動画制作や写真撮影を外注する際に知っておくべきこと!

動画制作や写真撮影を外注する際に知っておくべきこと!
自社のサイトに掲載したり、なんらかのPRに使用したりと、動画制作や写真撮影が必要になるケースがあります。それらを自社で行うこともありますが、詳しい人がいないことも多く、外注することも少なくありません。動画制作や写真撮影を外注する場合には、どういったところに注意すればいいのでしょうか。そこで今回は、動画制作や写真撮影を外注する際に知っておきたいポイントについてご紹介します。

動画制作や写真撮影の外注を利用する前に考えるべき注意点


外注は便利なものですが、いくつか利用前に注意しておくべきことがあります。動画制作や写真撮影を外注を検討する際にはしっかり確認しておきましょう。

あらかじめ予算を決めておく

外注の際には、あらかじめ予算を決めておくことが大切です。動画制作や写真撮影はこだわるほどに費用が高くなってしまいます。最初にしっかりと予算を決めておかなければ、想定していた以上に資金を使ってしまう可能性もあるため、上限を決めておきましょう。

社内の意思を統一しておく

動画や写真には明確な正解がなく、個人の感性によって受け取り方が大きく変わります。そのため、社内で意思が統一されていなければ、意見が二転三転していつまで経っても完成しない、といった事態に陥ることもあります。こうした事態を避けるためにも、最終的な意思決定者を決めておくなど、社内の意思統一をしておきましょう。

動画制作の外注の種類・写真撮影の外注の種類


動画制作や写真撮影を外注する際には、どのような目的で使用されるものかを明確にしなければいけません。外注できる動画や写真には、例えば以下のような種類があります。

外注できる動画制作の種類

外注できる動画制作の種類には、採用ビデオやプロモビデオ、動画広告などがあります。
採用ビデオは、新卒採用など社員の募集を目的とした動画です。近年はYouTubeなどの動画サイトで公開されることも多く、採用のためのツールのひとつとして活用されています。
プロモビデオは、会社や商品のプロモーションのために制作される動画です。Webサイト上で公開するものだけでなく、イベント会場や会社説明会、営業先などさまざまなシーンで活用されます。
動画広告は、いわゆるCMのようなものです。YouTubeなどの動画サイトで再生前後に流れるインストリーム、バナー広告の場所に表示されるインバナー、TwitterなどのSNSに埋め込まれるインフィードなど、さまざまな種類があります。

写真撮影の外注種類

外注できる写真撮影の種類には、企業ホームページ用やプロモーション素材、広告素材などがあります。
企業ホームページ用の写真は、文字通り企業のサイト上に掲載する写真です。会社の内外観や社員の写真、商品の写真などがあります。
プロモーション素材は、会社や商品のプロモーションで活用する写真で、パンフレットなどの紙媒体でも活用されます。
広告素材は、企業や商品の広告で活用される写真です。こちらもWeb上だけでなく、紙媒体やポスターなどでも活用されます。

外注先に頼むまでに自社でするべきことの流れ


動画制作や写真撮影を外注するまでには、自社でいくつか確認しておかなければいけないことがあります。

①導入後の利益を考える
まずは、導入後の利益について考えます。動画や写真を使ったプロモーションや広告は効果的ではありますが、最終的に利益につながらないのであれば制作する意味がありません。それらを作ることでどういった効果が生まれるのかは、しっかりと検討しましょう。

②自社でかかる工数や費用について検討する
外注するとはいえ、自社で何もしなくてもいいのかといえばそうではありません。打ち合わせや完成品のチェックなど、自社で作業が必要となる工程はあります。そうした工程にかかる工数や費用について、あらかじめ検討しておくことも大切です。

③外注先を選定する
外注先は最初からひとつに絞るのではなく、いくつかの気になる候補に見積もりを依頼し、比較検討することをおすすめします。その上で、もっとも条件がよいところに依頼しましょう。比較検討の際には、実績や品質、コストなどがポイントです。詳しくは、続く「外注先の選定方法」の項目でご紹介します。
他の候補に比べて極端に料金が安かったり、納期が短かったりした場合には注意が必要です。

動画制作や写真撮影の外注にかかる費用と品質


動画制作や写真撮影の費用は、さまざまな条件によって変動します。ここでは、一般的な費用相場をご紹介します。

動画制作を外注する場合

動画制作の料金は、下は10万円程度、上は100万円以上と大きく開きがでます。動画制作には企画、撮影、編集という段階があり、それぞれで人件費や機材費などがかかってきます。制作に時間がかかればそれだけ費用も高くなるので、どれだけの人員をどれだけの時間動かし、どれだけの機材を使うのかによって費用が大きく変わるのです。
一般的にかかる費用としては、企画費や人件費、撮影費、編集費などがあります。企画費は30,000円程度から、人件費はひとり当たり1日15,000円~20,000円程度、編集費は1時間50,000円程度が相場となっています。撮影費に関しては機材の種類やロケ地、演出など変動する部分が多いため、相場を出すのは難しいといえます。

写真撮影を外注する場合

写真撮影の料金は、基本的に撮影時間によって変わります。1時間単位で料金が変わる場合や3時間や4時間で料金が設定されている場合など、依頼先によっても料金設定は異なります。また、スタジオの使用料や料金内で撮れるカット数なども、依頼先やプランなどによって変わります。
写真撮影の相場はなかなか出しにくいものですが、半日程度の撮影で30,000円~60,000円程度のケースが多いといえます。

動画制作も写真撮影も、品質は予算や外注先によって大きく変わります。外注先の技術はもちろん、予算内でどこまで対応してもらえるのかは、しっかりと見極めなければいけません。
動画制作や写真撮影の外注先には、フリーランスという選択肢もあります。フリーランスは会社が間に入らないことからコストを抑えやすく、腕次第ではより安くより高品質な作品が得られる可能性があります。

外注先の選定方法


上述したように、動画制作や写真撮影の品質は外注先によって大きく変わるため、しっかりと選ばなければ思わぬ失敗をしてしまう可能性があります。外注先を選ぶ際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

・実績を見る
これまで仕事をしてきた会社や雑誌の掲載実績だけを見て、外注先の実力を推し量るのは早計です。しかし、こうした実績は外注先を決めるひとつの判断基準としては十分に活用できます。

・品質を見る
実際にこれまでに制作・撮影した作品を見れば、依頼しようと考えている作品の完成イメージもある程度は思い浮かべることができます。外注先によって作品の特徴も異なるので、よく確認しましょう。

・コストで考える
安ければいいというわけではありませんが、外注にかかる費用は少しでも安いほうがいいのは確かです。コストだけで比較はできませんが、注目すべき判断材料のひとつです。

・作業にかかるスピードを知る
コストと同じく速ければいいというわけではありませんが、納期が長過ぎるのは考えものです。作業内容やコストも合わせて、妥当な納期が設定されているかを考えましょう。

・セキュリティを確認する
可能であれば、外注先の職場環境についても確認しておくべきです。動画制作や写真撮影では自社の情報や写真素材などの個人情報を渡す場合もあり、そういった情報が正しく管理されるかどうかは注意すべきポイントです。

まとめ

外部に動画制作や写真撮影を依頼する際には、いくつかの注意すべきポイントがあります。今回ご紹介したポイントを参考に、動画制作や写真撮影の外注をご検討ください。

動画制作・写真撮影はどうやって外注する?
気になる費用・実績をランサーズの過去の事例から見てみる