短納期での依頼も可能?英語翻訳サービスを利用するメリットや注意点

短納期での依頼も可能?英語翻訳サービスを利用するメリットや注意点
英語を母国語とする国に対して情報を発信する際には、日本語を英語に翻訳しなければなりません。英語翻訳サービスを利用することで、中国語や日本語、韓国語、ヨーロッパ語からの英語翻訳ができます。自社に英語翻訳ができる人物がいない場合は、外注するとよいでしょう。ここでは、英語翻訳サービスを利用するメリットや注意点などについて詳しくご紹介します。

英語翻訳サービスを利用するメリット

英語翻訳は、英語を少しかじった人でも行えます。しかし、ビジネスなど重要な場で用いるのであれば、プロに依頼した方がよいでしょう。英語が堪能な人物が翻訳するよりも、高いクオリティに仕上げてもらえます。また、ネット上で行える自動翻訳はおすすめできません。ここでは、英語翻訳をプロに依頼するメリットについて詳しくご紹介します。

プロによって正確な納品物に仕上げてもらえる

プロに依頼すれば、正確な英語翻訳が期待できます。もちろん、多少のミスはあるかもしれませんが、文章の意味や文法などはほぼ間違えることはありません。英語を母国語とする人に向けて発信する場合、英語翻訳の質によっては内容を理解してもらえない可能性があります。もしそれがビジネスに関わることの場合、大きな損失を被ることも考えられます。

自動翻訳は精度が低いため使い物にならない

インターネット上で利用できる自動翻訳は、精度が非常に低く意味が通らない文章になったり、意味が変わってしまったりするため、ほとんど使いものになりません。意味が変わってしまう可能性もあるため、少なくともビジネスに用いる文章の翻訳には利用しない方がよいでしょう。翻訳に時間がかかる代わりに精度が少し高めな自動翻訳サービスもありますが、そちらもあまりおすすめできません。

オンラインサービスであれば発注は簡単

英語翻訳は、実際に企業のオフィスに出向いて依頼する必要はありません。ネット上から原稿データを送り、細かい指示を伝えるだけで翻訳に取りかかってもらえます。また、支払いもクレジットカード決済や銀行振込などを利用できるため、速やかに取引できるでしょう。

英語翻訳したデータが送られてくるので、問題がないかチェックしてください。問題があれば該当箇所に印をつけて、データのまま返送します。これを何度か繰り返して納品となります。

英語翻訳サービスの種類と注意点

英語翻訳は、主に英文和訳と和訳英文に分かれます。その他、仕上げの過程として、日本語を英語に翻訳した後にテープ起こし、完成した翻訳記事をネイティブチェックするなどがあります。和訳英文しか行っていない企業もあれば、ネイティブチェックまでしてから納品してくれる企業もあるので、まずはそれぞれ企業の詳細を確認しましょう。それでは、英語翻訳の種類や仕上げ方などについて詳しくご紹介します。

英文和訳

英文和訳は、英語を日本語に翻訳することを指します。海外のニュースなどを日本語に翻訳して配信すれば、多くの人の目に留まるでしょう。また、海外の論文を日本語に翻訳することで、研究生の役に立ちます。医学研究に関する論文であれば、英文和訳は今後の医学の発展に関わる業務だとも言えるでしょう。英文和訳は、和訳英文ができる企業に依頼しましょう。

和訳英文

和訳英文は、日本語を英語に翻訳することを指します。日本語の意味を変えずに英語に翻訳する必要があるため、英語文化に深く関わっている人物が翻訳することが望ましいです。日本語と英語の両方を正しく扱えなければ、和訳英文はできません。

英語テープ起こし

英語テープ起こしは、英語の音声を聞き取って文字に起こすことです。英語翻訳も依頼すれば、テープ起こし後に日本語へ翻訳してもらえます。海外の講演のデータなどから日本語で情報を得たい場合になどに便利です。1人がテープ起こしと翻訳を行うこともあれば、それぞれの専門家が別で行うこともあります。料金が安い場合、テープ起こしか翻訳のどちらかの専門家が1人で作業する可能性が高いので、クオリティを求める場合は注意しましょう。

ネイティブチェック

和訳英文をした際には、できるだけネイティブチェックをすることが大切です。単数複数形の判断や冠詞の扱いが難しいため、語学力に長けた人物が翻訳したとしてもミスする可能性があります。翻訳家がネイティブレベルであれば、ネイティブチェックは不要かもしれません。

しかし、翻訳とチェックという2段構えになっている方が高いクオリティに仕上がる可能性が高いと言えるでしょう。

費用とクオリティが合っているか確認しよう

英語翻訳を依頼するにあたり注意したいことは、費用とクオリティのバランスが合っている企業に依頼することです。クオリティが低いのに料金が高い企業もあるので、まずはテスト翻訳を依頼しましょう。

また、コミュニケーションが円滑か、納期を守れるかも重要です。また、基本的なビジネスマナーができていない場合、相応のクオリティになる可能性があります。

英語翻訳サービスはどこに依頼すればいい?

英語翻訳サービスを受けるにあたり、どのような形で依頼するか決める必要があります。英語翻訳サービスを受ける方法は、大きく3つに分けられます。

  • 面談で打ち合わせができる企業
  • オンラインでスムーズにやり取りできる企業
  • クラウドソーシングを利用

それぞれ、どのような特徴やメリットがあるのか、どのようなことに注意した方がよいのか確認していきましょう。

面談で打ち合わせができる企業に依頼

面談で打ち合わせができる企業に依頼するメリットは、より細かい要望を誤解なく伝えられることです。文章で指示をした場合、場合によっては意味を取り違えてしまわれ、理想通りの成果物が納品されないことがあります。対面であれば、依頼先としても誤解がないか確認できるため、失敗のリスクを抑えられるのです。面談で打ち合わせする場合、近くにオフィスがなければ難しいでしょう。そのため、必然的に選べる企業が限定されてしまうというデメリットがあります。

オンラインで円滑なやり取りができる企業に依頼

オンラインで面談できる企業であれば、オフィスに出向く必要がありません。メールで面談の場合は、即時返信される訳ではないため、依頼内容がまとまるまでに時間がかかります。場合によっては電話を利用して、円滑にコミュニケーションを取れるようにしましょう。修正依頼などはオンラインで完結できるため、依頼後は比較的スムーズに納品まで進められます。

ランサーズでも英語翻訳を依頼できる

クラウドソーシングのランサーズでも英語翻訳を依頼できるので、検討しましょう。英語翻訳のレベルは人によって様々なので、求めるレベルと予算に合った人物を探してください。テスト発注をしてから英語翻訳能力を確認し本発注するのがおすすめです。また、公募する際には、現地在住歴アリ、英検1級などの条件を提示しましょう。そうすれば、条件にマッチした人物から提案してもらえるので、探す手間が省けます。

英語翻訳の正確性と安さを求めるならランサーズ

ランサーズには、ネイティブレベルのプロも在籍しています。そのため、高いクオリティでの英語翻訳が期待できます。また、企業に依頼するよりも安く依頼できる場合もありますが、交渉は必要でしょう。ランサーズをうまく利用して、予算内で高いクオリティの英語翻訳を依頼しましょう。

英語翻訳の外注先はいくら?
フリーランスの外注先・実績をランサーズで見てみる


翻訳の外注に関する記事もご覧ください
翻訳の外注をお考えなら、ぜひとも知っておきたい選び方