家族の安心を見守る未来の家のカタチを映像化しています。
富士通「HOME+COMPUTING」 | ARTS TECH

動画マーケティングの手順


次に動画マーケティングの手順を3つの工程に分けて解説します。

動画マーケティングの目的を定める

まず初めに動画マーケティングの目的を定めましょう。
集客のためなのか、新商品の認知度向上のためなのかといった目的によって、制作するべき動画が変わります。

目的が曖昧なまま進めてしまうと、企画が途中で練り直しになったり、納得のいかない動画が仕上がったりする恐れがあるので注意が必要です。
目的を定めたら、そこから逆算して動画の内容を決めていきましょう。

目的に合わせた動画の具体的な内容を決める

目的を定めたら、それに合わせた具体的な内容を決めていきましょう。
動画の種類には下記のものがあります。

  • ブランディング動画
  • 集客動画
  • 商品・サービス紹介動画
  • 会社紹介・施設案内動画
      ブランディング動画

自社のブランディングを目的とした動画ではコンセプトや伝えるべきブランドイメージを明確にすることが重要です。
商品の制作秘話や社風を表現したストーリー性のある動画などが良いでしょう。

      プロモーション動画

プロモーションを目的とした動画では、動画の視聴を通じて何を達成するのかを明確にした上で「誰に」「何を」伝えるのか考えることが重要です。
面白い動画として拡散されれば視聴者の大幅な増加を見込めます。

      集客動画

集客動画は主に自社のWebサイトに設置します。
見込み客に対して、動画で必要な情報を届けてサービスや商品に興味を持ってもらうことが重要です。

      商品・サービス紹介動画

商品・サービス紹介動画では動画の特性を活かして、付加価値や機能といった目に見えない魅力を表現することが重要です。
また、消費者目線に立って訴求ポイントを絞ることも成功の秘訣といえます。

      会社紹介・施設案内動画

会社紹介・施設案内動画では、ターゲットと自社のブランドイメージを明確にする必要があります。
良い印象を持ってもらうためにポジティブな内容にするといいでしょう。

動画の配信先を決める

最後に制作した動画を公開する配信先を選定します。
主に下記の配信先があります。
自社のWebサイト

  • Youtube
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

SNSを使う場合、広告として出すのが一般的です。
使用するSNSによって広告の見え方やユーザー層が異なるため、事前に特性を理解した上で最適な配信先を選びましょう。

動画制作の方法


次に動画制作の方法を3つ紹介します。

方法1. 動画制作会社に外注する

動画制作会社に外注するのが確実な方法です。
実績のある会社であれば、自社の目的に沿った品質の高い動画制作をしてくれるでしょう。
ただし、制作費用は跳ね上がるので注意が必要です。
安くても数十万円はかかることを覚悟しておきましょう。

方法2. 自社で動画制作を行なう

動画制作のノウハウや優れた人材を保有しているのであれば、自社で制作することも可能です。
制作に必要な機材やソフトウェアを用意さえすれば、制作会社に依頼するよりも安く抑えられる点はメリットといえます。

ただしクオリティの高い動画制作には工数がかかるため、プロにお願いした方が時間がかからなかったということは往々にして起こりえるでしょう。

方法3. フリーランスに依頼する

動画制作会社に外注できるほどの予算もなければ、自社に動画制作できる人材もいないという場合、フリーランスに依頼するやり方があります。

会社に外注すると数十万円かかる動画制作ですが、フリーランスに依頼すれば、適正な価格で動画制作できる傾向があります。
動画制作会社に依頼する場合、動画の企画はA社、実際の撮影はB社、撮影後の編集はC社、というように複数の企業を巻き込み受託制作しているケースがあり、中間マージンが発生しコスト増になることがあります。

フリーランスは個人で動いてくれることが多いため、無駄な中間コストやディレクション費を省き、適正コストで発注しやすい傾向があります。
ただし納期の遅延や、クオリティに納得がいかないといったリスクを最小限に抑えるために個人の実績を確認する必要があるでしょう。

▼費用相場の確認をしよう
【動画制作の費用相場は?】完成度の高い動画は外注しよう!

まとめ

動画マーケティングは、多くの情報量を活かしてブランディングやプロモーションを実現させるマーケティング手法です。
動画制作できる人材が自社にいない場合、としても、制作会社やフリーランスに依頼すれば実施可能です。制作会社に依頼するほど予算がなく、フリーランスを探すのは大変そうという方はランサーズのようなクラウドサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

ランサーズは、1200人以上の動画制作フリーランスを抱えており、制作会社に依頼するよりも安価でスピーディーな対応が期待できます。
5Gの普及を背景に、今後さらに注目される動画マーケティングを今から始めてみましょう。