失敗しないために!看板デザインを会社に依頼する際のポイントと注意点

失敗しないために!看板デザインを会社に依頼する際のポイントと注意点
看板は、その店に入りたくなるかどうかを決める重要な要素です。店舗経営を始めるにあたり、看板デザインにはこだわった方がよいと言えます。プロに依頼することで、想像以上のよいデザインに仕上がるかもしれません。しかし、依頼の際には様々なことに注意が必要です。ここでは、看板デザインを会社に依頼する際のポイントと注意点について詳しくご紹介します。

看板デザインを会社に依頼する際のポイント

看板デザインをプロに依頼する際には、失敗しないために入念に打ち合わせすることが大切です。また、看板デザインのデータをもらうだけではなく、看板の手配や取り付けまでしてもらえるのか作業の範囲なども確認しておきましょう。このような確認が十分にできていないと、依頼の失敗に繋がる可能性があります。それでは、看板デザインをプロに依頼するときのポイントを詳しくご紹介します。

細かい要望を伝える

看板デザインを依頼する際には、思っていたものと違うというトラブルを防ぐために、細かいイメージを伝えることが大切です。また、制作途中で何度か確認することで、要望が反映されていない事態を防げます。看板デザインはデジタルファイルで送受信できるため、実際に会わずに打ち合わせができます。店舗の看板デザインは訴求力が求められるため、より細かいデザインまでこだわりましょう。

依頼の範囲を明確にする

看板デザインの依頼を請けている会社の多くは、看板そのものの手配も行っています。ただし、看板のタイプが限られているケースが多いため、変わったタイプの看板にしたい場合は、デザインだけ発注し看板そのものは他の業者で手配するのがおすすめです。

また、デザイン会社によっては、看板の取り付けまでしてもらえるので確認しておきましょう。注意点は、「デザイン会社」が「看板を取り付けられる業者」へと作業を外注しているケースがあり、自分で看板を取り付ける会社に依頼するよりも総費用が高くなる可能性があることです。作業範囲によって料金が大きく異なるので、見積もりを依頼する会社をピックアップする際の判断材料にしましょう。

看板デザインを会社に依頼する際の注意点

看板デザインの会社に依頼する際には、修正回数や納期、料金などを明確にすることが大切です。「思っていたデザインと違った」、「追加料金がかかった」ということになれば、依頼の失敗に繋がります。このような事態を防ぐためにも、依頼する前にリスクを排除しておきましょう。
それでは、具体的にどのように依頼することでトラブルを防げるのか、依頼の際の注意点についてご紹介します。

具体的な見積もりを依頼する

看板デザインは、複数の会社に見積もりを依頼しましょう。デザインや作業の範囲、納期などによって料金が異なります。連絡の取りやすさや対応の丁寧さなどスムーズに納品してもらえるかも踏まえて、どの会社に依頼するかを決めましょう。
費用を抑えたい場合は、他社の見積もりを見せて交渉することをおすすめします。ただし、常識から外れるような交渉をすると、デザインの質に関わる恐れがあるので相手が不快感を示さない常識の範囲内で交渉することが大切です。

修正回数を明確にしておく

看板デザインは、何度も修正が必要となるケースがあります。何度でも修正を受け付ける会社が多いのですが、あまりにも修正回数が多いと納期に間に合わなくなる可能性があるため注意が必要です。また、何度も修正を依頼されるのは、デザイン会社としても良い気持ちにはならないでしょう。
また大幅なデザインの転換などは受けられるのか確認しておかないと追加料金が発生する可能性があります。依頼前に、何度までなら無料で修正してもらえるのか、納期的にいつまでにどの程度の修正であれば可能なのか具体的に確認しておきましょう。

おすすめの看板デザイン会社

看板デザインをしてくれる会社のホームページには、これまでの実績が掲載されています。実績からは、どのようなデザインを得意としているのかを知ることができるでしょう。
しかし、前述したように、デザインだけではなく対応の丁寧さや納品スピードなど様々なことを考慮して選ぶ必要があります。そのため、実績を見てデザイン会社をピックアップするよりも、知名度が高い会社を候補に入れた方が良い結果となるかもしれません。知名度が高い会社は、デザインはもちろんのこと対応も丁寧で納期も早い傾向があります。

それでは、おすすめの看板デザインの会社をご紹介します。

看板デザインを依頼できる会社「オールディッシュ」

オールディッシュは、バーや居酒屋、美容室などの看板を手がけてきたデザイン会社です。スタンドタイプや据え置きタイプ、タペストリーなど様々なタイプの看板デザインを依頼できます。また、内照式看板やテナント集合看板なども依頼できるなど店舗の形態やテイストを選びません。現場調査や取り付けなどまで行えるため、複数の会社に依頼する手間も省けます。さらに、デザインだけの発注や印刷のみもできるようになっているなど、利用しやすい会社と言えるでしょう。

かわいい看板デザインを依頼できる会社「インクライブ」

インクライブは、美容室やサロンの看板を多く手がけている会社です。そのため、「美しい」、「きれい」、「かわいい」といった看板デザインを求める際に検討するとよいでしょう。また、奇抜なデザインも得意としているため印象に強く残せる売り上げに繋がりやすい看板も作ってもらえます。また既製品も数多く用意しているため、それを元にしてオリジナルのデザインを一緒に考えてもらうことも可能です。

一風変わった看板デザインを依頼できる会社「興和サイン」

興和サインは、様々なタイプの看板製作を依頼できる会社です。袖看板や窓面シートや窓面電飾看板、立体看板など一風変わった看板も取り扱っています。デザインはシンプルやポップのものが多くなっていますが、それほど種類はありません。そのため、デザインだけ別の会社に依頼して、看板そのものを興和サインに制作を依頼するのも1つの手段です。

ランサーズで依頼する

ランサーズには、看板デザインができるグラフィックデザイナーが多数登録しています。フリーランスから元プロで副業としてデザインしている人まで様々です。気になる人に直接メッセージで相談することもできますが、コンペ式で募集をかけた方がよいでしょう。

デザインのテイストや色、使用したい画像などを提供して公募することで、複数人から提案してもらえます。その中から一番気に入ったデザインを採用して報酬を支払うという方式です。より多くのデザインの中から選べるため、それだけ満足いく結果となりやすいというメリットがあります。

看板デザインを発注するならランサーズがおすすめ

看板デザインを発注するのであれば、納期やデザイン、修正回数などを踏まえて複数の会社をピックアップしましょう。全ての会社に見積もりを依頼して、その結果を踏まえて発注先を決めます。また、ランサーズであればデザインを公募してその中から選べるので、より多くの選択肢を得られるという大きなメリットがあります。

より理想に近い看板デザインを求めるのであれば、ランサーズでプロに依頼するのがおすすめです。

看板デザインの外注先はいくら?
フリーランスの外注先・実績をランサーズで見てみる


デザイン制作の外注先に関する記事もご覧ください
はじめてでも大丈夫!デザイン制作を外注する会社の選び方