【校正を依頼!】メリットや依頼の注意ポイント、費用相場をご紹介

【校正を依頼!】メリットや依頼の注意ポイント、費用相場をご紹介
(更新日:2020年7月17日)文章の校正は自分でもできますが、間違った言葉や文法を気づかずに使っており、文章の誤りに気づけないケースがあります。そのため、重要な文章ほどプロに校正を依頼する必要性が高まるのです。校正・校閲をしている会社はたくさんありますが、全ての会社が高い質で作業してくれる訳ではありません。 ここでは、校正を会社に依頼するメリットと、失敗しないために押さえておきたい依頼のポイントをご紹介します。

▶よく一緒に読まれている記事はこちら
ライティング業務を外注したい方必見!ライティングを依頼できる会社選びのポイント

校正を依頼するメリット

プロに校正してもらえる

校正では、「てにをは」の使い方や誤字脱字などをチェックします。校正する人が「てにをは」の使い方を間違えていると、正しい文章を間違った文章に変えてしまう可能性があります。プロは、このような基本的な文章能力を十分に持っているため、誤字脱字や「てにをは」を正しく修正してもらえるでしょう。

特にホームページに掲載する企業の魅力を伝える文章や求人記事など、企業の利益に直結する文章は、プロに依頼することをおすすめです。プロに依頼することで、文章ミスによる損失のリスクを抑えることができるでしょう。

時間と人員の確保の必要がなくなる

校正に関する知識を持っている社員がいない場合、新たに勉強してもらうことになります。イチから勉強となると、時間と人員の確保が必要となり、多額の人件費がかかってしまうでしょう。メインの業務が校正ではない場合、業務に支障をきたすことも考えられます。校正を外注すれば、このような問題を解消できるでしょう。

また、単発で校正案件が発生したり、大量の構成が必要になったりしても、業者に依頼できます。プロに依頼すれば、少ない費用で精度の高い校正をしてもらえるので、費用の問題もクリアできるでしょう。

校正と校閲を一度に依頼できる

校正と校閲は混同して覚えられていることが多いのですが、意味は全く異なります。校正は、誤字脱字や「てにをは」などを直して正しい文章に整えることです。それに対して校閲は、内容の事実確認をします。校正を依頼するときには、校閲も一緒に依頼できることもあり記事の品質の向上が期待できるのです。

しかし、校閲も一緒に依頼すると、料金も上乗せされます。校正とは違い、より専門的な知識が必要となるケースがありますので、質の高い校正ができても、よい校閲をしてもらえるとは限りません。校閲まで依頼する場合は、校閲の実績などを確認しましょう。

会社に校正を依頼するときのポイントは5つ!


校正をプロに依頼する際には、期待通りの仕上がりになるよう、依頼側としても様々な準備が必要です。また、クオリティの高い校正をしてもらえる会社を選びましょう。ウェブ上で記事を送るだけで即日納品するようなスピード重視の会社に依頼すると、校正のミスが目立つ可能性があります。
そのため、具体的に校正を依頼するときのポイントを確認しましょう。

記事のルールを決めておく

記事には、「ですます調」や「である調」、誰の目線で誰に向かって書くのか、独自の表記ルールなど様々なルールが定められています。校正を依頼した際には、ルールに沿っているかどうかもチェックしてもらえるのです。ただし、ルールを明確に決めておかないと、十分にチェックしてもらえません。記事と一緒にルールも伝えることが大切です。

重視するポイントを伝える

校正・校閲で、どのような点を重視してほしいのかを伝えましょう。
文章の事実確認、「てにをは」、読み手と書き手の設定、誤字脱字など、特に徹底的にチェックしてほしいところを伝えることで、理想に近いクオリティの高い記事を納品してもらえる確率も高まります。もちろん、それでも校正ミスのある記事が納品されてしまうことがあります。
もし最初に依頼した内容が守られていない場合は、修正を依頼しましょう。

テストに1記事発注する

どの程度のレベルで校正できるのかを知るために、まずは1記事だけ発注しましょう。校正の問題点を指摘し、次回から反映してもらうことも可能です。その記事だけ高クオリティで仕上げられ、本発注でクオリティが下がることを疑う場合は、10本などまとめてテスト発注することをおすすめします。
校正のクオリティの確認は、その会社に依頼するかどうかを決める重要なポイントです。

校正だけを請け負っている会社を選ぶ

校正以外の業務を請け負っている会社は、校正以外にも力を入れている可能性があります。校正だけで収益を得ている会社を選んだ方が良いでしょう。なぜなら、校正だけで会社が成り立っているということは、それだけ実績が多いと考えらるからです。
実績が多ければ、経験豊富な校正者に依頼できるため、より理想的な成果物が納品される可能性が高くなります。

実績や評判と費用を比べて依頼するかどうかを決める

校正の会社はたくさんあるので、実績や評判、費用などを総合的に見て依頼する会社を決めましょう。実績が豊富でも、それは料金が安いためでありクオリティが低いといったことも考えられます。評判は特に重視してチェックすることが大切です。また、校正についてのアピールポイントにも注目しましょう。
例えば、日本エディタースクール主催の「校正士技能試験」の上級に合格しているなど、記事のクオリティが期待できる会社に依頼することが大切です。また、学術誌などに掲載する記事の校正経験が豊富など、どのような実績が多いのか確認しましょう。

校正の会社に依頼すると費用はいくらかかる?


校正の料金は会社によって大きく異なります。一般的には、誤字脱字だけであれば1,000文字2,000円、文法も対象となると1,000文字5,000円など、手間がかかればかかるほどに料金が高くなります。校閲も一緒に依頼する場合には、1,000文字10,000円以上かかるケースもあるでしょう。
また、事実確認のために複数の論文の参照が必要など時間がかかる場合には、さらに料金が高くなります。特に、医療や美容の分野は事実確認が難しいうえに薬機法に沿った校正が必要となるため、より多くの予算を割かなければなりません。

ランサーズなら経験豊富な人材を予算に合わせて調達できる

校正に高いクオリティを求める場合には、それだけ多くの予算を割かなければなりません。予算を割いても満足いく記事が納品されないケースもあるので、しっかりと実績と評判を確認しましょう。
また、クラウドソーシングサイトのランサーズにもプロの校正士が登録しています。編集者で働いていた経験があるプロも登録しており、予算に合わせて依頼する相手を選べます。ランサーズをうまく活用して、クオリティの高い記事に仕上げましょう。

この記事も一緒によく読まれています。
ライティング業務を外注したい方必見!ライティングを依頼できる会社選びのポイント