サービス内容

個人起業でも大手や官公庁と直取引ができるのでしょうか。5つのポインを紹介します。

①原稿の整理・要約編集をアピールしましょう!
録音音声は話しコトバです。一般的には音声そのままの原稿とともに、シンポジウムなどは整理が必要です。また、情報誌に掲載する場合は要約します。そして見出しをつけてDTP(Wordで可)編集も必要です。

②複合サービスの1つに位置づけましょう!
副業テープ起こしではなく、期待感が膨らむ編集サービスの中の1つとしてアピールします。DTP編集は付加価値サービスの提案です。

③編集コミュニティを提案しましょう!
情報編集のプロとしての立場を明確にするため、編集コミュニティ運営を進めます。官公庁担当者は高い編集能力を持っています。「編集はこうするべき」という押し付けではなく、課題を見つけて解決策を提案する形でHPやニュースレターで発信します。プロの位置づけは営業資料で明確にしています。

④個性的なメリットをアピールしましょう!
官公庁や各種団体の担当者は、事務局の役割を担っています。企画を引き出す会議運営のコツを論理的に解説するなど、同業他社がまねできない個性と強みをアピールします。新聞de元気の営業資料だけで可能です。

⑤自分のホームページと連動して提案しましょう!
初回訪問は「お願いではなく」「詳細はHPをご覧ください」程度で。Webコンテンツは業務案内は項目だけ掲載、コンテンツは時間の短縮と創造力の関係など、情報としての価値を優先させることがポイントです。インサイドセールスの基本。 ちょっと難しいですが、営業資料と併せて、これは効果抜群です。


上記5項目のポイントを紹介しましたが、実際にはサービス案内よりも

 ・営業資料により編集のスキルを際立たせる(情報編集の効果などを掘り下げて告知)
 ・コミュニティ運営によって情報編集の価値を共有する(共通認識から共感、共有する関係へ)
 ・Webサイトとニュースレターを活用して情報を発信する(コンテンツが違う)

同業他社は「正確です」「要約します」「何日で納品します」「報告書まで仕上げます」「秘密は守ります」というように、5つの約束を打ち出したパンフレットを用意するでしょう。そして、ホームページも。

しかし、新聞de元気の営業モデルは業務案内は項目のみの紹介で十分。
資料やWeb情報を見た担当者(すぐれた情報編集能力を持つ人も多い)が、自分にとって提案がどういう満足をもたらしてくれるのか、そういう期待が膨らむコンテンツを用意します。

こういうコンテンツに触れれば、他社のPR情報は記憶から抜け去ってしまいます。アピールの押し付けは慣れてしまっているのですが、期待が膨らむ情報はこれまでほとんど受け取ったことがないのです。

これが、本当は情報のプロであるべき印刷営業などの現場なのです。
だから、たとえ自宅にあるのはパソコン1台であって、オフィスさえない状態でも大手との営業活動が成立する大きな理由です。
インサイドセールスについてはWebサイト構築のスキルとシナリオ設計・ライティングのスキルが必要です。Webの知識がない方も自分のサイトを作ってみましょう。3日あればコツがわかってきます。

購入時のお願い

購入前に、ご確認をさせてください。

皆様の受注にすばやく貢献できる企画会議部分の営業資料とコミュニティ部分の12ページの営業資料はPDFデータでご提供します。(共同提案の営業項目としてすぐに営業で配布できます)

本サービスでご提供する内容は・・・

 ●テープ起こし受注資料×2枚
 ●企画会議の方法を紹介する営業資料+コミュニティ部分×5枚
 ●Webコンテンツ設計のご提案
 ●個別対応コンサルティング
 ●個別営業モデルのご提案  となります。

個人事業主でも編集のプロとしてアピールできます

 ・在宅ワーク(これまで実績の有無など)
 ・副業(平日のクライアントからの対応の可否など)
 ・新規ビジネス(既存のビジネスは何かなど)
 ・なぜ導入したいのか?など目的

など、お伺いさせていただきます。
その後、すぐに「効果的な提案」をイメージし、その内容に基づいてご了解をいただいた段階で、正式にご購入を承ります。



テープ起こしは、単純な作業です。速さと正確さは必要ですが、あえて打ち出すアピールポイントにはなりません。「速さ・正確さ」は他の事業者が打ち出しているので、差別化はできません。5つのポイントがあります。

 (1)原稿整理(話し言葉を書き言葉に整え、読める原稿にします)

  ・簡単な整理 ・完全原稿として仕上げ

 (2)見出し(大見出し・小見出しなどの挿入)

 (3)要約文の作成(指定の字数に編集します)

 (4)図解資料の添付あるいは図解化

 (5)Word DTP(表紙デザインを含む)印刷製本まで一括受注



原稿整理は基本的な編集作業です。しかし、会議はそのまま(え~などは省略)原文を納品します。

見出しや要約文作成には、編集のスキルが必要です。しかし、中小零細印刷会社にはテープ起こしや文章を編集する高いスキルを持った専門職はいませんので、差別化できる編集サービスです。

原稿整理や要約文は日本語なので簡単にできそうですが、見出しだけで全体の内容が見えるようにしなければ内容が変わってしまいます。高いレベルで見出しや要約文などの編集ができれば、信頼度は増します。

図解化も同じです。会報などに載せたいときに、内容が一目瞭然でわかるようにすることで他社との差別化ができます。

DTPも同じように、差別化が可能です。流し込むだけなら簡単ですが、大見出しの補足やリード文の加筆など編集のプロでなければ気が付かない細かなレイアウトで納品(初校)すれば、信頼度が増します。

購入受付時間

  • 0
  • 3
  • 6
  • 9
  • 12
  • 15
  • 18
  • 21
  • 24
まだ評価はありません

出品ランサー

masalabo 本人確認済

/ 山口県 / 60代前半

評価 納品率
4.6 81%
実績 97 件