雑貨に新しいアイデアを!新商品の開発はプロダクトデザインの中でも雑貨に特化した「雑貨デザイナー」に依頼しよう

雑貨に新しいアイデアを!新商品の開発はプロダクトデザインの中でも雑貨に特化した「雑貨デザイナー」に依頼しよう
プロダクトデザインにはさまざまな種類があり、デザイナーによっても得意としているものが異なります。新しい商品のデザインを外注する際には、作ろうとしている商品のジャンルを得意としているデザイナーを探すことが大切です。 例えば、雑貨のプロダクトデザインを依頼する場合。雑貨のデザインを専門とするデザイナーは雑貨デザイナーといいますが、雑貨デザイナーに依頼するメリットはどんなところにあるのでしょうか。 この記事では、雑貨やそのデザインを行う雑貨デザイナーについてご紹介します。

日常生活に不可欠なプロダクトデザイン!生活を彩る雑貨

雑貨のプロダクトデザインのイメージ画像

雑貨の存在価値

雑貨は日常生活で頻繁に目にするものではありますが、基本的には必ずしも必要なものではありません。では雑貨の存在価値はどこにあるのかというと、それは生活を豊かにするということです。

例えば部屋には必要な家具さえあれば生活できますが、そこにインテリア雑貨をプラスすることで彩りを演出できます。こうしたちょっとした豊かさを生活に添えるのが、雑貨なのです。

雑貨に特化したプロダクトデザインを制作する雑貨デザイナー

雑貨デザイナーが雑貨のプロダクトデザインを作っている様子の画像

プロダクトデザインの中でも雑貨に特化する雑貨デザイナーとは

雑貨デザイナーは、文字通り雑貨のプロダクトデザインに特化したデザイナーのことです。雑貨をデザインするだけでなく、企画や仕様書の作成、製造、工程管理など、場合によっては製造工程すべてを担当することもあります。

雑貨デザイナーになるために必要な資格は特になく、多くは美術系の大学・専門学校を卒業してから雑貨メーカーやデザイン事務所に就職します。

プロダクトデザインの中でも雑貨デザイナーに求められるもの

雑貨のプロダクトデザインは、ただデザインが美しいだけではいけません。機能性や安全性、コストなど、実際に販売・使用する場合のことも考えたデザインが必要となります。また、前述したようにさまざまな工程をひとりでこなすことがあるため、幅広い知識や技術も必要です。

雑貨のプロダクトデザインを専門デザイナーに依頼するメリット

雑貨のプロダクトデザインを専門のデザイナーに依頼するメリットとしては、以下のようなものが考えられます。

優れたデザイン性

雑貨デザイナーは、その名の通り雑貨のデザインを専門に取り組んでいます。他の分野のデザイナー、例えばインテリアデザインを専門としたインテリアデザイナーは雑貨のデザインがまったくできないというわけではありませんが、やはり雑貨を専門としている雑貨デザイナーにはデザイン性が劣るといえます。よりよいデザインを求めるなら、専門のデザイナーに依頼するべきです。

さまざまな視点からの商品開発

前項でもご紹介したように、雑貨のプロダクトデザインはただ美しいだけではいけません。機能性やユーザビリティ、生産性、ブランディングなど、さまざまな視点を考慮して制作する必要があります。こうした雑貨に対する視点は、雑貨を専門とする雑貨デザイナーが最も優れています。

まとめ

今回ご紹介したように、雑貨のプロダクトデザインは雑貨デザイナーに依頼するのが最も効果的です。雑貨メーカーやプロダクトデザイン会社など、雑貨デザイナーが所属している会社に外注を依頼しましょう。

この他にも、フリーランスの雑貨デザイナーに依頼するという方法もあります。フリーランスならデザイナー個人と直接契約できるので、費用を抑えやすく、スムーズな意見交換も可能です。クラウドソーシングを活用すれば、フリーランスのデザイナーも見つけやすいでしょう。

クラウドソーシングを活用するなら、ランサーズがおすすめです。ランサーズには多くのデザイナーが登録しているので、雑貨の種類や求めるデザインのイメージに合ったデザイナーを探しやすいといえます。フリーランスのデザイナーを探すなら、ぜひランサーズを利用してみてください。

プロダクトデザインはどうやって外注する?
気になる費用・実績をランサーズの過去の事例から見てみる

デザイン制作の外注に関する記事もご覧ください
失敗しないために!デザイン制作でうまくいく外注先の選び方