時間を削減!校正サービスを利用するメリットと注意点

時間を削減!校正サービスを利用するメリットと注意点
校正は、文章の誤字脱字や文法の間違い、表記ゆれなどを正しく直すことです。文章は自分で見直しただけでは誤字脱字に気づける程度で、文法や読みやすさなどについては直すことができません。その記事を書いた人よりも文章力が高い人物がチェックすることで、より良い記事となるのです。校正は無理に自社で行うのではなく、プロに外注するのがおすすめです。ここでは、校正サービスを利用するメリットと注意点について詳しくご紹介します。

校正サービスを利用するメリット

校正サービスでは、プロが文章をチェックして正しく直してくれます。ただし、校正の精度は業者によって異なるため、必ずしもクオリティが高い記事に仕上がるとは限りません。そのため、校正の業者は慎重に選ぶことをおすすめします。ある程度のレベルの校正ができる業者に依頼できれば、次のように様々なメリットを得られます。

時間を削減して記事の執筆に集中できる

校正サービスを利用する最大のメリットは、校正にかかる時間を削減し、他の記事の執筆に集中できることです。自分で自分が書いた文章を見直しても、校正できるのは誤字脱字ぐらいでしょう。文法については、これが正しいと思って書いているため、間違っていても気づくことはできません。そのため、書くことに集中して、プロに文章を整えてもらうのが効率のよい執筆の進め方と言えるでしょう。

高品質の記事に整えてもらえる

校正をプロに依頼することで記事の品質を高めてもらえます。また、同時に校閲もしてもらえる場合は、情報の正誤などにおいても高いクオリティになるでしょう。間違った情報は記事を掲載しているサイトそのものの信頼性を落とすため、校正と校閲がセットになっている業者に依頼することをおすすめします。

また、校正技能検定試験の上級に合格した人物が校正することで、記事の品質をより一層高められるでしょう。

ネット上の無料校正ツールは精度が低い

ネット上には無料の校正ツールがあります。すぐに校正できる便利なツールですが、誤字脱字や助詞の連続など初歩的な部分しか校正できません。文法上の間違いや情報の正確性などまではチェックできないため、記事の品質を大きく高めることはできないでしょう。

また、誤字脱字においても、ひらがなの後に1文字だけ英語が入るなど明らかな入力ミスでなければ検出されないケースもあるのです。そのようなツールで校正したことに満足してネット上にアップすると、サイト全体の信頼を落としかねません。

有料の校正ツールもありますが、精度には限界があります。記事のクオリティをしっかり高めたい場合は業者に校正を依頼することが大切です。

校正を依頼するときの注意点

プロに校正を依頼するにしても、業者の選び方を間違えるとクオリティの高い記事に仕上げてもらえません。そのため、いかに優秀な業者に依頼できるかが重要と言えるのです。業者に依頼する際には、どのような校正をして欲しいのか明確に伝えましょう。そして、実績豊富な業者に依頼することが大切です。それでは、校正サービスの業者の選び方や依頼の際のポイントなどについて詳しくご紹介します。

媒体のテイストを伝える

校正の際に記事のテイストを指定する場合には、その記事を掲載する予定の媒体のURLや資料を提出しましょう。硬い文章や柔らかい文章、ブログ調など様々なテイストがあります。どれだけ誤字脱字がなく文法的に正しい文章だったとしても、掲載するメディアなどに合わない記事に価値はありません。そのため、テイストまでしっかりと校正してもらうことが大切です。

実績豊富な会社に依頼する

校正は、できるだけ実績豊富な会社に依頼しましょう。また、校正サンプルなどを提示してもらい、十分に能力があるかどうか見極めることが大切です。能力がない人物が校正すると、かえって記事の品質が下がってしまいます。それを修正するのにも手間とお金がかかるので、ミスのリスクが低い実績が豊富な会社に依頼しましょう。

納期を設定してまずは1記事校正してもらう

実績が豊富であっても、それは料金が安いからであって、能力が評価されている訳ではない場合があります。そのため納期を設定してまずは1記事校正してもらうことをおすすめします。その仕上がりを基準として、それに満たないものは修正依頼の対象になるということを伝え、了承を得てから正式に依頼しましょう。また、誤字脱字や文法などを直す能力に長けていても、文章のテイストを整える能力は低いことも考えられます。このような場合は、テイスト以外の部分のみ校正してもらいましょう。

どんな校正サービスがある?

校正サービスといっても、メディアの記事や雑誌、社内パンフレットなど対象となる媒体は様々です。それぞれ、正しく校正できない場合に起こり得るトラブルが異なります。また、正しく校正されて文章のクオリティが上がることによって得られる利益のタイプも異なるのです。それぞれの校正サービスの特徴について詳しくご紹介します。

メディアの記事の校正サービス

メディアの記事の校正では、誤字脱字や正しい文法がより一層重視されます。google検索で上位表示させるためには、ユーザーが求めている情報を余すところなく取り入れ、質の高いコンテンツに仕上げなければなりません。

誤字脱字や文法の間違いが目立つと、低品質なコンテンツとみなされ、検索順位が低くなる恐れがあるのです。資金力のある企業は、短期間に外注ライターに大量執筆を依頼し、校正も外注して記事のクオリティを高めてからwebにアップします。

そのため、メディアの記事の校正サービスを行っている業者は大量に受注できることが多くなっています。

社内パンフレットなどの校正サービス

社内パンフレットの校正サービスでは、会社や業務、ノウハウなどに関する情報の正誤を含めた校正・校閲情報の正誤を含めた校正・校閲をしてもらえることが一般的です。社内パンフレットは、社員のモチベーションや技術の向上を目的としているため、クオリティが低いパンフレットになると収益アップは見込めません。外部に発信するものでなくても、校正は欠かせない作業なのです。

ランサーズでも校正を依頼できる

クラウドソーシングサイトのランサーズでも校正を依頼できます。副業として本業の片手間に校正をする経験が浅い人物だけではなく、校正経験が豊富で本業にしているプロも登録しています。登録者数がかなり多いので、校正の募集をかけると多くの人物から提案してもらえるでしょう。納期遅れやクオリティが低かった場合などのリスクヘッジとして、複数人に依頼することをおすすめします。

まずは、1記事の校正を依頼してクオリティをチェックしましょう。レギュレーションや独自ルール、記事のテイストがわかるサンプルなど必要な情報を提示することで、業者と変わらないクオリティで校正してもらえる可能性が高まります。

短い納期で依頼するならランサーズがおすすめ

短納期で校正を依頼したい場合は、ランサーズの利用を検討しましょう。場合によっては、即日納品も可能です。公募する際には、いつまでに校正をお願いしたいのか、レギュレーションや文字数などの情報を募集概要に記載しましょう。そうすることで、期限内に校正できる人が提案してくれます。プロフィールや実績、ポートフォリオなどから、クオリティに問題ないと思われる人物をピックアップして依頼しましょう。

校正の外注先はいくら?
フリーランスの外注先・実績をランサーズで見てみる


ライティング・記事制作の外注に関する記事もご覧ください
ライティングを外注する前に知っておきたいこと。外注の種類、流れ、ライターの見極め方などについて