新規開拓につながる!効率的に企業のデータを収集する方法とは

新規開拓につながる!効率的に企業のデータを収集する方法とは
営業に必要な企業のデータを収集する際には、企業リストが役立ちます。その作成方法は、企業によってさまざま。あらゆる方法を用いてリストを作成しています。企業リストを活用すれば効率的に営業活動できるだけでなく、いくつかのメリットも得られるのです。 この記事では、企業リストを活用するメリットと、効率的なデータの収集方法についてご紹介します。

収集されたデータを活用!企業リストを活用するメリット

多くの企業情報が収集された企業リスト。それを活用することで、以下のメリットが得られます。

企業リストを活用することで営業の幅が広げられる

1日のうち、営業できる時間は限られています。その中でいかに時間を上手く使い、いかに多くの企業へ出向くかで営業数は変わります。企業リストを活用すればデータ収集にかける時間を大幅に削減できるため、その分営業の幅を大きく広げられます。

企業リストを活用することで新規顧客の獲得につながる

企業リストを活用すると時間を効率的に使えるため、多くの顧客へ営業することができます。営業できる数が多ければ多いほど契約に結び付けられる数も増え、新規顧客の獲得につながるのです。

どう集める?企業のデータを収集する方法とは


たくさんの企業のデータが収集された企業リスト。企業リストを作成するための情報を収集する方法としては、主に次の3つが考えられます。

独力で企業のデータを収集する

ネット上には、たくさんの企業情報が掲載されています。企業のホームページをひとつひとつ検索して必要なデータをリスト化するのはもちろん、データバンクやタウンページなどを活用することでもリスト化できます。

ただし、ひとつひとつ検索しながらのリスト作成は、膨大な時間がかかってしまうもの。そんなとき、費用はかかりますが企業リストの作成ツールを活用すれば、独力でも効率的に企業リストが作成できます。

業者から企業リストを購入する

企業リストは、業者から購入することもできます。企業リストの販売業者や作成業者からリストを購入することで、手軽に多くのデータを入手できます。

業者に企業リストの作成を依頼する

企業リストはできあがったものを購入するだけでなく、業者に作成を依頼することも可能です。一から作成を依頼することで、ニーズに合わせたリストを手に入れられます。

業者などに企業のデータ収集を依頼することで作業効率をUP!


企業のデータ収集は、独力で行うよりも業者に依頼する方がおすすめ。その理由は、以下の通りです。

ニーズに合わせた情報収集が可能

企業のデータ収集を一から依頼すると、ニーズに合わせて情報を集めリストを作成してもらえます。そうすることで作業効率がアップし、営業の質も高められるでしょう。

情報収集や企業リストの作成に時間を割く必要がない

データの収集や企業リストの作成を業者に依頼すると、それに費やす時間を大幅に削減できます。その分営業活動に時間を費やすことができるため、メイン業務に集中できます。

業者だけでなくフリーランスに依頼することも

企業のデータ収集やリストの作成は、業者だけでなくフリーランスにも依頼できます。特にクラウドソーシングを活用すると多くのフリーランサーを見つけられるため、効率よくデータの収集や企業リストの作成を依頼できます。

まとめ

営業活動に欠かせない企業リスト。その作成をフリーランスに依頼するなら、クラウドソーシングの活用がおすすめです。中でもランサーズには多くの会員が登録しているため、活用することでニーズに応じたフリーランサーを効率よく見つけることができ、質の高い企業リストを作成できるでしょう。

企業リストはどうやって外注する?
気になる費用・実績をランサーズの過去の事例から見てみる

事務のアウトソーシングに関する記事もご覧ください
事務業務のアウトソーシングを導入する前に!アウトソーシングの基本をチェックしよう