中国語翻訳を業者に依頼するときの注意点と業者の選び方

中国語翻訳を業者に依頼するときの注意点と業者の選び方
中国語翻訳では少しのミスで文章の意味が変わってしまうため、できるだけプロに依頼することが大切です。また、プロによってもクオリティが異なるため、よい業者を選ぶノウハウを身につけておきましょう。依頼前によい業者かどうか見極めることで、クオリティの高い納品物が期待できます。ここでは、中国語翻訳を業者に依頼するときの注意点と選び方についてご紹介します。

中国語翻訳を業者に依頼するメリットと注意点

プロに依頼すれば安心と考えている方もいるかもしれませんが、中国語翻訳は中国語を少し知っている程度の知識では行えません。業者によっては格安で中国語翻訳をしていますが、クオリティが低い可能性があります。理想通りの中国語翻訳ができる業者を選び、注意点を守ったうえで慎重に依頼することが大切です。それでは、中国語翻訳をプロに依頼するメリットや注意点をご紹介します。

一定のクオリティを担保できる

業者によりますが、プロに依頼することで一定のクオリティを担保できます。自社の社員に中国語を勉強してもらったり、中国語が得意な社員に翻訳を任せたりしてもよいですが、業者は複数人の視点も加わります。翻訳のミスは収益ダウンに直結する恐れもあるため、プロに依頼することをおすすめします。

依頼前にどの地域の人に読まれるか確認しておく

中国語と一言でいっても、北京語や上海語、広東語など様々な方言があります。これは、日本語でいうところの関西弁や関東弁、九州弁などを指すのですが、中国語の場合は方言を間違えると言葉の意味が変わってしまうため注意が必要です。そのため、依頼前にどの地域の人に読まれるのかを確認しておき、業者にしっかり伝えることが大切です。

納品前に校正が入るかどうか確認が必要

業者によっては、中国語翻訳ができる人物に外注して、校正せずに納品します。これは、外注するにしても、その業者が中国翻訳できなければ校正できないためです。中国語翻訳を依頼する際には納品前に校正が入るか確認しましょう。元の記事と意味が変わっていないか、指定の地域の人が読むことを想定しているか、誤字脱字や文法の間違いなどはないかなどを確認してもらえます。

中国語翻訳の業者の選び方

中国語翻訳を請けている業者は非常に多く、中にはクオリティが低い業者もいます。そのような業者に依頼してしまった場合、内容が間違いだらけの記事が納品されても、気づくことができません。いかにしてクオリティが高い中国語翻訳ができる業者を見つけられるかが重要なのです。それでは、中国語翻訳の業者の探し方についてご紹介します。

有資格者が作業する業者を選ぶ

中国語翻訳を行うために特別な資格はいらないため、低クオリティの業者はたくさんいます。そのような業者に依頼しないよう、有資格者が翻訳する業者を選びましょう。一般社団法人「日本翻訳協会」公認の中国語翻訳能力検定試験の1級以上に該当する人物に依頼できれば安心です。2級は、若干の修正点があっても取得できるため、完璧な中国語翻訳は期待できません。もちろん、1級だとしても完璧な翻訳ができるとも限りませんが、2級よりは高確率と言えます。

依頼から納品までのフローが公開されているか

中国語翻訳は、発注、翻訳、納品というパターンもあれば、翻訳と納品の間に校正が入ることもあります。具体的に、依頼から納品までのフローが公開されている業者を選びましょう。また、無資格者と有資格者のどちらが校正するのか、そのレベルは高いのかなどまでしっかりと確認することが大切です。このようなことは、料金にも関係しています。校正が入らない場合は料金が安く、レベルが高い人物が校正する場合は高くなることが一般的です。

料金とクオリティが見合っているか

業者によっては、翻訳のレベルに合わせた複数のプランを用意しています。クオリティよりも納品スピードや料金を重視するプラン、納品は遅いが高いクオリティに仕上がるプランなどがあるので、料金とクオリティが見合っているか確認しましょう。料金が高いのに校正が入らなかったり、無資格者が校正したりする場合は注意が必要です。

想定読者や用途を事前に聞いてくれるか

どの地域の人が読むのか事前に聞いてくれる業者を選びましょう。想定読者や用途を聞いてくれない業者は、そもそも中国語に方言があることを知らない可能性があります。このような情報を事前に聞いてくれるということは、ある程度クオリティを意識していると考えられるでしょう。また、IT用語が出るようなビジネス向けの記事の場合は、より丁寧な翻訳が必要となります。気になる場合は、IT用語の表現と意味に注意してほしいと伝えておきましょう。

どんな中国語翻訳を依頼できる?

中国語翻訳には、クオリティ重視、納品スピード重視、特定の地域の特化した翻訳などがあります。クオリティとスピード、地域性の全てに特化した記事であれば申し分ありませんが、そのような中国語翻訳ができる業者は少ないでしょう。中国語翻訳に求めることに合わせて業者を選ぶことが大切です。それでは、中国語翻訳の依頼のタイプごとの特徴をご紹介します。

クオリティ重視

元原稿の意味はそのままに、誤字脱字や文法の間違いがないクオリティが高い翻訳記事が納品されます。ただし、それだけ料金が高く設定されているため注意が必要です。また、クオリティを高めるために複数人で校正をしているケースもあり、納品までに時間がかかります。納品後に修正を依頼する可能性もあるため、納期に余裕を持って依頼しましょう。

納品スピード重視

文字数にもよりますが、2,000文字なら1~3日と短期間で納品してもらえます。このような納品スピードを重視しているプランでは、校正が入らなかったり、無資格者が校正する傾向があります。納品後に修正依頼をすることになり、結果的に納品が遅くなることも考えられるでしょう。クオリティにこだわるのであれば、他のプランを選択した方が無難です。

中国の中でも特定の地域に特化した中国語翻訳

都会から田舎に行ったときに、方言が複雑すぎて理解できなかったという経験がある方もいるでしょう。中国語の方言にも同じことが言えます。特定の地域の中にも方言がたくさんあるので、その地域の方言について深い理解と知識がある人物が翻訳しないと、結果的にその地域の人にも伝わらない記事になってしまうでしょう。

納期とクオリティの両方を重視するならランサーズがおすすめ

納期とクオリティの両方を重視する場合は、クラウドソーシングサイトのランサーズを通してプロに依頼することをおすすめします。実際に中国で育った方やネイティブレベルの日本人、中国人など様々な人が登録しています。また、本業の片手間にランサーズで副業をしている人も多く、比較的早くに納品してもらえることもあるのです。メッセージで直接依頼するか、プロジェクトを立てて公募してプロからの提案を待ちましょう。

中国語翻訳の外注先はいくら?
フリーランスの外注先・実績をランサーズで見てみる


翻訳の外注先に関する記事もご覧ください
大手?フリーランス?翻訳会社の選び方とは