売れる秘訣は商品のデザイン力!魅力的なプロダクトデザインは外部のデザイナーにお任せ!

売れる秘訣は商品のデザイン力!魅力的なプロダクトデザインは外部のデザイナーにお任せ!
ものが溢れるこの時代、スペックが高いだけではものが売れにくくなっています。優れた商品を開発しても、売上が伸び悩むことに頭を抱える開発担当者や営業担当者は多いかもしれません。商品が売れない理由には、何か秘密が隠されているのでしょうか。 この記事では、商品が売れない原因と、その解決策についてご紹介します。

商品が売れないのはなぜ? 売上とプロダクトデザインの関係性

商品が売れない理由には、主に3つの要因が考えられます。

商品開発のコンセプトが開発者優先

商品が売れない理由のひとつに、コンセプトのズレがあります。商品を購入するのは、消費者です。そのため、消費者優先で商品コンセプトを考えなくてはいけません。しかし中には、優れた商品を作りたいあまり、開発者優先で商品コンセプトが考えられているケースがあります。商品のコンセプトは、必ず消費者の立場に立って考える必要があります。

マーケティングの弱さ

マーケティングの弱さも、商品が売れない大きな原因のひとつ。そもそも上手く宣伝されていなければ、消費者の目に商品が留まることはありません。消費者の目に留まってはじめて、その商品のよさを知ってもらえるのです。

プロダクトデザイン力に欠けている

商品が売れない理由には、プロダクトデザインも考えられます。今やスペックが高いだけでは商品が売れなくなっている時代、売上を上げるためにはデザイン力の高さも重要です。プロダクトデザインは、売上に大きく影響するといえます。

プロダクトデザイン力が大切!?商品の売上を伸ばすには

プロダクトデザインに大切な言葉の画像
売上が伸びる商品を開発するためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。

リサーチ力

まず大切なのは、リサーチ力です。マーケティングリサーチを行い、消費者のニーズや行動をしっかりと把握することで、消費者が求める、つまり売上を伸ばせる商品開発につながります。

4Pに整合性を持たせる

4Pとは、Product(商品)、Price(価格)、Promotion(販促)、Place(流通)のこと。そのどれかひとつだけが突出していると、売上は伸び悩みます。例えば、商品のスペックに対して価格が適正でなければ、消費者は購入しようとは思いません。売上を伸ばすには、4Pそれぞれに整合性を持たせることが大切なのです。

商品コンセプトに合ったデザイン

売上を伸ばすには、プロダクトデザインも大切です。デザイン力に優れているというだけでなく、商品コンセプトに合ったデザインであることにも注目しましょう。

優れた商品の開発には外部のデザイナーへのプロダクトデザインの外注が効率的

プロダクトデザインを作成するデザイナーの画像
売上を伸ばせる商品を開発するには、外部のデザイナーへプロダクトデザインを外注するのがおすすめです。その理由や主な外注先は、以下の通りです。

商品のプロダクトデザインを外部のデザイナーに外注すると

プロダクトデザインには、専門的な知識が必要です。それを社内で制作するとなると、そのスキルを持った人材を雇う必要があります。しかし、外部のデザイナーに外注すれば、人件費を削減できるだけでなく工数削減にもつながります。外注することで、魅力的なプロダクトデザインが効率的に制作できるのです。

プロダクトデザインの主な外注先とは

プロダクトデザインを依頼できる主な外注先には、デザインの制作会社やフリーランスのデザイナーがあります。フリーランスのデザイナーに外注するなら、クラウドソーシングの利用がおすすめです。クラウドソーシングは予算に合わせてデザイナーを選びやすいだけでなく、公募することで多くのアイデアを集められるメリットもあります。

まとめ

商品の売上には、プロダクトデザインが大きく影響しています。魅力的なプロダクトデザインにするためには、今回ご紹介したように外部のデザイナーに依頼するのが効率的です。

クラウドソーシングを通してフリーランスに依頼するなら、ランサーズがおすすめです。ランサーズには多くのデザイナーが登録しているため、ニーズに合わせたデザイナーを見つけやすいでしょう。フリーランスのデザイナーをお探しなら、ぜひランサーズをご利用ください。

プロダクトデザインはどうやって外注する?
気になる費用・実績をランサーズの過去の事例から見てみる

デザイン制作の外注に関する記事もご覧ください
失敗しないために!デザイン制作でうまくいく外注先の選び方