韓国語翻訳の費用相場は?おすすめ翻訳業者を比較して紹介!

韓国語翻訳の費用相場は?おすすめ翻訳業者を比較して紹介!
「韓国語の翻訳料金を知りたい!」「翻訳には言語の種類や、翻訳のフローによる追加料金などはあるのか?」など、様々な疑問を抱える担当者も少なくないでしょう。結論から言うと、韓国語翻訳料金は、英語翻訳の料金とは異なります。さらに、当然、翻訳会社によっても料金が異なりますが、同じ会社の中でも、見積もり計算の方法は翻訳フローや分野、納期など依頼内容や希望によっても左右されます。今回は、韓国語翻訳の種類や料金を紹介します。

韓国語翻訳の種類や費用相場は?

韓国語翻訳 種類 費用相場
韓国語翻訳には3つの種類があります。さらに、

  • 原稿の種類や納期
  • 分野や分量
  • 翻訳者の人数

などによって料金に多少の差が生じてきます。
ここでは、韓国語翻訳の種類やジャンルについて紹介しつつ、費用の目安もご紹介します。

韓国語翻訳の言語の種類

韓国語翻訳は大きく分けて次のように分かれます。

  • 韓国語から日本語(韓日)への翻訳
  • 日本語から韓国語(日韓)へ翻訳
  • 韓国語から英語、英語から韓国語などの多言語・双方向翻訳(日本語へその前後に翻訳する場合も含む)

また、翻訳した文章の校正・チェックも依頼できますが、チェックにも種類が2つあります。

      日本人によるチェック
      ネイティブによるネイティブチェック

韓国語翻訳の専門分野

韓国語翻訳の主な分野は次の通りです。

・法律、IT、特許、医療、契約、金融、学術論文などの専門知識が必要な分野
・取扱説明書、マニュアルなど産業翻訳
・ビザ手続き書類やファンレターなど個人的な翻訳
・映像翻訳

また、翻訳会社は、法人や企業の依頼しか受けない会社と、k-POPファンレターを翻訳したい、処方箋を翻訳したいといった個人からの依頼も受け付ける会社に分かれます。

翻訳費用が変動するケースとは?

翻訳を依頼する際に費用の変動が生まれる理由は、翻訳ジャンルの難易度や翻訳人数になります。改めて翻訳費用が変動する場合を確認すると、以下のようになります。

  • 翻訳チェッカーやネイティブチェックの工程を挟むか
  • 翻訳の段階数(一方向か双方向か)
  • 翻訳の分野

翻訳の分野には、技術翻訳・産業翻訳、契約書翻訳・法律翻訳、特許翻訳・知財翻訳、医薬翻訳・医療翻訳、論文翻訳・学術翻訳、金融翻訳・財務翻訳、マーケティング・PR翻訳、マニュアル翻訳、Webサイト翻訳など多様な種類があります。医療翻訳や特許翻訳、学術翻訳など内容が高度な翻訳は費用も高くなる傾向にあります。

韓国語の費用相場

韓国語の費用相場は、専門ジャンルでなければ2円~12円前後が相場と広くなっています。
専門ジャンルとなれば

  • 日韓翻訳:1,200円~1,400円
  • 韓日翻訳:1,200円~1,600円
  • その他の言語を介する翻訳:1,400円~2,000円

ほどに上がります。

まずはカンタン相談から!ランサーズには、韓国語翻訳の支援を行ってきたフリーランスが多く登録しています。
しかし、急に依頼といっても気が引けてしまうでしょう。

そこで、ランサーズなら依頼の前に翻訳者に相談することができます。その際に、依頼したい業務ができるかどうか確認してみるのもいいでしょう。

まずは、無料でランサーズに登録して、相談してみましょう

韓国語翻訳の会社を選ぶ際の注意点は?

韓国語通訳 依頼

韓国語翻訳の費用は分野、納期、分量などで異なるほか、会社によってまちまちです。適正価格で依頼するためには、様々な会社で見積もりをとりましょう。ここでは、翻訳会社を選ぶ際の注意点をご紹介します。

韓国語翻訳の最低文字数

翻訳を依頼する際は、ミニマム文字数というものを規定している会社があります。最低5000文字以上などです。さらには、法人の依頼のみで個人の依頼は受けない会社もあります。

もちろん、短い文章でも依頼できる会社もあります。いずれにしても、通常は見積もりを取ってから依頼するので、文字数なども相談してみてはいかがでしょうか。

納期

納品期間の目安は2,000単語/4,000文字の場合は通常3営業日ほどで、急ぎで納品を希望される場合は基本料金の3割増で2日後に納品が目安でしょう。
当日中、24時間以内の納品を希望する場合は、要相談ですが金額はさらに高くなるでしょう。

また、基本的に24時間いつでも対応している翻訳会社や、クラウドソーシングなどのフリーの翻訳者もいます。

韓国語翻訳でおすすめの会社や外注先は?

韓国語翻訳 外注

韓国語翻訳会社は多数あります。クラウドソーシングやフリーランス、韓国ネイティブ翻訳家も含めると無数にあり、レベルの差も大きいでしょう。ここでは、その中でもおすすめの会社や外注先を具体的にご紹介します。

翻訳会社に依頼

大手の翻訳会社から登場しているクラウド型の翻訳会社が、最近人気を集めています。大手の翻訳会社とは、クリムゾン インタラクティブ ジャパンやJOHO、ロゼッタなどで、韓国語翻訳だけではなく英語翻訳でもトップクラスの会社ばかりです。一流企業や主要大学のクライアントを持ち、翻訳のフローも多いので、料金は1文字12円以上で高めの設定となっています。

最近登場したココナラという会社は、1文字1円や500円からのワンコイン翻訳が人気です。実績やレビューを見て翻訳者を自分で選べるのが特徴で、ビデオチャットで相談することもできます。

こちらの会社では個人の依頼も受け付けているため、韓国アイドルへのファンレターの翻訳なども多いようです。さらに、様々な背景を持つプロの翻訳家が在籍しており、大きな案件にも対応できます。

クラウドソーシングで依頼

クラウドソーシングで依頼する場合、まずはクラウドソーシングサイト内の検索窓で「韓国語翻訳」などとして検索、翻訳家がピックアップされますので、その中からお気に入りを見つけましょう。翻訳家のバックグラウンドは、それぞれです。プロの翻訳家といっても、翻訳家であると同時に、化学やITや医療、ビジネスなどの専門知識や経験、精通した分野がある人などもいます。

ランサーズなど自社に合った韓国語翻訳を選ぼう

韓国語の翻訳は依頼する業者や文字数、納期などによって必要となる費用も変わってきます。また、ランサーズには翻訳会社に勤めたこと無いけど、翻訳の仕事をしているフリーランスもいます。
専門的・高度なジャンルは翻訳会社に勤めた事がある人に依頼する、またはそのジャンルに詳しい方に依頼するほうがいいですが、とてもカンタンな内容を依頼した場合はむしろ本格的な翻訳経験がない方に依頼したほうが費用も抑えられます。

ご自身が依頼したい業務の内容・難易度に合わせて、依頼するフリーランスを選びましょう。

まずは無料相談を!ランサーズには、韓国語翻訳の支援を行ってきたフリーランスが多く登録しています。

まずは、無料でランサーズに登録して、相談してみましょう