【プレゼン資料作成の費用は?】外注化の費用やメリットも一緒に解説!

【プレゼン資料作成の費用は?】外注化の費用やメリットも一緒に解説!
大切なプレゼンが近づいたとき、資料はどのように作成していますか?自社に資料作成が得意な人材が少ない場合、時間がかかってしまいコア業務に集中できない人もいることでしょう。 そのような場合に外注を検討したいのが「資料作成サポート」。パワーポイントなどのプレゼン資料に欠かせないツールを使うプロによって、スピーディーに資料作成を代行してくれます。 この記事では、資料作成サポートの外注費用とメリット、適切な費用についてご紹介していきます。 ※全ての価格は参考相場です。実際の見積り金額はご難易度や内容により前後します。

資料作成サポートの種類と費用目安は?

仕事をするうえで欠かせないのが資料作成。書類づくりが主な業務でない限り、コア業務とは少し離れた内容になることが多いです。例えば営業であればプレゼン資料や企画書などの作成などがあります。

資料作りから解放されるとコア業務に集中できるので、資料作成サポートの外注を考える会社も少なくありません。この章では、資料作成サポートサービスが提供している業務の具体例と費用の例をご紹介していきます。

資料例1. プレゼン資料作成サポートと費用

プレゼンに欠かせないパワーポイントでの資料作成。動きや音を入れることで注目を集めやすくなりますが、操作に慣れていないと時間がかかったり、効果的なプレゼン資料が作れなかったりします。
資料作成サポートに依頼することで、充実したプレゼン資料になります。

ボリュームや内容によって費用は異なりますが、基本的には1スライド4,000~5,000円が相場と考えていいでしょう。、

資料例2. マニュアル作成での資料作成サポートと費用

マニュアル作成を専門に請け負っている資料作成サポートサービスもあります。費用の目安としては、初期費用だけでも20万円程度はかかる場合がほとんどです。さらに、閲覧可能人数や編集可能人数などによってプランが違います。

資料例3. データ入力での資料作成サポートと費用

資料作成サポートのうちデータ入力を外注する場合、文字単価で費用が計算されます。

費用の目安としては単純なデータ入力の場合文字単価0.5円前後です。例えばA4を40文字×36行とすると、1枚の入力で720円です。

資料例4. 事業計画書作成での資料作成サポートと費用

事業計画書作成を資料作成サポートに依頼する場合、内容によって費用に大きな差があります。
デザインのみなど一部の作成なら3万円程度で作成可能な資料作成サポートもありますが、業者によっては30万円程度かかる場合もあります。

どこに提出するのかによって必要な内容が異なります。用途に応じた事業計画書を作成できる会社に依頼しましょう。

資料例5. 企画書作成での資料作成サポートと費用

パワーポイントでの資料作成なので、プレゼン資料の内容に準じます。費用の目安もプレゼン資料作成と同様です。
もし、営業資料のデザインもお願いする場合は、営業用のパンフレットやカタログの外注では、デザイン料と印刷料がかかります。

デザイン料はページ数によって異なりますが、1ページのみだと数万円、8ページほどになると20~30万円が目安です。印刷を依頼する場合は部数によって料金が異なるので、併せて見積もりも取るようにしましょう。

資料作成サポートを費用をかけて外注するメリット

資料作成サポートを外注することで、このようなメリットがあります。

  • 人件費削減
  • コア業務に集中
  • 資料の質の向上
  • ミスの防止

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

事務員を雇うより費用を抑えられる

資料作成サポートで資料を作る人は、資料作成のエキスパートです。そのため、短時間で高品質な資料を作ってもらえます。例えばパワーポイント一つ取っても、その部分だけ依頼したほうが、短時間でできのいい資料が完成します。

つまり、資料作成のための事務員を雇用するより外注したほうが費用を抑えられるメリットがあります。

コア業務に集中できる

費用をかけてプロである資料作成サポートに依頼することで、自分が資料を作る手間がかからなくなります。例えば、営業スタッフがプレゼン資料や営業資料の作成に時間を取られることなく営業に集中できるので、売り上げ向上に役立ちます。

このように、営業スタッフなどをコア業務に集中させるためにも資料作りは資料作成サポートに外注するのが効率がいいでしょう。

目的に合う訴求性の高い資料に仕上がる

費用をかけてプロの資料作成サポートに外注することで、デザイン性や訴求性の高い資料に仕上げられます。特に、会社案内などの会社の顔ともいえる営業資料に関しては、社内によほど優秀なデザイナーがいる場合を除いては外注するのがいいでしょう。プレゼン資料に関しても同じことがいえます。

このように、費用をかけた分訴求性が高い資料に仕上がります。

自分で作るよりミスを少なくできる

費用をかけて資料作成サポートに資料作りを依頼することで、自分で作るよりミスが少なく済みます。自分で作る場合はどうしてもチェックが甘くなりがちですが、外注することで、外注先と自分と異なる目でチェックできることで、大切な資料にミスが発生してしまうリスクが少なくなるからです。

資料作成サポートの適切な費用


資料作成サポートをうまく活用するとコア業務に集中できたり訴求性の高い資料が仕上がったりとメリットが多いですが、やはり費用はできるだけ抑えたいものです。

この章では、資料作成サポートの依頼を適切な費用に抑えるためにどうすればいいのかを見ていきましょう。

専門会社に依頼する場合の費用比較場合

実際に資料作成サポートを専門会社に依頼する場合、会社毎に料金体系が大きく異なります。

こちらでは、パワーポイントでの資料作成を依頼した場合の料金体系の例をご紹介します。

A社

  • 基本料金:5ページまで5,000円
  • 追加:2,500~3,000円/ページ
  • 修正回数無制限
  • オプション:アニメーション、音楽、ナレーション、動画ファイル書き出しなど
  • 納期:最短2日、ボリュームや受注状況によって異なる

B社

  • 料金:10ページ45,000円~(ページ数が増えると割安に)
  • 修正:2回まで対応
  • 料金プランによっては対応:グラフ作成、図案作成、スライドショー、アニメーション、音声、データ落とし込み、イラスト、特急便サービスなど
  • 納期目安:20ページで約15営業日

このように、制作会社によって大きく料金や納期が異なります。品質も異なるので、可能であればサンプルなどを見たうえで決めるようにしましょう。<

フリーランスに依頼する場合の費用

専門会社以外には、専門知識や技術を持っているフリーランスに依頼する方法があります。フリーランスに依頼することで法人企業と違い間接費が少ないため費用を抑えることが可能です。また、直接やり取りできることで、納期などを柔軟に対応してくれることも多く、おすすめの方法です。

フリーランスを利用する時は、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスを経由すると、これまでの仕事内容の評価を確認できたり、入出金の取り次ぎをしてくれたりするので安心です。資料作成サポートの外注を考えている場合は、是非検討してみてください。

ランサーズなら資料作成サポートも実績がある個人に適切な費用で依頼できる

このように、資料作成サポートは外注することで多くのメリットがあります。特に、プロならではの訴求性が高い資料を手に入れられる点が最大のメリット。ランサーズを経由することで、技術のある個人に費用を抑えて依頼できます。資料作成サポートの外注をするときは、ランサーズでフリーランスを是非探してみてくださいね。