入門書は不要?充実したデータ分析結果を得たいなら外注しよう!

入門書は不要?充実したデータ分析結果を得たいなら外注しよう!
マーケティングや人事部門で、多くのデータを収集し、そのデータをもとに分析し、マーケティング施策や事業計画などに活かす事は非常に大切です。そのためには正確なデータ収集をし、細やかなデータ分析が必要となります。データ分析で得た結果が、業務改善や新商品開発や販売などのマーケティングに、しっかりと反映されなければなりません。そのためにも、質の高い充実したデータ分析結果が求められます。データ分析をするために、自社のみでやるのでは十分な結果を得られないこともあるでしょう。そこで、自社だけでやることの限界を踏まえ、外注にデータ分析を依頼した場合のメリットについて解説していきます。

excelのデータ分析ではどこが限界なのか?

excelのデータ分析は、初心者でも比較的簡単にデータ分析ができます。ただし、たとえ簡単にできるとしても、本来求めている質のデータ分析ができるのか、満足のいくデータ分析結果が得られるのかは気になるところです。その点を考慮しながら、excelのデータ分析について見ていきましょう。

excelのデータ分析で可能なこと

人事で評価を付けるときに、どの営業がどれくらいの売り上げをしてきたのかというデータ分析をするときに、excelのデータ分析機能を使って結果を出すことが可能です。日付や商品名、販売先、担当者などのデータを入力し、1カ月ごとに担当者別の売り上げ表を出すことで、評価しやすくなりますね。それからexcelでは、回帰分析も可能です。売上データとマーケティング費用データを分析し、相互データの関連性を調べることができます。

パソコンスキルが低い人はexcelでデータ分析

パソコンスキルが高くない人でも、excelのデータ分析なら不可能ではありません。excelの基本的な操作や関数などの機能が使える人なら、少し独学で学習をしただけでも、簡単なデータ分析ならすぐにできるようになります。インターネットで検索をすれば、丁寧なやり方や理解の仕方など、さまざまな情報が入手できるので問題ありません。

excelのデータ分析では不可能なこと

excelのデータ分析では、簡単なデータ分析なら可能なのですが、excelだけでは十分な結果を得られないこともあります。excelでは、1つのシートに載っているデータに対して分析を行うには、十分な機能を持っていますが、大規模なデータを何種類も同時に分析するのには向いていません。あとは複雑な条件でのデータ分析となると、マクロを利用するなどかなり大変です。複雑な作業が増えることでミスが増えやすくなり、修復作業に膨大な時間が掛かってしまいます。このように単純で少ないデータを分析するのには、excelで十分ですが、少しでも規模が大きくなってくると対応不可能となることもあるのです。

いずれはexcelのデータ分析は不要になる

容量の大きいデータを扱うには、excelのデータ分析では役に立たない場面が増えていきます。データ分析をするためのツールが、今後より一層進化していき、比較的誰にでも簡単に扱えるようになるからです。必然的にexcelでデータ管理やデータ分析をする必要はなくなっていくでしょう。いずれにしても難しいプログラム言語を使うことなく、どのような環境でも簡単に分析ができるようなツールが開発されていく可能性があります。今の段階では、excelのデータ分析で済ませられるケースでは使用し、大規模なデータはプログラム言語を使ったデータ分析など、当分は用途に応じて使い分けをしていくようになるでしょう。

データ分析を外注する必要はあるのか?

大容量のデータ分析ではプログラム言語を使ったデータ分析も必要になってきますが、必ずしも自社でやる必要もありません。データ分析を外注する方法もあり、データ分析のやり方はそれぞれのプログラムによって過程が違います。もちろん、外注の場合、セキュリティ面は注意しなければなりません。その点を踏まえてデータ分析を外注する必要性について考えてみましょう。

複雑で面倒なことはプロにお任せ

データ分析に適している言語で、代表的なものにR言語やPython言語があります。大容量データを取り扱うのに、excelでは物足りないときはこうしたプログラム解析も必要になりますが、オンプレミスの環境を整えて自社でやっていくには、コストが掛かり過ぎるというデメリットが大きいです。データ解析をするプログラマーを育てるのに、プログラム言語の入門書をそろえて研修を行うのも、時間が掛かり過ぎるでしょう。初めからプロに依頼をすれば、金額や時間のコストダウンが見込めるのが、外注のメリットと言えます。

外注するときの注意点

プロにお任せと丸投げでも問題ありませんが、必ずセキュリティ管理はどうなっているのかを確認しておく必要があります。大切なデータを流出させてしまうことにでもなれば、それまで築き上げてきた信頼が一気に崩れてしまうでしょう。どのくらいのセキュリティ強度があるのか、どういう仕組みになっているのか、絶対に漏れる心配はないのかなど、詳細を聞いておかなければなりません。そのうえで、情報セキュリティベンダー(情報漏洩などの証拠を押さえる作業)を外注するのも1つの手ですが、自社で実施することで、対策も強固なものになります。

自社ですべてをやることはできるのか?

複雑なデータ解析や膨大な量のデータ分析を実施するときに、有効なプログラム言語はありますが、もしすべてを自社で担う場合、どのようなケースが考えられるか説明していきます。自社でやる必要はあるのか、デメリットはどこにあるのかを考えながら見ていきましょう。

0からスキルアップするのに掛かる労力

プログラムを組んだこともない初心者が、一般的なプログラム言語を習得するのに、約80~90日掛かります。セミナーや講座、研修などに参加したとしても、大体同日数が必要となるでしょう。入門書や参考本をAmazonなどで購入することを考えると、総合的にかなりの費用が必要ですし、そう考えるとプログラムを習得することの意味を考え直さなければなりません。顧客管理など大容量データを分析する以外にも、自社サイトのデータ分析をして対策することも多く、その場合はプログラム言語は必要ありません。無料でWEB分析ツールが数多く出ており、それらを使うことで容易に分析が可能です。

BIツールの活用で膨大なデータも簡単に分析

毎日更新され、増え続ける多くのデータを簡単に分析してくれるのが、BI(Business Inteligence)ツールです。ではないでしょうか。無料でも高機能で、拡張性が高くカスタマイズしやすいツールが多く、可能性は無限大とも言えます。ただし、無料版では少なからず何かしらの制約が入ることが多いです。利用する前には確認しておくことが必要でしょう。

時は金なり!外注で満足度の高いデータ分析を入手しよう!

全国の優秀な高スキルをもった人に外注を依頼することで、かなりの費用と時間を浮かせられます。依頼した人に満足できなければ、また違う人に依頼すれば良いので、総合的にかなりのコストダウンとなるはずです。よりスキルの高い人で費用を抑えられるかどうかは、探し方次第です。スキルの高い人に依頼し、満足のいくデータ分析結果を入手してください。

データ分析の外注先はいくら?
フリーランスの外注先・実績をランサーズで見てみる


事務のアウトソーシングに関する記事もご覧ください
事務業務のアウトソーシングを導入する前に!アウトソーシングの基本をチェックしよう