【映像制作を業務委託】メリットと注意点を丁寧にわかりやすく解説!

【映像制作を業務委託】メリットと注意点を丁寧にわかりやすく解説!
映像制作を業務委託した場合、随時コミュニケーションを取りながら映像を作ってもらうことになります。映像は大容量であるため、確認の度にファイルを送信するのはとても面倒です。スムーズな業務の進行のためにも、オフィスに常駐してもらった方がよいでしょう。ここでは映像制作を業務委託するメリットや注意点、外注との違いなどについて詳しくご紹介します。

映像制作は業務委託と企業への外注のどちらがよい?

映像制作の外注とは、外部の企業や人物に映像制作を依頼することを指します。それに対して業務委託は、社員として雇うのではなく会社と対等な立場で業務を遂行してもらうことです。業務委託と外注のどちらの方がよいのかについては、対象となる業務によって異なります。それでは、映像制作は外注と業務委託のどちらの方がよいのか、メリットとデメリットを踏まえて解説します。

業務委託のメリットとデメリット

映像制作の業務委託のメリットは、雇用保険や健康保険などの負担がないことです。社員として契約した場合は、健康保険や雇用保険、厚生年金などの保険料を負担しなければなりません。厚生年金や健康保険料は、会社が50%を負担することになるため、毎月の固定費が増えてしまいます。映像制作チームとして5人と業務委託契約を結び、社会保険料の負担額が1人につき20,000円だった場合、自社雇用だとすると毎月100,000円の人件費がかかることになるのです。

デメリットは、契約が終了すれば自社の映像制作能力が失われることです。ただし、これは外注した場合も同じで、最終的に映像制作能力は身につきません。

企業に外注するメリットとデメリット

映像制作を企業に外注した場合、整った環境でハイクオリティな映像を作ってもらえます。チーム単位で映像制作をしてもらえるため、より細かな部分まで作り込んでもらえるでしょう。ただし、業務委託と比べてコストがかかる可能性があります。ハイクオリティな映像制作を求めるのであれば、どうしても費用が高くなることを覚えておきましょう。

まとめると、コストが高くてもハイクオリティに仕上げてもらいたい場合は外注、コストを抑えたい場合は業務委託がおすすめです。

映像制作を業務委託する際の注意点

映像制作を業務委託する際には、的確に指示する必要があります。映像制作一本で知名度を上げたような人物に依頼できたとしても、指示が的確でなければ満足いく仕上がりにはなりません。映像制作の目的やターゲットなどの情報を事前に伝えることが大切です。それでは、映像制作を業務委託する場合の注意点について詳しくご紹介します。

その映像の目的やターゲットなどの情報を事前に伝える

映像制作の目的としては、企業や提供サービスのPR、イベント流す映像、新卒採用向けなどが挙げられます。また、提供サービスのPRにおいては、年齢層や性別などのターゲットを決める必要があります。このように誰に対してどのような目的で映像を作るのかを伝えましょう。そうすることで、理想に近い映像を作ってもらえる可能性が高まります。

得意とするジャンルを把握する

映像制作にはドキュメンタリーやテレビCM、PR映像、静止画と音声だけで作る映像など様々な種類があります。業務委託契約を交わした人物がどういった映像制作を得意としているのか確認しましょう。得意なジャンルの映像制作を依頼することで、クオリティの高い映像を作ってもらえる可能性があります。逆に、不得意なジャンルの映像制作を依頼してしまうと、理想からかけ離れてしまい、何度も修正依頼が必要になるかもしれません。

納期を確認する

映像の複雑性や取材が必要かどうかなど、様々な要素によって制作期間が決まります。映像を完成しなければならない日時から逆算してスケジュールを組んでもらいましょう。そして希望納期までに納品できるか確認することが大切です。どうしても納期に間に合わない場合は、複数人と業務委託契約を交わすなど対処しましょう。

ランサーズと業務委託のどちらがおすすめ?

映像制作は、クラウドソーシングサイトのランサーズを経由してプロに依頼することもできます。業務委託かランサーズで依頼するかどちらがよいか迷う方もいるでしょう。ランサーズを利用するメリットを知ることで、自ずと答えは見えてきます。ここではランサーズで映像制作を依頼するメリットをご紹介しつつ、業務委託と比較していきます。

ランサーズを利用するメリット

ランサーズは、プロからアマチュアまで様々な専門家が登録しており、多くの選択肢の中から自社に合った人材を選べます。また、ベストマッチングを実現できるように、実績やポートフォリオ、過去のクライアントからの評価などを確認できるようになっています。そのため、実績がわからないために依頼する相手を間違えてしまうことがありません。実績やポートフォリオなどを確認すれば、その人物の能力が見えてきます。それでは、ランサーズを利用するメリットを詳しくご紹介します。

プロが多数登録している

ランサーズの最大のメリットは、非常に多くの専門家が登録していることです。業務委託契約ができる人物を探した場合、それほど多くはピックアップできないでしょう。ランサーズなら、ランサー検索画面で「映像制作」と検索するだけで、該当の人物が表示されます。その中から自社に合った人物を見つけ、依頼することができるのです。

しかし、あまりにも多くの専門家が登録しているため、その中から選ぶのには時間がかかってしまいます。そこでおすすめなのがプロジェクト依頼を立てて公募する方法です。映像制作の概要や予算などを提示して、仕事をしたいと思った人からの提案を待ちます。提案内容を見て依頼する人物を決めることができます。

ポートフォリオや評価を確認してから依頼できる

ランサーズでは、登録者のページにあるポートフォリオや評価を見て依頼するかどうかを決められます。ポートフォリオが登録されていない場合は、メッセージで提示を求めましょう。このように実績を確認してから依頼できるため、業務委託契約に全く劣りません。また、過去に発注したクライアントからの評価も見れるため、トラブルのリスクも確認できます。映像制作の途中にトラブルが起こると、制作そのものがストップする恐れがあります。リスクを回避しやすいことは大きなメリットと言えるでしょう。

ランサーズで依頼するのがおすすめ

業務委託とランサーズの決定的な違いは、どれだけ多くの人材から選べるかということです。ランサーズの方が多くの人材から選ぶことができます。実績やポートフォリオの確認については、大きな差がありません。また、業務委託の場合は過去のクライアントからの評価を知ることはできません。ランサーズは、対応や能力、納期など様々な項目を5段階評価できるため、詳細な評価を知ることができます。これらのことを踏まえると、業務委託よりもランサーズの方がおすすめです。

映像制作は業務委託よりもランサーズがおすすめ!

映像制作を業務委託した場合は、オフィスに常駐してもらうことになります。保険料の負担がないというメリットがありますが、業務委託が最善の方法とは言えません。また、企業に外注した場合はコストがかかるというデメリットがあります。ランサーズで依頼をすれば、コストを抑えつつ専門家に映像制作を依頼できます。評価やポートフォリオを確認できるため、自社に合った人材を見つけることができるでしょう。

映像制作の外注先はいくら?
フリーランスの外注先・実績をランサーズで見てみる


写真・動画撮影の外注に関する記事もご覧ください
動画制作や写真撮影を外注する際に知っておくべきこと!