中国語翻訳の見積もりについて知りたい!依頼するにはいくら必要?

中国語翻訳の見積もりについて知りたい!依頼するにはいくら必要?
業務上、中国語のやり取りが必要なのに、社内に中国語が得意な人材がいないという際には、外注を検討してみてはいかがでしょうか。中国語の翻訳はネットを使うことも可能ですが、どうしても精度が落ちてしまいます。中国語の翻訳は人間の手で行うのが適しています。特に、専門的な知識を持っていたり、中国語に精通している人に任せるのがいいでしょう。この記事では、中国語翻訳の外注を検討している方やこれから検討するかもしれない方に向けて、見積もりの取り方から見積もり金額の見方、見積もりを取る際の注意点に至るまで、さまざまなことを解説していきます。

中国語翻訳の外注を検討中!依頼する際の見積もり相場は?

外注を検討する場合に知っておきたいのが中国語翻訳にかかる見積もり価格です。相場や妥当な金額の目安というのは存在するのでしょうか。また、見積もりの取り方や内訳内容といったことも詳しく説明していきます。

中国語翻訳の見積もりの相場や目安

中国語翻訳の依頼時には1文字あたりの金額を提示されることが多くなります。1文字あたりいくらで引き受けてくれるのかで総合的な見積もり金額の高い安いが決定してくるのですね。

中国語翻訳の見積もりの内訳

中国語翻訳を依頼する際には、翻訳作業に加えて、原稿のチェック作業や原稿の修正作業なども行われます。さらに翻訳作業後には、複数回行われる場合もある翻訳チェック・チェック後の修正作業・レイアウトのチェックといった複数の作業工程があります。もちろん、依頼先によって行われる工程に違いがあるほか、チェック回数などが異なってきます。納品までにどのくらいの作業工程を設定するのか、また、工程ごとの回数はどのくらい行うのかによって金額が変わってくることでしょう。

見積もりの取り方

見積もりを取る場合には、基本的に事前に打ち合わせをして、依頼主と依頼先候補との間で内容のすり合わせが行われます。この打ち合わせ作業を行わないと、見積もり金額を正しく出してもらうことができません。そのため、依頼主は見積もりを取る前にあらかじめ、中国語翻訳に求めるレベルを決めておく必要があります。そして、大切なのはそれを依頼先候補にしっかりと伝えることです。また、比較するために、見積もり制作は複数に依頼するようにしましょう。

中国語翻訳の見積もり価格を左右する要素

中国語翻訳において、最終的な見積もり金額を左右する要素は、大きく分けて3つあります。「翻訳する文字数」「翻訳内容の専門性」「翻訳後のチェック体制」です。それぞれ詳しくご紹介していきます。

翻訳する文字数

まず1つ目の要素が「翻訳する文字数」です。先ほどご紹介したように、中国語翻訳の見積もりでは、1文字当たりの価格がどのくらいかによって金額が変わってきます。1文字当たりいくらになるのかという点に関しては、業者ごとに違ってくるでしょうし、中国語から日本語への翻訳なのか、それとも日本語から中国語への翻訳なのかによって変わってくる場合もあります。さらに、翻訳者のレベルによっても1文字当たりの値段が変わってくる可能性もありますね。

翻訳内容の専門性

2つ目の要素は「翻訳内容の専門性」です。翻訳する文章の内容が専門性の高い分野で、専門用語などが多く使われている場合、それを正しく翻訳できる人材を使うことになってくので、自ずと金額も高くなってくることが予想できます。また、専門分野外の人が翻訳する場合でも、特殊な用語が多いと調べるのに時間を要しますので、金額に影響してくることでしょう。反対に、専門的な知識をあまり必要としない文章の翻訳だと、この要素が金額に与える影響も小さいものとなります。

翻訳後のチェック体制

3つ目の要素は「翻訳後のチェック体制」です。前述の通り、翻訳を外注すると、翻訳作業の他に、納品するまでに翻訳したものをチェックする必要があります。そのチェック体制が整っていて、1回だけでなく複数回にわたって行うと金額も高くなります。また、チェックする回数が少なくても、チェッカーにレベルの高い人材を使うとなると、この場合も同様に金額が高くなることが想定できます。反対に、チェック体制がきちんと整っておらず、安さによって依頼を勝ち取りたいというところだと、見積もり価格が安いのと引き換えに制度の低いものが納品される可能性が高くなってくるでしょう。

精度の高い中国語翻訳を外注したい!見積もりを取る際の注意点

中国語翻訳の外注に精度の高さを求める場合には、見積もりを取る際にどのような点に注意すべきなのでしょうか。ここでは、見積もりを取る際の注意点とおすすめの外注先について詳しく解説します。

中国語翻訳の見積もりを取る際の注意点

外注によって行われる中国語翻訳に精度の高さを求める場合には、見積もり作成前の打ち合わせの時点でその点を先方にしっかり伝えておく必要があります。精度を高くするためには、中国語に精通したレベルの高い人材を翻訳者として使うことになりますし、翻訳後のチェック工程を多くしたり、ネイティブのチェッカーを使う必要があったりします。そのぶん、見積もり価格も高くなりますのでしっかり打ち合わせをしたうえで複数から見積もりをとり、予算とすり合わせを行って最終的にどこに依頼するのかを決めることになるでしょう。

専門業者だけでなく個人への依頼も可能

外注の依頼先は中国語翻訳を専門に扱う業者だけとは限りません。中国語翻訳に精通していて専門性も高い個人に依頼するという方法もあります。どちらに依頼する方がいいのかという点に関しては、依頼内容で変わってきたり、時と場合により異なってきたりしますので、一概にはいえませんが、専門業者だけでなく、個人にまで視野を広げて見積もりを取ってみることは重要です。見積もりをしっかり比べてみて、両者の違いを検討してみる価値はあるでしょう。

個人への依頼はクラウドソーシングの利用がおすすめ

中国語翻訳を個人に依頼する場合には、クラウドソーシングの利用がおすすめです。クラウドソーシングとは、ネットを活用することによって不特定多数の中から人材を選び、仕事を依頼することを指します。特に、ランサーズのクラウドソーシング事業は日本最大級の規模を誇っていますので、中国語翻訳に精通したプロが多数在籍しています。希望に合う人材を見つけやすいのがクラウドソーシングの強みです。外注依頼をするのにいい業者がなかなかないとお悩みの場合には、一度クラウドソーシングを利用してみてはいかがでしょう。

希望に合う人材を見つけるならランサーズ

中国語翻訳の外注依頼をする際の見積もりの取り方から、見積もり金額の見方に至るまで幅広くご紹介してきました。中国語翻訳の見積もり金額を左右する要素は「翻訳する文字数」「翻訳内容の専門性」「翻訳後のチェック体制」の3つでしたね。この3つの要素は、納品物の質にも関わってくる重要なポイントです。見積もりを取る前には、外注先に求めるレベルをきちんと定めておき、それを先方にきちんと伝えることが大切。また、外注依頼先としては個人にも視野を広げてみることをおすすめしました。その際に活用してもらいたいのがクラウドソーシング。中でもランサーズの利用がおすすめです。ご紹介してきた内容を、ぜひ参考にしていただき、希望とぴったり合う外注先を見つけてください。

中国語翻訳の費用相場はいくら?
気になる費用相場をランサーズの過去の事例から見てみる


翻訳の見積もりに関する記事もご覧ください
翻訳を外注する際に知っておきたい、費用の決まり方や正確な見積もりを出してもらうためのポイント