LP(ランディングページ)ライティングの効果やメリットは?

LP(ランディングページ)ライティングの効果やメリットは?
ネット社会の今、インターネットでの広告戦略が重要視されています。その中でも特に注目を集めているのが、LPです。 キャッチーなコピーライティングが使われていたり、デザイン性が豊かだったりするLPは、インターネットで売り上げをアップさせるために欠かせない要素です。ここでは、LPの役割や特徴、メリットについて詳しくご紹介します。

関連:記事作成の費用相場

そもそもLPとは?

ホームページなどの自社サイトを運営していると、ときどき耳にする「LP」という言葉。広告戦略のために作られる縦長のページを指すLPには、以下のような役割があります。

LPの役割

LPの役割は、ずばりコンバージョンを獲得することです。コンバージョンとは、主に問い合わせや資料請求、注文のこと。それらを通して、ユーザーの個人情報(名前や連絡先など)を得るのが主な役割です。

LPの特徴

・縦長のページ
・他ページへのリンクがない
・画像が多く、テキストが少ない
・派手でインパクトのあるページが多い

LP構成を考えるコツ

LPを作るコツは、コピーライティングの構成を大きく7つに分けることが大切です。その7つとは、「キャッチコピー」、「共感」、「商品(サービス)の説明」、「ベネフィット」、「口コミや評判」、「競合他社との差別化」、そして「コンバージョンへの落とし込み」です。これらを順を追ってコピーライティングすることで、効果の高いLPを作ることができます。

LPのメリット

デザイン性が高いため訴求力が強い
LPにはサイドメニューや上部メニューなどの表示が必要ないため、画面を広々と使えます。レイアウトに制限がなければデザイン性の高いページを作ることができ、コンバージョンへの訴求力をより高められるのです。

ページ移動による離脱を抑制できる
LPには、コンバージョンに直結するページ以外のリンクは設けられていません。そのため、ユーザーが他ページへ離脱するのを抑制でき、通常のWebサイトよりも多くのユーザーをコンバージョンへ送り込むことができるのです。

訪問者が知りたい情報を1ページで伝えられる
他ページへのリンクが設けられていないLPは、ユーザーの知りたい情報が1ページにまとめられています。そのため、ユーザーは縦にスクロールするだけで欲しい情報を全て知ることができ、自然に商品やサービスへの理解度を高められるのです。

効果の高いLPのライティングをするには

コンバージョンを獲得し、売り上げアップにつなげられる効果の高いLPを作るには、ライティングが重要です。そんな効果の高いLPライティングのポイントは、以下の通りです。

・独学で計画→実行→評価→改善を繰り返す
LPの効果を高めるライティングをするためには、PDCAを繰り返すことが大切です。上述したような7つの流れで構成を考え、ライティングし、コンバージョンの反応を伺います。反応が悪ければコピーライティングの内容を修正するなど、改善を繰り返すことで効果の高いLPに仕上げることができます。

・LPライティングが得意な人を探し、効率的に作成する
コンバージョンにつなげられるLPを作るには、LPライティングが得意な人にライティングを外注するのも効果的です。そうすることで、効率的にLPを作成できます。
そんなLPライティングの外注には、クラウドソーシングがおすすめです。クラウドソーシングを利用することで、LPライティングに優れた人材を効率的に見つけられます。

まとめ

インターネットから売り上げアップにつなげられるLP。そんなLPを制作するなら、クラウドソーシングを利用したLPライティングの外注がおすすめです。LPライティングを依頼することで、効果の高いLPを効率的に作ることができます。

ランサーズにはライティング経験が豊富なフリーランスが多く登録しています。

なかなか自社でやっても効果が出ないということなら、LPライティングを依頼し、コンバージョンアップを目指しましょう。

関連:ランディングページ制作の費用相場