どの方法で作成する!?企業リストの主な作成方法・外注した場合のメリットや注意点をご紹介

どの方法で作成する!?企業リストの主な作成方法・外注した場合のメリットや注意点をご紹介
効率的な営業活動に、企業リストは欠かせません。企業名やその住所、電話番号など営業する上で必要な情報が記載されている企業リストは、営業マンにとって大切なツールのひとつです。 そんな企業リストには、いくつかの作成方法があります。この記事では、その作成方法や、それぞれのメリットや注意点についてご紹介します。

主な方法は4通り!企業リストの主な作成方法とは

企業リストの作成方法は企業によっても異なり、主に4通りあるといわれています。その方法とは、自社が保有している名簿から情報を収集して作成する方法、情報収集ツールを使って企業リストを作成する方法、名簿業者などから企業リストを購入する方法、名簿リストなどの作成業者に作成を外注する方法です。

これら4つの方法には、それぞれメリットがあると同時に注意点もあります。

自社保有の名簿から情報を収集して企業リストを作成

外注した企業リストの受け渡しを行っている画像
過去に営業などで交わした名刺であったり、問い合わせ情報であったり、セミナーや展示会などの来場者など、社内には保有している情報がたくさんあります。それらを改めて収集してリスト化することで、営業で使える企業リストを作れます。

自社保有の名簿から企業リストを作成するメリット

自社保有の情報は、過去に何らかの接点を持っている企業の情報がほとんどです。そのため、比較的質の高い企業リストを作成できます。リストの質が高ければ、その分顧客獲得にもつながりやすいといえます。
また、独力で作成するため余計な費用がかからないのもメリットといえます。

自社保有の名簿から企業リストを作成する際の注意点

自社保有の情報から企業リストを作るのは、ひとつひとつ調べながらの作成となるため多くの時間と労力を費やすことになります。

情報収集ツールを使って企業リストを作成

ビジネスにおいてインターネットが欠かせなくなった昨今、経理システムや勤怠管理システムなどWebを使ったさまざまなツールがあります。その中には、情報を自動で集める情報収集ツールもあります。現在、ほとんどの企業がネット上に企業情報を公開しているため、情報収集ツールを活用することで手軽に企業リストを作成できます。

情報収集ツールを使って企業リストを作成するメリット

情報収集ツールを活用すると、時間や手間をかけることなく手軽に企業リストを作れます。

情報収集ツールを使って企業リストを作成する際の注意点

情報収集ツールを活用するには、費用がかかります。また、Web上に公開されている企業情報の中には古い情報も多く、必ずしも質の高いリストが作れるとは限りません。

業者から名簿リストを購入

企業リストは、名簿リストを販売している業者からリストを購入することでも作成できます。

業者から名簿リストを購入するメリット

業者から名簿リストを購入する最大のメリットは、一気に企業情報が手に入るため、簡単に企業リストが作れる点です。その分、営業などのメイン業務に集中できます。

業者から名簿リストを購入する際の注意点

業者から購入した企業リストの中には、古い情報が含まれている場合があります。また、ターゲットにならない企業が含まれているケースも多く、必ずしも精度の高い企業リストが作成できるとは限りません。

外注先に依頼して企業リストを作成

外注した企業リストを眺めている画像
企業リストは、外注先に依頼することでも作成できます。

外注するメリット

企業リストの作成を外注する最大のメリットは、ニーズに合わせた企業リストが作れることです。予め条件を伝えておくことで、欲しい情報を全て含めた精度の高い企業リストを作成できます。無駄な情報がなければ営業効率も上がり、成果につなげることができるでしょう。

外注する際の注意点

外注先に依頼して企業リストを作成すると、精度の高いリストが作れる分、費用もかかってしまいます。

まとめ

効率的かつ精度の高い企業リストを作成するなら、ニーズに合わせたリストが作成できる外注がおすすめです。外注先には業者だけでなくフリーランスもあり、ニーズに合わせて選択できます。

フリーランスを利用するなら、クラウドソーシングを活用してみるのもよいでしょう。中でもランサーズには多くの会員が登録しているため、条件に応じたフリーランサーを見つけやすいといえます。

企業リストはどうやって外注する?
気になる費用・実績をランサーズの過去の事例から見てみる

事務のアウトソーシングに関する記事もご覧ください
事務業務のアウトソーシングを導入する前に!アウトソーシングの基本をチェックしよう