¥ 62,500+税 納期:7日

現在販売を停止しています

サービス内容

GoogleのPageSpeed Insights(PSI)のスコアを改善します。
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

主に以下の項目を改善することで、定番のWordPressサイトなどはPC/モバイルで80点以上になるケースがほとんどです。原則、TOPページやLPなどの特定の1ページでの価格です。

・次世代フォーマットでの画像の配信
・オフスクリーン画像の遅延読み込み
・適切なサイズの画像
・効率的な画像フォーマット
・キーリクエストのプリロード
・CSS の最小化
・JavaScript の最小化
・テキスト圧縮の有効化
・静的なアセットと効率的なキャッシュポリシーの配信
・ウェブフォント読み込み中の全テキスト表示
・複数のページ リダイレクトの回避
・レンダリングを妨げるリソースの除外


以下の項目もある程度は改善可能です。ただしサイトの構造やサーバー性能によるため完全に合格は難しいです。
・使用していない CSS を削除してください
・JavaScriptの実行にかかる時間の低減
・過大なネットワーク ペイロードの回避
・メインスレッド処理の最小化
・過大な DOM サイズの回避
・サーバー応答時間の短縮(TTFB)

※Google Analyticsなどの第三者ツールの利用、SNSタイムラインの埋め込みなどを行なっている場合は、それらのサービス提供元の仕様に左右されるため改善が不可な項目があります。
※現行のサーバーやWordPressテーマが最新のPHPバージョン(モジュール版)に対応していない場合はスコアが上がり切らない場合があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【追加費用がかかる場合】
・サーバーがNginxやAWSを利用している場合
・ロリポップサーバーの場合(処理能力、WAFやリダイレクトの特殊性などのため)
・WordPressテーマが「賢威」やオリジナルテーマを使用している場合
・作業中にお客様でも記事更新などの変更を行う場合
・WordPressの更新が必要な場合
・WordPressテーマやJavaScriptなどに元々エラーがある場合

納品例

モバイルサイトの高速化

モバイルサイトの高速化
運営されているウェブサイトのモバイルでの表示速度を改善させていただきました。丁度Googleの表示速度に関する評価指標が大幅に代わった時期でPageSpeed Insightsのスコアもかなり落ちていました。

今回は静的サイトでスライドショーやGoogleタグマネージャーも導入されているサイトでしたが、以下の項目を改善し PageSpeed Insights のスコアを90前後まで上げました。

・オフスクリーン画像の遅延読み込み
・CSS の最小化
・JavaScript の最小化
・効率的な画像フォーマット
・次世代フォーマットでの画像の配信
・テキスト圧縮の有効化
・必須のドメインへの事前接続
・ウェブフォント読み込み中の全テキストの表示
・静的なアセットでの効率的なキャッシュ ポリシーの使用

購入時のお願い

■以下にご回答ください。
・利用しているサーバー(エックスサーバー 、ロリポップ等)
・過去に依頼して調整が難しいと言われたり元に戻ってしまったりした経緯
・表示速度以外の不具合はありますか?
・作業中に記事更新はされますか?

■以下をご教示ください。
・FTPサーバー情報 or サーバー会社ログイン情報
・WordPressなどのCMSのログイン情報
まだ評価はありません

¥ 62,500+税 納期:7日

現在販売を停止しています

出品ランサー

takuya108817 本人確認済

/ 福岡県 / 20代後半

評価 納品率
4.9 95%
実績 131 件