写真撮影の出張サービスを利用するメリットと依頼時の注意点

写真撮影の出張サービスを利用するメリットと依頼時の注意点
社員の集合写真や店舗メニュー作成のための撮影を依頼する際には、出張サービスを利用することになります。出張サービスは、スタジオに出向いて撮影してもらうのではなく、カメラマンに出向いてもらえます。プロを名乗るカメラマンは非常に多いので、慎重に選ぶことが大切です。ここでは写真撮影の出張サービスを利用するメリットと依頼時の注意点について詳しくご紹介します。

写真撮影の出張サービスを利用するメリット

写真撮影は、知識と技術さえあれば自分でも行えます。しかし、プロに依頼した方がハイクオリティな写真を撮ってもらえます。また、プロとして活動しているからこそ得られる知識もあります。アマチュアが撮るのとプロが撮るのとでは収益に大きな差が生じるでしょう。ここでは、プロに出張での写真撮影を依頼するメリットについて詳しくご紹介します。

ハイクオリティな写真撮影が期待できる

写真撮影では、ISOやF値、シャッタースピード、フォーカスなど様々な項目を設定する必要があります。撮影環境やどのような写真に仕上げたいかなど、様々なことを考慮して最適な設定ができるのがプロのカメラマンです。特に構図は知識だけではなく経験によって磨かれる部分なので、素人とプロでは大きな差が生じるでしょう。

これまで何千枚、何万枚も撮影してきている場合は、経験によって得た様々なノウハウを駆使してよりよい写真を撮ってもらえます。

写真をきれいに加工してから納品してもらえることもある

プロのカメラマンは、撮影後のデータを専用ソフトできれいに加工してから納品する場合があります。顔のシミが気になったり、目の下のクマが目立ったりしているような場合にはうまく加工してもらいましょう。また、写真に障害物が映っていても違和感なく消すことができます。

露光時間を長くすることで、より多くの光を取り入れ、明るい雰囲気の写真を撮ることができるのですが、天気が悪くて光を取り入れることが難しい場合があります。そのような場合、専用ソフトを使って露光を調節し、明るい雰囲気の写真に仕上げてもらえます。

写真撮影の出張サービスの依頼時の注意点

プロのカメラマンの技術が高くても、撮影する対象と得意分野がマッチしていなければ満足いく写真を撮ってもらえない可能性があります。また、写真撮影後、現像した写真しか受け取れなかったり、場合によっては追加料金がかかったりすることもあるのです。満足いく結果にするために、依頼主としても様々なことに注意しなければなりません。ここでは写真撮影の出張サービスの依頼時の注意点について詳しくご紹介します。

得意分野と撮影内容がマッチしているか

撮影の対象としては、個人写真、集合写真、料理、店舗、ヘアスタイル、商品などが挙げられます。カメラマンによって得意分野が異なるので、何を撮影するのかに合わせて依頼先を決めましょう。どれだけ撮影経験があっても、料理を撮影したことがないカメラマンに料理の撮影は依頼しない方がよいと言えます。業者のホームページには、何を得意としているのか記載されていることもあるので確認しましょう。記載されていない場合は、メールや電話で問い合わせることをおすすめします。

ポートフォリオを確認する

業者を選ぶ際にはポートフォリオを確認しましょう。これまでに撮影してきた写真を見ることで、どのような写真を撮ってもらえるのかを想像しやすくなります。また、どのような雰囲気に撮って欲しいのかを伝える資料としても役立つでしょう。多くの業者はサンプルや実績を提示してくれます。サンプルや実績を提示しない業者には依頼しない方がよいでしょう。

※ポートフォリオとは、この場合過去の制作実績の事です

また、明るい雰囲気や暗い雰囲気など、様々なテイストの写真を見せてもらうことをおすすめします。そうすることで、カメラマンがどのような写真撮影を得意としているのかがわかります。

データをもらえるか確認する

プロに写真撮影を依頼した場合、現像した写真だけが納品されてデータをもらえないことがあります。焼き増ししてもらう度に1枚100~200円などの料金が発生するケースが多いのですが、これは業者としても継続的に収益が発生した方がよいためです。しかし、依頼主としては追加で写真が必要になる度に業者に連絡するのはとても面倒なことと言えます。データをもらえるのかどうか確認しておきましょう。

追加料金がどれぐらいかかるか確認しておく

出張サービスをメインにしていない場合は、追加料金がかかる可能性があります。スタジオでの写真撮影なら1時間30,000円でも、出張サービスとなると50,000円になることもあるのです。また、出張料無料と広告していても、基本料金に出張費が含まれている可能性があります。通常、写真のデータを納品しない場合、データをもらうためにも追加料金がかかるでしょう。基本料金が安くても追加料金の発生によって総費用が高くなることが考えられるので、必ず事前に確認しておくことが大切です。

写真撮影の出張サービスどんなときにおすすめ?

写真撮影のサービスは会社の団体や個人での撮影だけではなく、期間限定のイベントの様子を撮影する際にも利用できます。また、プロに依頼することに対してこだわりすぎるのではなく、アマチュアに依頼するのも1つの手段です。それでは、写真撮影の出張サービスはどのような場合に役立つのか、アマチュアへの依頼やその他の業務についてご紹介します。

アマチュアに依頼することも可能

場合によっては、アマチュアに依頼しても満足いく写真を納品してもらえます。個人写真や会社の集合写真、料理などではなく、期間限定のイベントの様子などを撮影してもらいましょう。特別なスキルがいらないため、アマチュアでもハイクオリティな写真を撮ってもらえます。もちろん、アマチュアと一言でいっても幅は広く、中にはクオリティが低いカメラマンもいるので慎重に選ぶことが大切です。

アマチュアに依頼したい場合はクラウドソーシングサイトのランサーズを利用するとよいでしょう。アマチュアのカメラマンが多数登録しています。

イベントの写真撮影の場合は記事執筆も一緒に依頼できる

イベントの写真撮影の場合は、当日レポートの記事も同時に依頼できます。ただし、何百枚と撮影してほしい場合は、別の人物に依頼した方がよいでしょう。レポートの記事を書くために必要な情報を得られず、満足いく記事を納品してもらえない可能性があります。

1人にレポートと写真撮影を任せるのであれば、やはりランサーズを通してライターに依頼するのがおすすめです。その際には写真撮影と記事執筆のクオリティを確認しましょう。クオリティとコミュニケーションに問題がない人物に依頼することが大切です。

写真撮影の出張サービスはランサーズ経由の依頼がおすすめ

写真撮影の出張サービスは、ランサーズ経由でプロやアマチュアに依頼するのがおすすめです。様々な地域の人が登録しているため、撮影場所から近いところに住んでいるカメラマンに依頼できます。交通費があまりかからないため、出張料金も安く済むでしょう。レポート記事の執筆と写真撮影を依頼し、別の人に校正を依頼するなどの工夫をして利用することが大切です。

写真撮影の外注先はいくら?
フリーランスの外注先・実績をランサーズで見てみる


写真・動画撮影の外注に関する記事もご覧ください
動画制作や写真撮影を外注する際に知っておくべきこと!